So-net無料ブログ作成
検索選択

優れたドアノブは押せばいいか引けばいいかがすぐにわかる

優れたドアノブは押せばいいか引けばいいかがすぐにわかる

共通テーマ:日記・雑感

好機がやって来たら逃さない

“好機がやって来たら逃さないことですよ、あなた。その好機がやって来たときには、漫然と同じことをしていては駄目なのですよ。思い切って、今までとはまったく違うやり方で、それを掴まえてごらんなさい。そうすれば不満はなくなって、あなたは別の道を歩くことができましょう。そこにはまた別の不満があるにしてもね。”



共通テーマ:日記・雑感

“現代の選挙のシステムでは、白票や棄権は有力候補に投票するのとまったく同じ結果をもたらします。つまり、白票や棄権は有力候補を支持しているのと事実上何も変わりがないのです。もし有力候補を支持しないのであれば、他の候補者に投票するしか選択肢はありません。”

“現代の選挙のシステムでは、白票や棄権は有力候補に投票するのとまったく同じ結果をもたらします。つまり、白票や棄権は有力候補を支持しているのと事実上何も変わりがないのです。もし有力候補を支持しないのであれば、他の候補者に投票するしか選択肢はありません。”

共通テーマ:日記・雑感

何かをあげるとき、それが本当に相手の役に立つかを、思い込みや価値観の押しつけじゃなくて真剣に考えること。ものをあげたい自分の気持ちを、善意だと思い込まないこと。単純な善意が暴力に変わることがあるってことを、ちゃんと自覚すること。

何かをあげるとき、それが本当に相手の役に立つかを、思い込みや価値観の押しつけじゃなくて真剣に考えること。ものをあげたい自分の気持ちを、善意だと思い込まないこと。単純な善意が暴力に変わることがあるってことを、ちゃんと自覚すること。

共通テーマ:日記・雑感

土地に縛り付けられていること 自分に縛り付けられていること

“結局、世の中のままにならない問題の50%ぐらいは、「土地に縛り付けられていること」がネックになっていて、残りの50%ぐらいは「自分に縛り付けられている」ことがネックなので、位置座標と身体性から離脱できれば割と簡単にハッピーになれるのではないかと思う。”

共通テーマ:日記・雑感

洗脳セミナー

“洗脳セミナーですが、あれは手法が確立していて、人間という動物の特性を利用して仕掛けて来ますので、たとえその手法を熟知していたとしても、洗脳されてしまう可能性はかなり高いです。
本気で仕掛けられたら、分かっていても洗脳される可能性が高いと思っておいてください。舐めてかかると危険です”


共通テーマ:日記・雑感

“あるとき「先生、これ社会に出て役に立ちませんよね」と学生に聞かれた時の答え。「23人の日本代表をつくるために、何人にサッカー教えてると思う?」”

“あるとき「先生、これ社会に出て役に立ちませんよね」と学生に聞かれた時の答え。「23人の日本代表をつくるために、何人にサッカー教えてると思う?」”

共通テーマ:日記・雑感

ひたすら耐えるだけの私の人生は、何だったんでしょう

“ 「先生、ひたすら耐えるだけの私の人生は、何だったんでしょう?」”

仕事のミスを注意しても、説教だってひたすら耐えれば終わるとかいって、何も直そうとしない人間になるだけです。
迷惑だから、冬を耐えれば春が来るとか教えるのはやめてください。


共通テーマ:日記・雑感

TK

“英語圏のジャーナリストの場合、調べて後で追加する事実情報は、とりあえず「TK」と入力しておくことが一般的です。例えば、静岡県の人口は「TK万人です」としておき、後ですぐに検索できるようにしておきます。なぜTKなのかと言うと、Tの後にすぐKが来る英語の単語はとても少ないので、「TK」としておくと、後で検索して見つけやすいからです。”

共通テーマ:日記・雑感

その裏には普遍的な法則が隠れている 個別はあくまで普遍を見るための窓

その裏には普遍的な法則が隠れている
個別はあくまで普遍を見るための窓


共通テーマ:日記・雑感

“映画とは退屈な部分がカットされた人生”

“映画とは退屈な部分がカットされた人生”

共通テーマ:日記・雑感

「私は」を主語にして、自分の事情や気持ちを話す

“意識すべきは、「自分の領域」のなかだけで話すこと。具体的には、「私は」を主語にして、自分の事情や気持ちを話す。なぜなら、そうしないと相手の「領域」に踏み込むことになり、相手に嫌な思いをさせたり、思わぬトラブルを招いたりすることになるから。”
「沈黙に強くなる」とコミュニケーションはうまくいく


共通テーマ:日記・雑感

おにぎり用ツナマヨ

おにぎり用ツナマヨの作り方

ツナ缶の油をキッチンペーパーでめっちゃ絞る。
カスカスになったツナをタッパにあけて、マヨ多めに入れて混ぜ、一味唐辛子・塩・胡椒・醤油・めんつゆをちょっと入れて更に混ぜる


共通テーマ:日記・雑感

新しい説は正しいと思っている人がいてビックリ。

新しい説は正しいと思っている人がいてビックリ。

無理にでも論文書かなくてはいけないので
何かひねり出しているだけ

共通テーマ:日記・雑感

3月23日、花、十輪ほど開いていた

2017年3月22日、近所の桜は芽がぷっくりと充実、
桜色もすでに見えていた
3月23日、花、十輪ほど開いていた。
3月24日、花のそばを通ったのに、見るのを忘れた。
ハクモクレンだと思うが、朝日に照らされていた。

共通テーマ:日記・雑感

情報源による思考内容の層化現象が拡大している

情報源による思考内容の層化現象が拡大している

短くて易しくて誰にでもわかり何も考える必要もない言葉、それも、
ぶつ切れの言葉でシステムになっていない言葉、に接して
日々生きている人達がいる一方で
ある程度の厚みのある書物で、一つのテーマについて、一貫した体系を、
基礎から応用まで学ぶ人達がいる

両者の話が合わないのも当然である
議論にさえならない

片方は反射神経であり感情である
片方は思索であり思想である

昔は思想がお金になったものだが現代では生活費にならない

情報源にどけだけ出費しているかと考えても良いだろう
ネットに漂っている無料の情報源から
素晴らしい思考が発生することは稀であろう

しかしまた、図書館に行けば、無料で体系的知識を学ぶことはできる

ネット世界に生きている人は原理に戻って考えることをしない
考えなくても答えがすでにあり
検索すれば出てくるからだろう
原理に戻るより検索したほうが早い
それもまた一つの方法だろう
考える事の外部委託とも言える

読者は結論だけをもらうのだが
それが嘘なのかどうか
判断することができない
ただ盲目的に信じるしかできない


共通テーマ:日記・雑感

“「誰かを天才よばわりすることは、その人の努力を全て否定することだ」”

“「誰かを天才よばわりすることは、その人の努力を全て否定することだ」”

共通テーマ:日記・雑感

学んで手に入れたものはたとえ親だろうと奪えない君だけの財産になる。

“「君の人生にとって出来るだけプラスになる選択をしょうか。
やりたいことややるべきことはたくさんあるけれど、全てできるわけじゃない。 
問題を先送りすることは悪いことじゃない。問題を解決する力をつけることを優先しよう。 
習い事なら学校でもできるよ。美術の先生だって音楽の先生だっている。 
これから先、君が生きて幸せになるための財産を3年間で作り上げよう。 
学んで手に入れたものはたとえ親だろうと奪えない君だけの財産になる。 
そのための協力を先生たちは惜しまないよ」”


共通テーマ:日記・雑感

精神の独立を支えるものとしての書物の恵み

“「村」から自立した考えを著者がしだいに持つようになるのを助けたのは、読書である。「村」では禁止されている本を、中学校の図書室を通じて大量に読み、自分一人の世界を思い描けるようになった。精神の独立を支えるものとしての書物の恵み。それをここまで強く実感させる本は、現代では珍しい。”

ーーー
それは一方では洗脳ではあるのだ。厳しいことであるが。

共通テーマ:日記・雑感

オマエはダメな子だから親の言うことを聞け

「自己肯定感の低さに悩んでいる人達が増えている」と聞くが
「相手の自己肯定感を削る事で相手をコントロールしようとする人が増えているからその被害者が増えている」という事の可能性はないのかと毎回おもう


「オマエはダメな子だから親の言うことを聞け」
と自己評価を下げる方法で子供を制御しながら育てたら、
相手の自己評価を下げる方法で相手を制御するタイプの人や組織に操られやすい人間に育つのは割りと自明ではあるよなあ



共通テーマ:日記・雑感

しかし、小林カツ代は鉄人より強かった

『料理の鉄人』は指定の食材で料理を競い合うフジテレビ系で放送されていた番組である。最高の調理人もまた「料理の鉄人」と呼んだ。多数が挑んでも勝利し続けるほど強いからだ。

しかし、小林カツ代は鉄人より強かった。1994年、阪神大震災が起きる前年のこと。この勝負に、およそ日本で料理に関心ある人たちが圧倒された。56歳の彼女が料理研究ではっきりと日本の頂点に立った瞬間だった。

なぜカツ代式の肉じゃががおいしいのか。作ってみたら納得する。しっかりと火が通ったジャガイモは、口にするとほっくりとほぐれる。それでいて味はしっかりと付いている。この状態はどのように形成されるのだろうか。

カツ代は仕組みについては説明していない。だが、野菜は60度程度で茹でる時間が長いと、細胞壁や細胞間隔に含まれるペクチンによって硬化し、その後水温が上がっても硬化は比較的に維持される。弱火で煮れば、崩れにくい。だが、ほっくりもしない。肉じゃがのジャガイモは固くても崩れきってもおいしくはない。

理想の肉じゃがは適度にほっくりとほぐれていなくてはならないし、おかずとしてしっかり味もついていなくてはならない。その理想を想定し、最適な調理加熱がなんであるかを決めなくてはならない。

小林カツ代はそこを研究しつくして簡素なレシピにまとめたのである。より完成されたレシピでは、フライパンを使い、強火5分でジャガイモを返し、さらに強火5分で煮て汁が干上がったのち、さらに5分蒸らす。この蒸らしによって肉じゃがはさらにおいしく仕上がる。

「料理の鉄人」の番組でも、調理時間の前半で肉じゃがをささっと作っていたため、アナウンサーが冷めるのではないかと聞いていた。彼女は余裕の笑みで、このほうが味がしみてよいと言っていた。



共通テーマ:日記・雑感

言葉を粗末にする人は 人間をも粗末にする。

言葉を粗末にする人は 人間をも粗末にする。

共通テーマ:日記・雑感

人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りる方が良いものだと悟った時、その人は偉大なる成長を遂げるのである

人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りる方が良いものだと悟った時、その人は偉大なる成長を遂げるのである

共通テーマ:日記・雑感

幸福の話をこれほどまでに聞かされていなかったら、人間はもっと幸福だったろう。

幸福の話をこれほどまでに聞かされていなかったら、人間はもっと幸福だったろう。

共通テーマ:日記・雑感

人は自分に善いことが起こると神に感謝する。しかし、悪いことが起こったときにはそうしない。そこで人はまちがうのだ。

人は自分に善いことが起こると神に感謝する。しかし、悪いことが起こったときにはそうしない。そこで人はまちがうのだ。

共通テーマ:日記・雑感

相手に耳を傾けることが助けになるのだ。聴くことが与えることになるのだ

ガンと初めて診断された人や、再発した人、長年のガンとの戦いに疲れてしまった人たちと話すとき、わたしは自分にこう言い聞かせる。「役にたつ確固とした考えやアドバイスを言う必要はないんだ」と。相手に耳を傾けることが助けになるのだ。聴くことが与えることになるのだ(ケン・ウィルバー)

共通テーマ:日記・雑感

「ひとのことはどうでもいい。自分が本当に自分の生を生きているかどうか、大事なのはそのことだけだ。」(古代中国の言葉)

「ひとのことはどうでもいい。自分が本当に自分の生を生きているかどうか、大事なのはそのことだけだ。」(古代中国の言葉)

共通テーマ:日記・雑感

不安やうつは腸の状態と関係あり、腸内バクテリアが変われば行動も変わる  とかいう話

「慢性的に腸の調子が悪い人は精神的にも不安を抱えていることが多いのですが、これまでその原因は謎でした」と語るのはマックマスター大学の消化器病学者であるStephen Collins教授。

我々の下部胃腸管にはバクテリアを中心とした約100兆の微生物が住んでいます。それらの多くは消化を助け、エネルギーを作り出し、病気の原因となる悪いバクテリアを排除してくれるものですが、時によって内臓の動きを悪くし脳にまで悪い影響を与えることもあります。

例えば下痢や便秘・ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる過敏性腸症候群を経験した人の80%が不安とうつに悩まされます。また自閉症の人の腸内バクテリアは異常といえるレベルにまで数が増えることが多いとのこと。

Collins教授らが2013年に行った研究からは、腸内のバクテリアの種類を変えられたマウスは振るまいが変わるということが分かっています。実験では臆病なマウスと冒険好きなマウスの2種のマウスを用い、一方のマウスの腸に存在したバクテリアをもう一方に移すということが行われました。はじめ冒険好きのマウスは暗い場所に入れられると柵の中を光を求めて動きまわっていたのですが、臆病なマウスのバクテリアを腸に入れられると暗闇の中の探索をやめたとのこと。反対に、臆病なマウスに冒険好きのマウスの腸内バクテリアを移したところ、冒険好きなマウスがそうだったように大胆な行動を起こすようになったそうです。

Collins教授によると、これは脳由来神経栄養因子(BDNF)と呼ばれる、脳内の神経細胞の成長促進や維持を行うタンパク質のレベルが上昇したことが原因と考えられています。

◆発酵乳を飲むと不安が減る

マウスは人間ではないので、Collins教授の研究によって腸のバクテリアが直接的に人間の精神に作用するとは言えません。しかし、自身のことを「懐疑的」だと称するカリフォルニア大学のEmeran Mayer教授も「動物の実験で得られたデータのいくらかは人間に対しても通用する」と認めています。

Mayer教授は腸内のバクテリアと人間の脳のつながりを証明した人物。2013年にMayer教授らによって発表された研究では、体にいい影響を与える微生物「プロバイオティクス」を含んだ発酵乳を健康な女性12人に1日2回・4週間にわたって摂取してもらい、他方で別の女性11人にプロバイオティクスを含まない牛乳を1日2回・4週間にわたって飲んでもらいました。

Mayer教授は実験の前後に女性たちに恐れや怒りを感じている人の写真を見せながら脳スキャンを行ったのですが、実験後、プロバイオティクスを摂取したグループの女性は恐れを感じる顔に対しての反応がプロバイオティクスを摂取しなかったグループと比較して減少していたとのこと。「プロバイオティクスを摂取した女性たちはネガティブな感情を『恐ろしいもの』として知覚しないようになっていたのです。また彼女たちの脳はストレスに対して反応しにくくなっていました」とMayer教授。プロバイオティクスを摂取した女性たちは実験後とくに気分の変化を伝えませんでしたが、不安やストレスには苦しまなかったそうです。

Mayer教授らは現在、自閉症の子どもを対象に腸内バクテリアを移植するなど、さらなる研究を続けています。

◆腸内の状態が変わると自閉症の行動が変わる

さらにカリフォルニア工科大学で研究を行う神経生物学者のElaine Hsiao教授も腸内バクテリアが自閉症に与える影響について調べる1人。

人間と同様に自閉症のマウスにおける腸内にも異常が起こっていることがあります。オモチャと他のマウスという2つの選択肢が存在する箱にマウスを入れた場合、自閉症でないマウスは他のマウスと遊ぶという選択肢を選び、自閉症のマウスはオモチャを選ぶ傾向があるのです。また仲間内で会話を行う場合、自閉症のマウスは仲間を呼ぶ声が小さく短いということ、さらに木の削りくずと大理石が入った瓶の中にマウスを入れると、自閉症でないマウスは大理石を削りくずの中に埋めるのですが、自閉症のマウスは大理石を埋めたり掘り返したりを繰り返すということも分かっています。

そこでHsiao教授が自閉症のマウスに3週間にわたってバクテロイデス属のバクテリアを含むアップルソースを投与したところ、いくつかのバクテリアの値が正常に戻り、マウス自体の振るまいも変化しました。

バクテリアを含むアップルソースをマウスに与えたところ、自閉症のマウスは大理石を埋めたり掘り返したりという行動をやめ、コミュニケーションの方法も普通になったのとこと。ただし「オモチャか他のマウスか」という選択肢ではオモチャという選択肢を選ぶままだったそうです。

◆まとめ

腸内の状態と人の気分について厳密な関係は明らかになっていませんが、代謝物質が関わっているという説もあります。バクテリアは我々が摂取した食べ物をエサにしているのですが、食べたものすべてを栄養分とするのではなく、廃棄物を生み出します。この廃棄物が血液と一緒に運ばれ脳にまで届き化学作用を起こすので、腸の状態が人間の気分の土台となる脳にまで影響を与えるというわけです。

また一方でバクテリアが迷走神経を介して脳とコミュニケーションを行うという説もあります。

研究者らは「どのバクテリアが気分によい作用をもたらし、どのくらいの量が適正なのかを理解するにはさらなる研究が必要である」としていますが、自閉症やうつ病の治療法として腸の状態を整えることが役立つ可能性があるとして、今後も研究が進められていく予定です。”
不安やうつは腸の状態と関係あり、腸内バクテリアが変われば行動も変わる 


共通テーマ:日記・雑感

「腐」には、「ブヨブヨしたもの」(コロイド状)という意味

“古くから中国では「腐」には、くさるという意味はなく、「ブヨブヨしたもの」(コロイド状)という意味があります。 
例えばヨーグルトのことを「乳腐」(ルウフウ)と書いたりしますが、これは乳が腐ったもの、という意味ではなく、乳がブヨブヨになったものという意味からきているそうです。 
ですから、豆腐は豆が腐ったから「豆腐」と名付けられたのではなく、豆を加工してブヨブヨしたものだから豆腐です。”


共通テーマ:日記・雑感

思考を停止したい

“「明確な目標、夢が欲しい」「自分のことを知りたい」「一生愛せる人が欲しい」これらすべてに共通する根源的な願望は「思考を停止したい」。”

共通テーマ:日記・雑感