So-net無料ブログ作成
検索選択

try the best then no regret

try the best then no regret


共通テーマ:日記・雑感

満州事変が始まるころからはダメになる一方でした 宮澤喜一

宮澤喜一
 満州事変が始まるころからはダメになる一方でした。中学から高校にかけて圧迫される感じがどんどん強くなって、左翼の集まりがあると警察官がやってきて、ちょっと発言すると白墨で背中にスッと線を引く。黒い制服ですから白墨が取れなくて捕まる。(『新・護憲宣言』p.175)

宮澤喜一
 自由は突然なくなるのではない。だんだんなくなっていくんです。気がついたときには酸欠でどうにもできなくなっている。はじめのときを気をつけるしかないのです。自由が侵されそうになるあらゆる兆しに、厳しく監視の目を向けなければならないのです。(『21世紀への委任状』p.18)
宮澤喜一
 国会審議は、非効率であっても慎重であるべきだ。性急に物事が決まっていくことに対し、防波堤の役割を果たす制度があることはとても大切なんだ。行政、官僚の側から見ても、二つの「院」があるのは厄介。それこそが立法府が存在する理由だ。「簡単には進まない」からいい(『ハト派の伝言』p.62)
宮澤喜一
 なぜ、政治の世界になじめなかったかというと、私は、ものごとをきちんと正確に考え正確に表現すべきであると……考えてきました。政治の世界はどうもそれとは逆で、政治家の表現はしばしば情緒的ですし、演出的な要素がつきまといますね。そういう部分に反感が…(『新・護憲宣言』p.149)
宮澤喜一
 われを忘れて没入しろということを先輩は言うわけですけど、私にはそれはできないし、もっと言えば国政という大事なものを預かっている人間が「われを忘れ」てはいけないと思っている…。歴史を見れば、われを忘れて熱狂し没入して破滅にいたった国は随分あります。(『新・護憲宣言』p.149)


共通テーマ:日記・雑感

特別支援

足をブラブラ動かしながら授業を聞く女の子。最初は聞こうと思っているのだけれども、次第に教室の中に貼ってある演奏会のポスターに目が移ってしまう…。そのうちに、授業はどんどん進行してしまっている。「いけない、授業聞かなきゃ」と黒板を見るけれども、今度は前の席の女の子のシュシュに目が奪われてしまう…。そのうちに、「どこ見てるんだ」と先生に注意されてしまいます。その様子が、自分と全く同じだと息子は言います。
「ちゃんと聞こうと思ってるんだよね。すごく分かる。僕は、今日は『バス遠足』って書いてあるプリントが前に貼ってあるのが気になってしまって、気付いたらそれをずっと見てしまっていた。『バス遠足かぁ。バスはどんなバスだろう。いついくんだっけ。』と考えているうちに、授業が進んでいた。僕はダメな子だなあ、また違うこと考えちゃってた…と思って落ち込んだ。」
「でも特別支援の教室にはそういうポスターとか全然ないから、助かるんだよね」


共通テーマ:日記・雑感

ポラロイド

60年の歴史もついに幕…!?
ポラロイドフィルム生産中止の意外な余波とは? (2008年3月27日号)
画像の改ざんが許されない医療や科学、考古学、警察の捜査証拠品撮影など多岐にわたる。
————————————————————

ポラロイドカメラの機能上、改ざんができないため、「証拠」として認められていたんですね。特に医療現場では積極的に取り入れていたらしく、廃止されたことでポラロイドカメラに代わる新しい機械を購入する必要が出てきてしまったのだとか。



共通テーマ:日記・雑感

どうせ盗聴されてるんだから

“田中真紀子が、父の角栄と一緒にソ連のホテルに泊まったとき、 
お風呂からお湯が出なかった。真紀子が「どうせ盗聴されてるんだから、 
湯が出ないぞって、わめけば、誰か来るわよ」というので、角栄が 
「おい、湯が出ないぞ!」と部屋の中でわめいたら、すぐにボーイが来て 
お風呂を直してくれた。 
秘書の早坂が晩年語った内容。 ”


共通テーマ:日記・雑感

“悟りを開くとは、輪廻の輪の外に出るということです。”

“悟りを開くとは、輪廻の輪の外に出るということです。”


共通テーマ:日記・雑感

WHO勧告の自殺報道に対するあり方

以下、ツイッターにて@daichangmさんのつぶやきより
日本は突出して自殺者が多い国。せめてWHO勧告の自殺報道に対するあり方を守ってほしい。http://www.lifelink.or.jp/hp/jisatsuhoudou.html 避けるべきことを全部やってるマスコミ。
で、そのWHO勧告とはどういうものかというと、
1)やるべきこと
・自殺に代わる手段(alternative)を強調する。
・ヘルプラインや地域の支援機関を紹介する。
・自殺が未遂に終わった場合の身体的ダメージ(脳障害、麻痺等)について記述する。
2)避けるべきこと
・写真や遺書を公表しない。
・使用された自殺手段の詳細を報道しない。
・自殺の理由を単純化して報道しない。
・自殺の美化やセンセーショナルな報道を避ける。
・宗教的、文化的固定観念を用いて報道しない。
なるほど。
さっと思い当たるだけでも日本の報道はかなりこのガイドラインから外れていますね。とてもセンセーショナルになってしまっているし写真も遺書も手段も詳細に出る。


共通テーマ:日記・雑感

何もかもストレートに言うわけではない

さて、今日の話です。日本人駐在員が入居したばかりの部屋はなぜか換気扇が回りません。そのことを大家に伝えると、「そうだな、ちょっとこれはわかる人に見てもらわないとわからないですね」と首を傾げ「他に困っていることはありませんか?」と逆に聞かれました。「後は大丈夫」とこちらが答えると大家はすっかり安心したみたいで、雑談をして帰っていきました。さて、大家は換気扇を治すのでしょうか?ロシア人の私の勘で言うと答えは「NO」です。
そのように断言できるのは、先ほどの会話のパターンをよく知っているからです。こちらの依頼になかなか応えられないとわかると、ロシア人は決まって「他に問題ありませんか?」と聞いてきます。困ったことはすでに伝えているので、こちらとしては「他にありません」と答えるしかないのですが、相手にしてみれば思うつぼです。困ったことはそれほどないという、極めてポジティブな雰囲気で話が締めくくられる。そして、最初の頼みごとはいつの間にか「忘れられた」ままになります。思うには「他にありませんか?」と聞いてくるロシア人の本音は、「今の問題は難しすぎて手が出ないからもうちょっと簡単なことを頼んでくれませんか?」ということだと思います。 帰国子女のタチアナもしっかり「学習」しているので、最近「他に困っていることはありませんか?」という質問が出た時点で、「そうか、今頼んだことは無理だったんだ」と「悟る」ようになりました。
 そういえば、まだ日本語を勉強していたときのことですが、「前向きに検討しておきます」や「遊びに来てください」など、文字通りにとってはいけない日本語があると、わざわざ教えられた覚えはあります。日本人がはっきり物事を言わないと外国人の間でよく言われているけれども、考えてみたらロシアだって何もかもストレートに言うわけではないです。さっきの会話のパターンもまさにそういう例の一つだと思いますので、皆さんも覚えておくといいですよ。


共通テーマ:日記・雑感

図書館は、なんのためにあるのか

“多くの方が、図書館は本を貸してくれるところ、本を貸すのが目的、と思っていらっしゃるかもしれませんが、図書館にとって本を貸し出すことは、本来、図書館がもっている機能と目的を果たすための手段の一つにすぎません。 公共図書館の唯一の目的は、「市民に対する知識と情報の提供」なんです。では、なぜ日本の公共図書館が「本を貸すところ」と捉えられてしまうのか。それは、大袈裟に言えば、日本の歴史が市民革命を経ていないからです。 市民革命によってヨーロッパの一般大衆は権利や財産を取り戻したと言われていますが、実は、取り戻したのはそれだけでなく、特権階級に占有されていた知識や情報までも奪い返したんです。それが、以後の市民社会を形成するうえでなくてはならないものになった。つまり、市民による知識や情報の共有化がなされたからこそ、近代的な市民社会が完成されたわけです。”
図書館は、なんのためにあるのか


共通テーマ:日記・雑感

「これまでもこれからも、悪い人達とお友達にならないってお約束してくれますか?」

“銀行なうなんだけど、隣の席の外国人に口座開設する時に反社会組織なんたらの同意の部分にチェックしてくださいっていうのの説明で銀行員のお姉さんが「これまでもこれからも、悪い人達とお友達にならないってお約束してくれますか?」って言ってて超萌えた。わたしもあのお姉さんに頼みたい。”


共通テーマ:日記・雑感

「誰でも出来ること」を「休まず遅れず」してくれる人

“成果主義ってのはルーチンワークをとことん軽視するから、ヤマっ気が強くて自己アピールのことしか考えてなくて声がデカい(つまり嫌な奴だ)の以外の得にはならんよね。世の中の大半は「誰でも出来ること」を「休まず遅れず」してくれる人で成り立っているのに、そういう人はゴミクズ扱い。”


共通テーマ:日記・雑感

AIの出す結果は、正しいんじゃなくて、人間の知能面だけを延長してる

“AIの出す結果は、正しいんじゃなくて、人間の知能面だけを延長してるんで、本質的に人間と同じ過ちをおかす。で、そのとき、責任者は誰?ということ。”


共通テーマ:日記・雑感

レッドブル

“レッドブルの会社に『1日に何本も飲むと死にますよね』みたいな事聞いたら、『レッドブルを1日に何本も飲まなきゃならない状況の方が異常だから、飲まなくても死ぬ』みたいな事言われた。 って、話を思い出した”


共通テーマ:日記・雑感

身内に不幸があった時、結婚や開店、海外旅行などを延期する

“一般的にも、身内に不幸があった時、結婚や開店、海外旅行などを延期する。 これは、人が経験から学んだ知恵だと思っている。 ショックな出来事があると、感情が激しく動き、そのために精神的に疲労する。疲労した状態、つまり第2段階・第3段階レベルでは、集中力が欠けているため、新しい事をすると失敗しやすい。また、人目があるとプレッシャーがかかり、さらにムリを重ねて、その後が不幸になりやすい。そのことを避けるための教えなのだ。”


共通テーマ:日記・雑感

JASRAC

JASRACの役立つ使い方
テレビ局の取材が家に押しかけに来た時に音楽を大音量でかければ、JASRACの関係で、テレビで音声有り映像が使われる可能性が低くなるらしい。
この手法は実際に熊野寮に家宅捜索が来た時に、マスコミに勝手に住居を撮影されたくない寮生が行うという。


共通テーマ:日記・雑感