So-net無料ブログ作成
検索選択

引用された文章は必ず原典を参照し、例示をされたら参考文献も調べてから発言する。これぞ「学芸員」

“「学芸員はがん」発言を受けて、学芸クラスタの皆さんが、「発言全文を読まないと文脈上の主旨が読み取れない」「他国で同様の事例があったか検証したい」などと一斉に呟いているw。引用された文章は必ず原典を参照し、例示をされたら参考文献も調べてから発言する。これぞ「学芸員」の姿。”


共通テーマ:日記・雑感

原発事故で東京都内の放射線量が1200倍に

震災直後に
『原発事故で東京都内の放射線量が1200倍にーーー!!!!!』
って大騒ぎしたのに対して
『健康が大好きな日本人が、特に好んで訪れる観光地、草津温泉の放射線量は500年前からずっと170000倍です』
っていう海外の番組が面白かった。


共通テーマ:日記・雑感

解像度が低い

“多くの殺人犯を調べてきた狂気の作家・平山夢明さんが彼らの共通点として挙げたのは「がさつ」でした。身の回りがだらしなくて、世の中を見る目の解像度が低い。そういう生活を続けてると、だんだん「これをしたらどうなるか」とかを考えなくなると。少し背筋が寒くなって、部屋の掃除をしました。”

ーーー
これはたとえば、花と言っても、どんな花なのか分からない。
走っていたと言っても、どんな走り方をしていたのか分からない。
見ていないのではなくて、言葉の用意がないから描写のしようがない。
言葉の網の目が粗すぎるので
微妙なものの区別ができない。
当然人の表情から何を読み取るかについても
脳の中に表情分類システムが完成していないから
読み間違える。

共通テーマ:日記・雑感

楽譜を音楽として伝えること

本:編集者、版元… 画家:キュレーター、美術館… 音楽:指揮者、演奏家…

一番、科学と比較しやすいのが音楽だと思う。オーケストラの楽譜だけ見て、私たちは音楽を楽しめるだろうか? きっと一部の人だけだろう。それを、指揮者や演奏者が解釈し、演奏することで私たちの耳に届くのだ。

科学の場合は、学術論文(など)だけではわかりにくい。そこを仲介するのがコミュニケーターだと思っている。学術論文をそのまま理解する人がいる世界が普通なの? (単品の楽器ならともかく)楽譜をそのまま頭の中で鳴らせる人が当たり前なの? という話です。

楽譜を音楽として伝えること。そこに科学コミュニケーター、ジャーナリストの役割(のひとつ)があると思っている。



共通テーマ:日記・雑感