So-net無料ブログ作成
検索選択

森友45

公明党、完全に「こんにゃく」状態

森友44

 稲田朋美防衛相の番記者となって通算1年半、「したたか」という印象を抱いてきた。安倍政権のある幹部も「弱者のふりをした強者」と評したことがある。実態より自分を大きく見せようとする政治家が多い永田町で、まれな存在といえる。

 小泉純一郎首相(当時)が仕掛けた2005年の郵政選挙で初当選した83人の「小泉チルドレン」の1人。多くのチルドレンが政界から消えたり苦戦したりするなか、今も小選挙区での勝利を重ねる。非世襲なのも、彼女だけだ。

 選挙区内をこまめに回り、後援会を強化。当初は距離のあった地元の首長や県議らとの関係も構築した。視力は2・0と1・5で、トレードマークとなった眼鏡は、実はダテ眼鏡だ。地元・福井特産の眼鏡をアピールするためにかけ続けている。防衛相就任前までよくはいていたタイツも、地元の繊維産業を売り出すのが目的だった。

 日本会議などから将来を期待され、保守色の強い政治家として知られる。ただ、政界で「ウィング」を広げようとするバランス感覚も持ち合わせている。前任の自民党政調会長時代は、農協改革などで存在感を示した。頑固な財政再建派として、安倍晋三首相が再延期した消費増税にもこだわりを見せる。

 昨年8月に防衛相に就任すると、政策通で知られる自民党中堅職員を政務秘書官として引き抜き、万全の態勢を敷いた。ところがいま、高度な専門性が要求される防衛相として、野党の攻勢にさらされる場面が続いている。

 最大の要因が、防衛省という巨大組織の掌握力不足だ。組織をきっちり把握し、人を使いこなす「したたか」さが発揮できなければ、日本を動かすリーダーにもなり得ない。今こそ、政治家としての「したたかさ」の見せどころと言える。

ーーーー
嘘つきだから国家者主義者なのか
国家主義者だから嘘つきなのか
関係なく、偶然、嘘つきでかつ国家主義者なのか

ーーーー
日本の国が好きだという人を攻める人は少ないだろう
しかし日本の何が好きなのかを突き詰めていくと
たんなる保守とか国家者とか右翼とかではすまない部分があぶり出されてくるだろう

曖昧に日本は素晴らしいと言っているのは
コスプレのコスチュームである

【隠れ蓑も最近ではコスプレだ】

ーーーー
紛れもなく我々はこのような総理大臣とこのような防衛大臣を選んでいる
こういう時代を生きているのだという
悲しい冷酷な現実を受け入れなければならないだろう

ーーーー
弁護士という職業の一つの側面は政治家と全く逆のものである
白いものも黒いといい
鹿でも馬だと言い張る
それが習性になっていないか

二世三世議員は
親たちが嘘をついてきた現実を受けてれているだろうから
全く平気で嘘をつく

ーーーー
嘘泣きしてみせるのを
ワニの涙という

平気で嘘が付ける人という類型がある

ーーーー
人間にある、心の優しい産毛を、大切にしたいと思う

それを失うに至ったということは、それほどのつらい体験をしたということなのだろう

森友43

国会答弁の重みを、稲田防衛相は理解していないのではないか。閣僚としての責任が厳しく問われる事態だ。

 国有地売却問題で揺れる「森友学園」の代理人弁護士を、稲田氏が務めたかどうか。

 一昨日の参院予算委員会で、稲田氏は「裁判を行ったことはない」と言い切っていた。

 ところが、学園が2004年に起こした民事訴訟で、稲田氏が原告側代理人弁護士として出廷したことを示す大阪地裁の記録が見つかったと報道された。

 すると稲田氏はきのう自らの出廷を認めたうえで、答弁を訂正し、謝罪した。

 森友学園の理事長を退任する意向を示した籠池(かごいけ)泰典氏が、稲田氏夫妻がかつて「私の顧問弁護士だった」と語ったことについても、きのうになって一転、「夫が顧問弁護士契約を結んでいた」と認めた。

 基本的な事実関係について、事実に反する国会答弁を繰り返していたことになる。

 耳を疑うのは稲田氏の記者会見での釈明だ。「私は本当に自分の記憶に基づいて答弁をしている。従って私の記憶に基づいた答弁であって、虚偽の答弁をしたという認識はない」

 こんな言い訳が通るなら、都合の悪い事実を隠したり、ごまかしたりしたことが後に明らかになっても、「記憶に基づいた答弁だった」と言えば済むことになりはしないか。

 閣僚の国会答弁は歴史として後世に残る。不明確な点があれば答弁を保留し、事実を確認したうえで答弁すべきだ。

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)をめぐっても、稲田氏の答弁は信頼性を欠いた。

 陸上自衛隊部隊が派遣されている首都ジュバでの昨年7月の大規模な戦闘を「衝突」と言い張った。なぜ「戦闘」と認めないのかを問われると、「憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」と答えた。

 自衛隊派遣の正当性を主張したい政権の思惑に合わせるため、現実をねじ曲げた答弁だ。本末転倒もはなはだしい。

 稲田氏と籠池氏の主張の矛盾は他にもある。

 たとえば、籠池氏は稲田氏と「2年か1年前に業界の筋の会合でお目にかかって直接話した」としているが、稲田氏は籠池氏とは「ここ10年来、全く会っていない」と語っている。

 正しいのはどちらか。やはり籠池氏の国会招致が不可欠だ。

 国防を預かる稲田氏の答弁の信頼性そのものが揺らぐ、深刻な事態である。任命権者の安倍首相の対応も問われている。

森友42

学校法人「森友学園」との関係を国会で断定調で否定してきた稲田朋美防衛相が一転、裁判を通じた籠池(かごいけ)泰典理事長との関係を認めた。稲田氏は「記憶違い」と釈明し、安倍晋三首相も擁護したが、野党は自衛隊を指揮する防衛相の「虚偽答弁」は許されないとして辞任を要求。政府答弁そのものの信用性が問われかねない事態になった。

 14日の参院予算委員会。籠池氏の法律相談を受けたり裁判を担当したりしたことがない、との事実に反した答弁を前日にした理由を問われ、稲田氏は両手に握りしめた答弁書に目を落としながら答えた。

 「委員会の場で突然、質問があったので、私の全くの記憶に基づき答弁をしたものです」

 これに対し、民進党の舟山康江氏は今月6日にも民進議員が同じ質問をしていたことに触れ、「『突然』ではない。前にも同様の質問が出て、『法律相談を受けたことはない』と答弁していた」と矛盾を指摘。「なぜ確認もせず、記憶のみで断定して、国会で発言したのか。虚偽答弁だと認めるか」と迫った。

 しかし、稲田氏は「私の記憶では、今も籠池氏から法律相談を受けた記憶は全くありません」と述べ、故意のウソではなかったと強調。「証拠が出てバレたから謝ろうで済むなら、(答弁の)すべてが信じられない」と閣僚としての資質に疑問を投げかける舟山氏に対して、「記憶違い」「おわびする」と繰り返し、籠池氏との関係を自ら説明しようとはしなかった。