So-net無料ブログ作成
検索選択

森友学園関係5

大阪府豊中市にある不動産鑑定評価額9億5600万円、8770平米の国有地が2016年6月20日に学校法人森友学園に1億3400万円で払い下げられた。

国は地下埋設物撤去及び処理費用が8億1974万円と算定し、この金額を鑑定評価額から差し引いて売却した。

しかし、地下埋設物の撤去に8億1974万円が支出された事実は確認されていない。

しかも、国は森友学園に対して、土壌改良、埋設物撤去工事代金として、2016年4月6日に1億3176万円を森友学園に支払っている。

また、森友学園に上記国有地を1億3400万円で売却したが、その支払いは約2200万円の頭金と2017年5月から2026年5月までの10年にわたる分割払いとされ、国庫に納入された金額は2200万円しかない。

つまり、現時点で国は森友学園に対して、1億2900万円の資金を支払い、8770平米の国有地を提供したことになる。

さらに、これとは別に、この土地に建設中の建物が、国土交通省「平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採択され、6194万4000円の補助金支給が決定されている。

この「国有地激安売却」について、財務省は売却額を非公表とした。

東京新聞報道は、2014~16年度の国有地売却693件のうち、非公表としたのは今回の森友学園への売却1件のみだったと伝えている。

国有地の売却結果は1999年の大蔵省(現財務省)の通達で原則公表することになっている。

近畿財務局は非公表にした理由について、2016年6月の売買契約の際に森友学園からの要請があったためとしている。

財務省は「取引相手が公表に同意しない場合は公表していない」と説明しているが、上記の事実が示すように、非公表とされたのは森友学園への売却のみである。

豊中市の木村真市議会議員が国有地売却価格非公表に対して開示請求を行ったことが、今回の問題発覚の原点である。

朝日新聞が取引の不透明さを報道した結果、近畿財務局は一転して2月10日に売却価格を公表した。

価格を公表したことについての財務省の説明が傑作である。

「非公表のままだと、森友学園が国有地を不当に安く取得したという誤解を受けると判断し、公表に同意した」

麻生太郎氏が大臣であるとはいえ、日本語を正しく用いてもらいたい。

正しく表現すれば、

「非公表のままだと、森友学園が国有地を正当な価格で取得したという誤解を受けると判断し、公表に同意した」

ということになるのではないか。

さらに、驚くべきことは、財務省の佐川宣寿理財局長が2月24日の衆議院予算委員会答弁で、

国有財産を管理する財務省近畿財務局が学園側との交渉記録を既に廃棄した

と表明したことである。

財務省の行政文書管理規則によると、面会などの記録の保存期間は1年未満で、事案の終了時に廃棄するとのことで、佐川氏は、

「16年6月の売買契約締結で事案は終了したので、記録は残っていない」

と説明した。

しかし、これは虚偽である可能性が強い。このような特殊な事例に関する「応接録」は職員が管理して保管しているはずである。

佐川氏が述べているのは、規則の規定であって、「廃棄してよい」ことを定めているだけで、実際には重要文書は職員が保管している。

実際に廃棄されているとすれば、問題発覚後に「証拠隠滅」のために廃棄した疑いが強い。

南スーダンでの「日報」も廃棄されていると答弁されたが、実際には保管されていた。

近畿財務局の職員が「応接録」の存在を証言することが望ましい。

安倍首相は、「学校認可と土地取引に関与していない」ことを盾に逃げ切る構えを示しているが、「学校認可と土地取引」に直接関与していないことで免罪されると考えるのはあまりにも浅はかだ。

安倍昭恵夫人が新設小学校の名誉校長に就任していたのは事実である。

また、同学園が「安倍晋三記念小学校」と明記して寄附集めをしていたことも事実である。

そして、国有財産を適正な価格で売却することについて、最終的に責任を負うのは「行政府の長」である内閣総理大臣なのである。

安倍晋三氏は自分のことを「立法府の長」と考えている節があるが、客観的には安倍晋三氏は「行政府の長」であり、国有地の不適切な安値販売に対する責任を負う。

安倍政権は会計検査院を動員して、「法的な瑕疵はなかった」との判断を示させて、逃げ切る算段だろうが、会計検査院が厳正な判断を示す可能性はゼロに近い。

まずは国会が国政調査権を正当に活用して、

籠池泰典氏

安倍昭恵氏

近畿財務局

近畿財務局立川管財部次長(当時)

設計業者である有限会社キアラ建築研究機関代表者

施工業者である藤原工業株式会社代表者

2015年の土壌改良工事を担当した株式会社中道組代表者

2012年に関空会社に当該不動産を現物出資した際の近畿財務局、国土交通省大阪航空局および関空会社の担当者

を参考人として招致するべきだ。

また、安倍首相は森友学園に対して刑事告発するべきである。

また森友学園は「安倍晋三記念小学校」を明記した振込用紙による寄付金を全額返済するべきだ。

森友学園関係4

財務省佐川理財局長国会答弁不正を衝くべきだ

問題の本質は、不動産鑑定評価書が9億5600万円の国有地を1億3400万円で払い下げたことが妥当であったのかということだ。

国は埋設物撤去費用を8億1974万円と算出して、これを鑑定評価額から差し引いて払い下げた。

この国有地払い下げにかかる経緯は以下の通り。

2016年3月11日 地下埋設物が発見されたと森友学園が近畿財務局に通告。
 
2016年3月14日 廃材発見の旨を財務局が航空局へ連絡。現地確認が実施された

3月15日には、森友学園の籠池泰典理事長が財務省本省で、理財局国有財産審理室長と面会している。

2016年3月24日 埋設物対策・早期開校の為、森友学園が近畿財務局へ土地を買い取りたい旨を申し出る。

2016年4月6日 森友学園が負担したとされる地下3メートルまでの埋設物除去費用1億3176万円(埋設物対策分が約8632万円、土壌汚染対策分が約4543万円)を大阪航空局が森友学園に支払う。

2016年4月14日 校地面積の約6割を対象とした、埋設物撤去費用8億円(1万9500トン/ダンプカー4000台分と推計)の見積りを航空局が近畿財務局へ連絡。

2016年5月31日 不動産鑑定評価書を提出(鑑定評価額9億5600万円)。

2016年6月20日 当該国有地が1億3400万円で森友学園に払い下げられ、所有権が移転。

このような経緯を辿っている。

隣接する9492平米の国有地は、2011年3月10日に国から豊中市に14億2300万円で売却されている。

また、森友学園に払い下げられた国有地については、2011年から2012年にかけて、大阪音大が当該国有地の取得を要望して、埋設物撤去・土壌改良費2億5000万円を控除した5億8000万円の価格での取得を提示したにもかかわらず、価格が低すぎるとの理由で排除されている。

さらに、森友学園に対しては、学園が負担したとされる、2015年に実査されたとされる地下3メートルまでの埋設物除去にかかる費用1億3176万円(埋設物対策分が約8632万円、土壌汚染対策分が約4543万円)が、2016年4月6日に大阪航空局から支払われている。

さらに大きな謎は、当該国有地が2012年7月1日に財務省から関空会社へ現物出資され、移転登記が完了していたにもかかわらず、

2013年1月10日に、

錯誤を原因として現物出資が無効(所有権移転登記を抹消)とされ、

その上で、森友学園の学校用地として提供されたことである。

2013年1月10日は、第2次安倍政権が発足した直後である。

第2次安倍政権の発足と同時に、国有地激安取得プロジェクトが始動したのではないか。

本題に戻るが、問題の核心は、国が払い下げた1億3400万円が適正な価格ではないとの疑惑にある。

この点について、財務省の佐川宣寿理財局長は、

森友学園から国有地購入希望の申し入れがあった2016年3月は、小学校開校まで1年と時間が差し迫っていたため、大阪航空局が埋設物撤去費用を「適正に」算出して、この金額を控除して払い下げたもので、法令上の手続きとして問題がない、

と主張している。

しかし、この佐川宣寿という人物は、法律の基本を知らないのではないか。

財政法第9条に以下の条文がある。

第九条 国の財産は、法律に基く場合を除く外、これを交換しその他支払手段として使用し、又は適正な対価なくしてこれを譲渡し若しくは貸し付けてはならない。

「国の財産は、適正な対価なくしてこれを譲渡してはならない」

というのが、財政法の規定であって、これが何よりも重要なのだ。

「適正な対価」

でなく国有地を譲渡していたのなら、これは明確に、

財政法違反

の事案になる。

「手続きが適正」であるのかどうかではなく、

「対価が適正」であるのかどうかが最大の争点なのである。

開校が1年後に迫っていたから、航空局が算定し、これを控除した金額で払い下げたというのは、正当性の根拠にならない。

その算定価格が「適正」であったのかどうかが、財政法上の係争点になるのだ。

近畿財務局の対応は不適切であり、背任の疑いが濃厚である。

その理由は後段に記述する。

もう一つ、重大な問題がある。

佐川氏は、財務省文書管理規則を盾に、交渉記録を廃棄したことを正当化しているが、この主張がとんでもない誤りである疑いがある。

国有財産の管理にかかる文書の保存期間は、1年未満でなく、10年であるはずだ。

行政文書の分類において、規則違反を犯している疑いがある。

もちろん、交渉録は存在している。

存在していない場合は、問題発覚後に、証拠隠滅を図ったものであると推察される。

国会審議では、重要論点を厳しく突く追及が不可欠だ。

森友学園関係3

問題の根幹は、

不動産鑑定評価書が9億5600万円の国有地が1億3400万円で払い下げられたこと。

国は埋設物撤去費用を8億1974万円と算出して、これを鑑定評価額から差し引いて払い下げた。

しかし、地下3メートルまでの埋設物除去については、1億3176万円が国から森本学園に支払われている。

そして、摩訶不思議であるのが時系列である。

2016年3月11日 地下埋設物が発見されたと森友学園が近畿財務局に通告。

2016年3月14日 廃材発見の旨を財務局が航空局へ連絡。現地確認が実施された(確認はされていない)。

2016年3月24日 埋設物対策・早期開校の為、森友学園が近畿財務局へ土地を買い取りたい旨を申し出る。

2016年4月6日 森友学園が負担したとされる地下3メートルまでの埋設物除去費用1億3176万円
(埋設物対策分が約8632万円、土壌汚染対策分が約4543万円)を大阪航空局が森友学園に支払う。

2016年4月14日 校地面積の約6割を対象とした、埋設物撤去費用8億円
(1万9500トン/ダンプカー4000台分と推計)の見積りを航空局が近畿財務局へ連絡。

2016年5月31日 不動産鑑定評価書を提出(鑑定評価額9億5600万円)。

2016年6月20日 当該国有地が1億3400万円で森友学園に払い下げられ、所有権が移転。


この経過について、森友学園の籠池泰典氏が

2月20日のTBSラジオ番組「荻上チキ・Sasyuracom-22」に電話出演して次のように述べている。

http://www.tbsradio.jp/120844

荻上:そうした中で工事を進めていく中で、埋蔵物が見つかってそのことを報告して、

その後に購入を申し出たという事ですけれども、

あまりこういった契約に詳しくないといっている籠池さんが、

この期間でゴミが出てきたから安くなるだろうということで、

金額はまだわからない段階だろうと思うんですけど、買いますといえたのはどうしてなんでしょう?

籠池:賃借料が例えば1千円だとするでしょ。

荻上:今回は月額227万円の支払いという事になっていましたね。

籠池:なってるでしょ。その通りですけども、そうなっていると例えば一般の民家でもですね、

土地が非常にきれいな土地でありましたということでありましたらその金額でしたと。

ところが掘っていく事によってボーリングをして、

そのところに、杭打ちをしてその上に建物を建てないといけないといったときに、

下から悪いものが出てきましたと。

そのときに人体に影響のない、そして軽度のものだけれども、

何かヘンなものが出てきましたといったらやっぱり地主としては、

本来、民民の場合だったら地主さんがきれいな土地にして、それを借主に貸しますよね。

でも、お国の場合はそうじゃなかったわけですから、

やっぱりちょっと国のほうも知らなかったんだろうけれども、悪い土地というか悪いものが出てきたなと。

それだったらちょっと安くしてくれるんじゃないかなという思いは当然なりませんか?

荻上:ということは金額がどれくらい安くなるかという確信なしに、

買えるようになるだろうということで購入に変更したという事ですか?

籠池:買える金額になるだろうではなくて、例えば深いところからも出てきましたしね。

浅いところからも出てきたと。それは、これはちょっとなんというのかな。

工事の期間もかかるけどたくさん入っているかもわからないなというような気持ちが、

気持ちというか第六感が働きまして、これはちょっと賃借料にしたらかなり安くなると。

そうすると賃借料が安くなるということは購入させてもらえる金額に近づいてくるというのではないかということで、

これも自分の第六感ですが、それだったらいくらになるかわからないけど

国のほうが指し示してくれる金額で購入させていただきましょうかという風な感じを持ちました。


不動産鑑定評価額が9億5600万円の国有地が1億3400万円で払い下げられた。

この件について、籠池氏は何も知らないと述べた。

荻上:その結果8億円値引きされて、実質1億円ちょっとで購入できると知ったときはどう感じた?

籠池:あのねえ、8億円云々というけど元々その金額がいくらだったのか知らないんですよ。

そして、森友学園は1億3400万円になった国有地を、なんと頭金と10回分割払いで購入しているのである。

資金代金が完済されず、抵当権も付けられずに所有権が移転するのも不可思議である。

いずれにせよ、1億3400万円の資金も支払うことができずに、

10回分割払いにしてもらった森友学園が、地下からゴミが出てきただけで、

「変える金額になる」との「第六感」が働いたというのは、不自然の領域を超えている。

1億3400万円の土地代金すら支払うことができない法人が、

地下からゴミが出てきただけで、金額も確かめずに「購入する」と伝えること自体が不自然極まりない。

上記時系列では、購入価格が判明したのは2016年5月31日ということになる。

金額が判明して20日後の6月20日には売買が実行され、所有権が移行している。

いずれにせよ、2016年3月11日から6月20日までの、

森友学園と国、近畿財務局、大阪航空局とのやり取りは、

1年を経過していない。

すべての交渉記録を開示させる必要がある。


籠池泰典氏は埋設物撤去について、次のように述べている。

荻上:そのゴミはもう撤去したんですか?

籠池:ゴミは、えー、建物が経っているところについては、撤去もしておりますね。

荻上:ほかのグラウンドなどは?

籠池:グラウンドはね、記者の方もご存知の通り運動場ですから、

運動場はずっと昔からもう土の下というんですかね、動かして何もないんですよ。そのままでいいんです。

荻上:じゃあ、ゴミ出しの作業はもう全て完了したわけですか?

籠池:うん、あのー、土地の建物のところの分に関してはですね、あのー、ほとんど完了していますね。

荻上:いくらぐらいかかりました?そのゴミ出しには?

籠池:いやー、金額のことはどうもちょっとまだまだ、建設がしているところですから、

その中にまた、結果として出てくるんだと思いますから、それについて、私はまだ存じあげておりません。

荻上:いくらぐらいかかるという見積もりで?

籠池:ちょっと今、言えないですね。あの、何ともメディアのところで言えないですけれども、

かなりかかるだろうと思いますよ。

荻上:8億、行きますか?

籠池:いや、だって、運動場の下のところは取り出さなくていいんですから、触ってないんだから。

そうですよね。運動場で使いますところは、何も触らなくていいので、そこにお金がかかることはありません。

荻上:国の方が過剰算出した可能性があるということですかね?

籠池:違います。違います。それは違うと思いますよ。

だって、要はそれをすることによって、あのー、地下に生活ごみがあるということは、

資産価値が下がるということでしょ。ですから、安くなってくるということですよね。

で、お国の方が何億円だったか、今おっしゃった8億とか9億とかおっしゃったけど、

それは土地の運動場のところの生活ごみもすべて除いたらというような算出されたんではないかなと

思いますが、私はその辺のところは専門家ではないので、分かりません。


完全にしどろもどろであるが、注意が必要なのは、

埋設物の撤去が、すでに2015年に実施されていることである。

地下3メートルまでの埋設物等の撤去は2015年に実施されており、

これについて、国は森友学園に1億3176万円を支払っているのだ。

籠池氏が述べる、地下埋設物の撤去とは、2015年に実施した、

国が全額負担した工事のことを指している疑いが強い。

そして、値引きの根拠になっている、「深い部分のゴミ」についての籠池氏の認識は、

「地下に生活ごみがあるということは、資産価値が下がるということでしょ。

ですから、安くなってくるということですよね」

というものなのだ。

つまり、地下からゴミが発見されたので、土地の価値が下がり、その分を値引いてもらったのであり、

建設工事を進める上で、どうしても取り除かなければならないゴミ以外は、

そのまま放置してある、というのが実態である疑いが濃厚である。


そして、この「ゴミ」の性質について、籠池氏は次のように述べている。

「ボーリングというか、杭打ちをしましたときにね、土の下から生活ゴミが出てきたんですね。

生活ゴミというたら、いわゆるその地で生活しておった方々の、

まあまあ、あそこは阪神大震災のときに仮設住宅が建っておったところでありましてね。

その仮設住宅を潰して平地にするときに、そこにあったものをそのまま埋めたんではないけども、

やっぱり生活しおった長靴とか靴下とかはその中に入っておったんですね。」

そして、ゴミが出てきたから、土地価格が下がると籠池氏が考えたという。

「これ、私の方の考え方だったんですが、じゃあ今の定期借地させていただいている間の金額が、

例えばこんだけだと、ああ、それだったら、このように生活ゴミが出てきたものは、

もう少し安くなるだろうと私は思ったわけですね。当然そうでしょう? 

何かあの、綺麗な土地だったら、例えば1000円で買ったものだったらは1000円ですけど、

ちょっとなんか変なもの、生活なんぼのものが出てきたらというたら800円になりますよとか、

700円になりますよ、というようなことになるんだろうと僕思うんですよね。

ですから私は、これ借地料としても安くなるのかな、

安く購入させてくれるんじゃないかなと思ったわけですね。」


問題は、この先にある。

ゴミの存在を指摘されて、国が8億200万円値引いたことだ。

杭打ちにかかる部分は除去が必要かもしれないが、

それ以外は、「有害物質」ではなく「生活ゴミ」であるから、除去する必要がない。

これが適正な処理であるなら、国が該当箇所のすべての土を入れ替える費用を控除するのは、

過大な控除になる。

財政法に次の条文が置かれている。

第九条 国の財産は、法律に基く場合を除く外、これを交換しその他支払手段として使用し、
又は適正な対価なくしてこれを譲渡し若しくは貸し付けてはならない。

「国の財産は、適正な対価なくしてこれを譲渡してはならない」

のである。

これまで明らかになっている事実関係からすると、

完全なクロ

である。

手続きが法的に適正でも、

「適正な対価」

の算出をしていなければ、財政法第九条違反になる。


埋設物を埋め直したとの話が出ているが、

2015年の埋設物処理と2016年の本体工事建設に伴う埋設物処理を厳正に区別して検証する必要がある。

問題の敷地内で、大阪航空局が2009年から2012年にかけて

地下埋蔵物状況や土壌汚染状況を調査した結果、

浅い部分から鉛やヒ素の土壌汚染と廃材・コンクリートガラ等の地下埋蔵物が発見された。

このため、2013年4月に野田町1501番の一部471平米が土壌汚染対策法に基づいて

形質変更時要措置指定され、

これに対応して、2015年に埋設物撤去などの工事が実施されたことになっている。

その結果として、2015年10月に指定が解除されている。

この工事を担当したのは

株式会社中道組

http://www.nakamichi-gumi.com/ja/

である。

同社は、

「森友学園に関する報道について」

と題する「お知らせ」をHPに掲載している。

http://www.nakamichi-gumi.com/ja/info_20170223.html


産業廃棄物の処理に関しては、

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

第12条が、

「事業活動に伴い産業廃棄物を生ずる事業者は、

産業廃棄物の運搬または処分を受託した者に対し、

当該委託に係る産業廃棄物の種類及び数量、運搬又は処分を受託した者の氏名又は名称

その他環境省令で定める事項を記載した産業廃棄物管理票を交付しなければならない」

ことを定めている。

産業廃棄物の「マニフェスト制度」と呼ばれているものである。

したがって、当該国有地における2015年の埋設物撤去にかかる

産業廃棄物管理票=マニフェスト

および

土壌汚染状況調査書

を、国会は国政調査権を活用して公表させる必要がある。


これによって、2016年の国有地売却価格算定において、

埋設物を撤去する必要があったのかどうかが明らかになる。

撤去する必要のない埋設物を撤去する費用が控除されていたのなら、これは過大控除となり、

近畿財務局=財務省は「背任」または「善管注意義務違反」を問われることになる。

他方、森友学園が事実とは異なる事実を国に伝えて、

土地取得価格を過大に引き下げさせたのなら、「詐欺罪」の疑いが生じることになる。

したがって、

「アベ友事案」は「アベ友事件」に発展する蓋然性が高いのである。

財務省の責任が問われる場合、行政の最高責任者である安倍晋三氏の責任が問われることは当然である。

この事案のカギは、安倍首相夫人が開設予定の小学校の名誉校長を務めていたことを背景に持つ事案であり、

安倍晋三小学校と明記した振込用紙で寄附が募集されていたことに関係する事案である。

安倍首相の責任が重大であることは論を俟(ま)たない。


森友学園関係2

 連日、国会で追及されている学校法人森友学園の国有地格安払い下げ問題。新たな疑惑がどんどん明るみに出ているが、同時に次々と判明しているのが、安倍首相の“虚偽答弁”だ。

 28日の国会でも、またひとつ安倍首相の嘘がばれた。前日、27日の衆院予算委で安倍首相は、昭恵夫人が瑞穂の国記念小學院(「安倍晋三記念小学校」)の名誉校長就任や、森友学園が営む塚本幼稚園での講演の対価としての金銭受け取りの有無を尋ねられ、「報酬も講演料もまったく受け取っていないと聞いています」と繰り返した。つまり、名誉校長になることで利益を得ていない、昭恵夫人は潔白だ、われわれは単に名前を使われた被害者だ、と言っていたのだ。

 ところがだ。今日の参院予算委では、民進党の舟山康江議員が資料に基づくこんな事実を暴露した。それは、塚本幼稚園の元保護者から入手した「PTAの収支決算報告書」には、「15年9月5日 首相夫人安倍昭恵先生」との記載があり、「社会教育費」として支出がなされていたというもの。安倍首相は「私は(文書を)まったく承知していない」「それ公資料なんですか」と弁明するのがやっとだった。前日の発言は、森友学園側との関係を切ろうという腹で吐いたデマカセだったことがばれてしまったのだ。

 首相の“虚偽答弁疑惑”はこれだけではない。周知の通り、安倍首相は当初、「(森友学園の籠池泰典理事長は)私の考え方に非常に共鳴している方」「妻から森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」と言っていた。だが、国有地売買の不正疑惑が次から次へと浮上すると、一転して、「学校がやってることの詳細はまったく承知していない」「(籠池氏は)非常にしつこい」「個人的に会ったことは1回もない」などと、森友学園と籠池理事長を突き放す発言を連発。露骨なまでの尻尾切りをし始めた。

 しかし、安倍首相の言う「籠池理事長とは面識はない」との主張じたいが、実はかなり怪しいのだ。実際、籠池理事長は今から約2年前の雑誌の対談で、安倍氏の首相再登板を「奇跡ですよ、あの復活は」と絶賛した上で、こう自慢げに語っていた。

「安倍総理には当園に足を運んでいただいたこともあり、本当に応援させていただいてます」(「致知」15年4月号/致知出版)

 もちろん、あの言っていることがコロコロ変わる理事長のことだ。2年前の対談時には自分を大きく見せるために法螺を吹いていた可能性はあるだろう。しかし、今回の国有地払い下げが大問題になったあとも、籠池理事長は安倍首相との関係について、こう具体的に証言しているのだ。発売中の「週刊朝日」(朝日新聞出版)3月10日号では取材に対しこう語っている。

「5年ぐらい前にPTAの紹介で知り合った。首相になられる前で昭恵夫人と先に知り合って小学校の見学に来てもらい、住吉大社にもご一緒させていただいた。総裁選に出られなければ、安倍晋三記念小学校になっていたかもしれない」

 ちなみに、大阪府の住吉大社は全国の住吉神社の総本山で、安倍首相も地元・下関の住吉神社を何度も参拝している。渦中の籠池理事長がここまで言っているにもかかわらず、安倍首相と本当に面識がないというのは、ちょっと考えにくい。いや、というより、安倍首相は昭恵夫人が小学校の名誉校長に就任することは承知していたと国会で認めている。時の総理大臣が、一度も理事長に会ったことがないのに、妻が名誉校長につくことを承諾するなど、あり得ないだろう。

 しかも、安倍首相が説明する昭恵夫人の名誉校長就任の経緯は、誰がどう見ても不自然すぎる。安倍首相の言い分によれば、昭恵夫人は2015年に瑞穂の國記念小学院設立を記念する講演会に呼ばれた。そして、講演の直前に「名誉校長になってください」と籠池理事長から頼まれ、断りきれなかったという。ようは「私の妻は名誉校長を嫌がったが強要されたんですよ」と同情を誘おうというわけだ。

 しかし、当時の昭恵夫人の様子を確認すると、これもかなり無理のあるストーリーとしか言いようがない。仮に、昭恵夫人がイヤイヤ名誉校長にさせられたのならば、少なくとも籠池氏や森友学園の宣伝などしないだろう。ところが、昭恵夫人は森友学園で講演をした15年9月5日、Facebookで〈大阪の塚本幼稚園にて講演。園児達は大変お行儀が良く元気です。毎朝君が代を歌い、教育勅語、論語や大学などを暗唱〉と報告した上で、さらに塚本幼稚園のURLを貼り付けていた。これは、明らかに積極的な宣伝行為。相当な好意がなければファーストレディがここまでしないはずだ。

 実際、この塚本幼稚園での講演では「普通の公立学校の教育を受けると、せっかくここ(塚本幼稚園)で芯ができたものが、(公立の)学校に入った途端に揺らいでしまう」と、公立学校の教育を否定するほど礼賛していた。やはり、その直前に無理やり名誉校長にさせられた人間の発言とは到底思えない。

 また、15年1月8日に配信された「産経ニュース」は、昭恵夫人が14年4月に塚本幼稚園を訪問した際の様子を、このようにレポートしている。

〈昭恵夫人は昨年4月、同園の視察と教職員研修のため訪れたとき、鼓笛隊の規律正しいふるまいに感動の声を上げた。さらに、籠池園長から「安倍首相ってどんな人ですか?」と問いかけられた園児らが「日本を守ってくれる人」と答える姿を見て、涙を浮かべ、言葉を詰まらせながらこう話したという。
「ありがとう。(安倍首相に)ちゃんと伝えます」〉

 つまるところ、Facebookでの宣伝行為にせよ、講演会で大絶賛したことにせよ、幼稚園訪問時に落涙していたことにせよ、これらから導かれるのは、昭恵夫人が森友学園の教育方針に心から賛同していたという事実に他ならない。

 とすれば、やはり真相はこうではないか。昭恵夫人は、強く共感する籠池理事長から名誉校長就任の依頼を嬉々として引き受けた。ところが、このことを国会で追及された安倍首相は、籠池理事長との関係性を隠すために、“イヤイヤ名誉校長にさせられた”という架空の話をでっち上げたのだ。そう考えなければ、あまりにも籠池理事長や昭恵夫人の言動と整合性がつかない。

 周知の通り、昭恵夫人は問題が発覚後、森友学園について無言を貫いている。野党は当事者である籠池理事長や迫田英典・前理財局長の参考人招致を求めているが、昭恵夫人にも国会で喋ってもらわなければならないだろう。もちろん、証人喚問でもし虚偽の言明をすれば昭恵夫人は偽証罪に問われる可能性がある。国民の知る権利のために、安倍首相の虚偽答弁疑惑をとことん追及しなければならない。


森友学園関係

森友学園

大阪府豊中市の国有地

トラックの台数よりマニフェストを探してほしい。これだけの廃棄物ならマニフェストがないのは考えられない。

安倍昭恵名誉校長の挨拶が削除

教育基本法に違反する塚本幼稚園での日本会議の憲法改定署名集め

「近畿財務局がおかしなことをしたみたいに思ってる人が多いかもしれないけど、官僚は普通こいうことはしない。政治的な判断として、これは造らざるをえないという前提があったとしか思えない」
ーーーーー
全国で11名しかいない文部科学大臣優秀教員に、本幼稚園の先生が今年度新たにに1名選ばれました。
これで11名中3名が塚本幼稚園の先生です。

迫田英典理財局長は迫田英典国税庁長官に
2015-9月3日に理財局長らと打ち合わせ⇒9月4日に大阪入り⇒9月5日に名誉校長

2015年9月4日午前10時に近畿財務局9階会議室で建設会社所長や統括管理官、大阪航空局調査係と会合

●2015年9月3日迫田英典
財務省前理財局長 迫田英典(現国税庁長官。安倍の選挙区、長州田布施出身)というのが、この件ではキーパーソンだというのが明らかになって来た。とともに2015年9月3日から5日までの3日間に、すべてのストーリーが決定された。
迫田はヤバいというので記録を破棄したというが、首相動向は消せなかったねw
2015年9月4日、安倍晋三は国会を投げ出してわざわざ「TV出演のために」と称して、大阪に向かっている。この3日間が鍵だ。
2015年9月3日は、うわさの(前)理財局長・迫田英典氏と安倍が会っている。
9月4日午前10時~12時 近畿財務局9階で 森友学園の工事関係者と近畿財務局池田統括管理官と大阪航空局の担当者が異例の面会。同日、安保法案の審議があるのに異例にも安倍首相は審議を放り出して大阪を訪れTV出演。
その翌日(2015年9月5日)午前に安倍昭恵が塚本幼稚園で名誉校長就任記念講演。
安倍晋三が財務官僚に圧力を加えて、土地の値段をタダにさせた。それがこの3日間の出来事です。そして3日目には、安倍昭恵が塚本幼稚園で名誉校長就任記念講演をしている。


2015年9月4日 故人である元国土交通省(冬柴大臣)の息子さんと夜、会食

2月24日の国会答弁で野党が森友学園との取引記録を開示するように要請しましたが、近畿財務局と学園側の交渉や面会の記録が破棄されていることが発覚しました。

政府はこの破棄について「売買契約の締結をもって事案は終了したことから破棄した」と答弁していましたが、本当に破棄されていたのか疑問があるところです。

財務省が発表している「行政文書管理規則」には保管期間が10年間と記載されており、取引後もしばらくは情報を管理するように定められています。行政文書(法人文書)の範囲によって多少の差異はあるようですが、原則として国有地売却のような記録は残すのが当然です。

記録を破棄したという政府答弁にはやや不自然な感じがあり、どのような解釈や定義によって破棄を決定したのか調べる必要があるかもしれません。

象徴天皇は何をしてもいいのか、何をしてはいけないのか

天皇制で考えなくてはならないのは
現在の天皇は戦争反対の写真家の死に際して花を送るような人なのだから
象徴天皇はそのようなものだと言われて特に批判はないが
時代が変わって
安倍、籠池のような人たちの考えを天皇が採用し
米国の命令で海外に戦争に出かけて戦士した日本人兵士に天皇が花を贈るということになったら
それは違うだろうと言わなければならない

だから象徴天皇は何をしてもいいのか、何をしてはいけないのかを、
よほど慎重に定める必要があるのではないかと思う

書いていないからしても良いという論理ではいけない
書いていないならしてはいけないのである
そのようにきちんと制度を構築しないといけない

最悪のことが起こると想定して
制度を作らないといけないはずだろう

NHKの9時からのニュースの男性、 コメントの複雑度を考えると複雑度ゼロと評価できるのではないか

NHKの9時からのニュースの男性、
コメントの複雑度を考えると複雑度ゼロと評価できるのではないか

報道に何の価値も付け加えない徹底したゼロのコメント

各方面から、意味のないコメントだと批判は出るかもしれないが
それ以上の、意味のある批評は出ないような、コメント

ニュース全体で言えば、スポーツ選手へのインタビューが、複雑度ゼロと評価できるだろう
それとまったく同じ複雑度ゼロのコメントを言い続けているのである

彼のコメントは完全に予測できるし
予測できることしか言わない
内容が理解できていなくても
コンピュータでコメントが出力できる程度
アルゴリズムが複雑度ゼロなのである
比較も参照も演算もしなくていい

こんなにもゼロな人間を置かなければならないとは
悲しい時代である
このヒトが悪いのではない
全体の空気に毒が回っているのである

「しかない」の語感

スポーツ選手
「今の自分には期待しかない」

そのほか、「不安しかない」などともニュースで流れている

期待だけがある
不安だけがある
というのはまだ日本語として座りがいい
普通なら期待しています、不安ですと言う

期待しかない
不安しかない
というのは日本語として不安定である
現実に心の中に一つの感情しかないとは考えられないからだろうか
不安があるとき恐怖も疑念も絶望も悲嘆も憂鬱もあるだろう

不安と希望と安心とで言えば、不安しかない、という意味なのだろうか

不安だけしかない といえば まだいいような気がする

ら抜き言葉とはまた別の新しい日本語なのか

ーーーーー
「100円しかない」
「100円だけある」
ならばどちらもいいと思う

泣き顔しか思い浮かばない
決めるしかない
辞めるしかない
3つしかない これらは分かる

期待しかありません これは不安定

不安だけがある これは分かる

不安だけしかない これは分かる

何がおかしいんだろう?

 
不安しか存在しない といえばすこしは分かるのかな

どうでもいいんだろうかな

https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/nichigen/menu7_folder/symposium/pdf/7/06.pdf

国語辞典では

しかない
分量や数量が限られていて、他にないさまを意味する表現。「3つしかない」「この選択肢しかない」などのように用いる。

不安の他には何もない と 不安しかない は同じだろうと言われればそのような気もする
ただ耳に慣れていないだけなのだろうか

100円しかないというのは、100円では不足であるが100円しかない、ということ

不安しかないというとき、不安では不足であるが不安しかない、ということではないはず

不安の他に希望もあって欲しいが不安しかないという意味なのか

不安と絶望しかない という表現はどうだろうか

絶望しかない というなら座りが良い

絶望と不安を比較すると 不安はもやもやしたもので 絶望は究極のものでくっきりしたものだろう
だから絶望しかないは成立し 不安しかない は成立しないのではないか

大変不安ですという意味なのだろうが、
私の心には不安以外の何もない、こころにはただ不安だけが存在しています、という意味で
不安しかないと表現するのだろうか

日本の古語とか日本以外の周辺地域の言葉の用法なのだろうか

試合を前にして、私には希望しかない

エースが怪我をして、チームとしては不安しかない

今時の人はこういう日本語を話すのだろう
ーーーーー
only の直訳の感じだろうか onlyに機械的に「しか・・・ない」をあてる方式

I have only anxiety. これとfear は少し違うかもしれない。

I have only hope.

ーーーーー
もともとは 目標は優勝しかないです とか
目標は金メダルしかないです とかだったのだろう

そこから期待しかないです と拡張され
いまは不安しかないです と拡張されたものか