So-net無料ブログ作成
検索選択

「ら抜き言葉」と字幕

"
スポーツニュースで選手がコメントをして
字幕が出ることが多い

選手は「ら抜き言葉」で話していて
字幕は通常の言葉である

「出れるようにしたい」と話していて
「出られるようにしたい」と字幕が出ている

字幕担当者にすれば
余計な責任を負いたくないので話したままで出したいのだろうと思うが
たぶん、「ら抜き言葉」への苦情の電話など多いので
訂正せざるを得ないのだろうと思う

言葉を話し始めた子供が「ら抜き言葉」で話しているのは可愛らしいものだが
大人が話していると違和感がある

"

上に行くほど寝返る法則

上に行くほど寝返る法則

ーーーーー
安倍首相が真珠湾訪問をして「和解」という言葉を使ったと話題になっている。
和解というのは両方が程々に悪くて、一方的な謝罪とその受け入れという問題ではない場合に、使われる

日米の戦争の経緯としては、真珠湾奇襲攻撃があったので、
それをアメリカ側は卑怯な奇襲攻撃と言い、やむを得ず突入した戦争としているのであるが、
その前にハル・ノートがあったことを考えると、
そのように追い詰めて、局面を形成したのはアメリカ側ではないかということになるので、
日本側から言えば、「和解」はおかしい。

さらに、不必要な原爆二発の投下など、それも「和解」の言葉は当たらない。

ーーーーー
そのような全体を「和解」と総括してしまうことは、端的に軍国・愛国・アメリカの立場であって、
米国ナショナリズムが圧力をかけている宣伝工作である。
それに無自覚に乗ってしまい、
自らを植民地奴隷に改造し洗脳する、自滅行為そのものを行っているのはなぜなのだろうと、
疑念が呈されている。

ーーーーー
しかしこのような光景はいつも繰り返されてきた。
日本の指導者としてアメリカに招かれて歓待されれば
気分が良くなり、米国に代わって、愚かな日本国民を教導しようと考えるものなのである
その時点で、その選ばれた人物は、日本人ではなく、名誉アメリカ人である
階段を一歩登ったのである
わざわざアメリカのシンクタンクを訪問して余計なことを言った人もいた
そのシンクタンクで洗脳された政治家もジャーナリストもたくさんいる
何故か彼らは確実に指導層になるのである

同じ構造は、知事職についても言える
沖縄県知事は、基地反対と公約して、当選した後には、基地賛成に回る
鹿児島県知事は原発反対で当選して、当選した後には、
知事には原発阻止の権限はないのだ言い張っている

知事となり、「偉くなって」、日本国政府の中枢と話し合うようになると、
田舎の市民のことなど、知ったことではないのであろう
むしろ、愚かな市民を教導しようとするのであろう

権力者からすれば
あらかじめ自分たちと主張を同じくする者を立候補させて
市民の審判を仰ぐことはロスが大きい

どんな主張のものであっても、当選した後に、
いい気分にさせて、
一段階段を登らせて、権力側の思想を言わせれば確実である

過半数の市民を洗脳するよりは
選ばれた少数を洗脳するほうが簡単であり
ロスが少ない

ーーーーー
同じ誤りを何度でも繰り返すのが
知恵の足りない実験動物である

自分たちの共同体を守ってくれる人を作り出す教育

"
教育って何のために必要だったのかと言えば
資本主義の労働力を生み出すためでもなく
新自由主義の自分中心人間を作り出すためでもない

自分たちの共同体を守ってくれる人を作り出したかったのだと思う

それは共同体にとって必要なことだったし
個人にとっても、自分はなぜ、何をしなければならないかがはっきりした世界である
生きる理由がはっきりした世界なのである

"

時間が問題を解決してくれる

山の霧のたとえ話がある。
「山の中で霧に囲まれた時、道は見えなくなってしまう。
しかし道そのものがなくなったのではない。
道は必ずある。
あわててめちゃくちゃに行動する人は崖から落ちてします。
落ち着いて霧がはれるのを待て。
時間をかけて待てば、霧は消えて、そこにある道が見えるはずだ。」
霧が消えるまで待つだけでよいのである。
時間が問題を解決してくれる。