So-net無料ブログ作成

“外交的な人はインターネット利用頻度が大きいほど孤独感がさらに低くなり、社会的参加が活発になったのに対し、内向的な人はインターネット利用頻度が大きいほど孤独感が増し、社会的参加が少なくなった。”

“外交的な人はインターネット利用頻度が大きいほど孤独感がさらに低くなり、社会的参加が活発になったのに対し、内向的な人はインターネット利用頻度が大きいほど孤独感が増し、社会的参加が少なくなった。”

共通テーマ:日記・雑感

「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。」

「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。」

共通テーマ:日記・雑感

「追い出し部屋」別名ガス室

採録

ーーー
「追い出し部屋」の背景と対策

リストラ対象者を一堂に集める
「配属先は『追い出し部屋』」の衝撃

昨年末の『朝日新聞』(12月31日)の一面に、「配属先は『追い出し部屋』」と見出しの立った印象的な記事が載った。「追い出し部屋」とは、パナソニック・グループの従業員がそう呼ぶ、リストラ対象社員を集めてまとめて置いておく部署のことだ。

横浜市にある同グループの子会社にその部屋はあり、がらんとした室内に100台の古い机とパソコンが並んでおり、他の部署から応援要請があればそれに応えるのが仕事だという。

?「追い出し部屋」は、もちろん会社の正式な名称ではなく、「事業・人材強化センター」(BHC)が正式な部署名で、リストラ対象として狙われた社員は、上司から、会社が募集する希望退職に応じるか「BHC」への異動を受け入れるかの、二者択一を迫られるのだという。

記事によると、同類の部署は他社にもあり、たとえばソニー・グループでは「キャリアステーション室」、NECグループでは「プロジェクト支援センター」といった名称の部署が存在するという。

また、自分自身が社外での自分の出向先を見つけることを業務内容とする「企業開拓チーム」という部署を設けている朝日生命保険のような会社もある。

これらを「工夫」と呼ぶのがいいかどうかは迷うところだが、会社としては、実質的には指名解雇したい社員を自発的な「自己都合退職」に誘導するための有力な「仕組み」だ。

会社側から社員を個別に解雇しようとすると、就業規則違反などの正当な理由を用意しておかなければ、訴えられて敗訴するリスクがある。このため、「あなたの名誉のために、自己都合退職扱いにしてあげるから……」などと社員を説得して自分から辞めるように試みたり、それぞれの部署で社員の居心地を悪くして(つまり「虐めて」)自主退職に追い込んだりすることは、日本の多くの会社でこれまでに行われていた。

しかし、退職金でも雇用保険上も不利の多い自己都合退職をすんなり選択してくれるとは限らないし、各部署で「虐め」を実施すると、やりようによってはパワー・ハラスメントなどで訴えられる可能性があるし、職場の雰囲気が険悪なものになる。

業績の悪化で解雇したい対象が増えてきたこともあって、こうした自己都合退社実現のための器を各社が用意することになったのだろう。表向きには、仕事がある先への人事異動であって指名解雇ではないが、心が折れて自主退社したくなるように社員を仕向ける仕組みである。

人間の心を痛めつけることを手段として用いるのだから、「嫌な感じ」のやり方であることは間違いない。大企業の悪知恵ともい言いたくなる。

しかし、社長の一声で問答無用にクビが宣告されることの多い中小企業の解雇に比べると、いくらか丁寧で優しいような気もして、一概に非難する気にもならない。

「追い出し部屋」に
配属されたらどうするか

会社側としては、「やむをえない」事情が多々ある。

指名解雇は理由なしにできない。業績は短期間に回復する見込みはない。余剰人員を抱えている余裕はない。優秀な社員には残って欲しい。訴訟などのトラブルは起こしたくない。会社の評判は(なるべく)損ないたくない。

後でこうなる可能性を考えて、正社員の採用を絞って非正規労働者を使って来たのではあったが、「業績の悪化がこうした工夫を軽く追い越した」といった状況だろう。

仮に、自分が「追い出し部屋」への配属を打診されたら、どうするべきだろうか。

まず、やってはいけないのは、自分からあっさりと「一身上の都合により退職……」といった自己都合退社の辞表を書いてしまうことだ。今日まで働いてきた組織で自分が「不要だ」と言われているという現実と顔を付き合わせる状況は精神的に辛いが、生活を守るためにはひと頑張りしなければならない。

まず、「無条件で自己都合退社する意思はない」ことを会社側にはっきり告げるべきだろう。しかし同時に、その会社に残る選択肢は現実的でないことの覚悟も必要だ。目標を、転職と、そのために有利な条件の確保と、経済的により有利な退職の実現に、切り替えるべきだろう。

会社側が、希望退職者に対する優遇制度を提示している場合は、制度の内容を検討すべきだが、すぐに受け入れるのは止めた方がいい。

もう少し良い条件を引き出せる可能性があるし、「会社都合」でなく「自己都合」で辞めた場合には失業保険の条件が悪い。

検討、あるいは交渉に値するのは、転職先を見つけるための異動の先延ばしだろう。それまでどのような仕事をしていたのかによるが、多くの仕事で「今やっている仕事」を探す方がスムーズに職探しができ、条件もよりよいものを獲得しやすい場合が多い。

転職できれば辞める。そうでなければ
「追い出し部屋」行きを覚悟する

いい転職先が見つからなかったら、異動を受け入れると言って、異動を1~3ヵ月先に延ばしてもらえないかを交渉してみる手がある。もともと戦力外なのだし、それで穏便に辞めてくれるなら会社側も助かるはずなので、この条件を受け入れてくれる可能性はある。

ただしこの際にも、辞表を書いて渡してはいけない。条件はあくまでも、「転職できれば辞める。そうでなければ『追い出し部屋』行きを覚悟する」というものであるべきだ。

そして、引き延ばしが成功してもしなくても、「自力で」最大限に努力して、転職先を探す努力をしなければならない。

会社が用意する人材紹介会社は、社員を辞めさせることが優先であり、会社側と結託しているのだから、頼ってはならないと考えるのが常識だ。転職を強引に決めさせられることがあるかもしれないし、不適切な会社を紹介される心配もある。

もちろん、自分で探した人材紹介会社を使うことは悪くない。友人、知人、親戚、取引先など、あらゆるコネを使うのもOKだ。

なお、転職先を探す活動は、休日や平日の時間外など業務時間外の時間を必ず使い、面接などで必要がある場合には有給休暇を取ろう。時間管理をいい加減にしていると、勤務態度不良で解雇の口実を与えてしまう可能性がある。

いい転職先が見つかれば、場合によっては自己都合で辞めて(あげて)もいい。でも、できれば割増退職金をもらおう。自分は転職先が決まり、割増退職金をもらい、会社は1人片付いたことにほっとするという状況は、この問題の望ましい解決の1つだ。

クビになる人などたくさんいる
会社都合退社は不名誉ではない

転職先が見つかるまでは、元からいた部署にいるにせよ、「追い出し部屋」に異動させられた後にせよ、自分から辞めてはいけない。これが原則論だが、心と体(特に前者)がどこまでもつかは個人差があるだろうと思う。

どこまで争うか、争う場合に管理職ユニオンなど外部の団体などを使うかなどは個人の問題だが、力尽きて辞める場合は会社都合が原則だ。そうでないと、失業保険がすぐにもらえない(もらえる総額も減る)。

?「会社都合は不名誉であり、経歴に傷が付く」というような脅しを巧妙に述べられることがあるかも知れないが、無視しよう。相手は、後の訴訟リスクが怖いか、退職金を値切りたいと思っているだけなのだ(注:自己都合で辞めた場合に、退職金が会社都合の場合の5~6割程度になるような規定を設ける会社が多い)。

実質的にクビになる人など世の中にたくさんおり、「会社都合退社が不名誉だ」などということはない。

一方、完全に満足できる転職先はまず見つからないだろうが、どこかで割り切って転職先を決めるべきだ。

また、「追い出し部屋」要員に指名された段階で、その会社・職場への未練は断ち切らねばならない。自分にとっても相手にとっても、意味のある仕事ができることが大切だ。

企業にとっても社員にとっても
不毛な「追い出し部屋」をなくすために

?「追い出し部屋」は使いようによっては、企業にとってコスト削減につながる工夫と言えないこともないが、そのあり様は、企業にとってもリストラされる社員にとっても「不毛」だ。

このような非人道的かつ経済的にも無駄なやり方をなくすためには、正社員の金銭補償による解雇の条件を、明確に決めるべきではなかろうか。

正社員の権利を弱めることにつながるが、人材の流動性が増すので、転職先は見つかりやすくなるはずだ。また、前述のように多くの中小企業では、何の補償もなく、社長の一存で「クビ!」がまかり通っているのが現状だから、解雇のルールを明確にすることは、「労働者全体にとって」であるなら、悪い条件変更ではないはずだ。

条件は、官僚や裁判所に裁量の余地がないシンプルなものがよい。

たとえば、勤続年数に応じた月数分の現収入を(12ヵ月くらいの上限を設ける方がいいかもしれないが)、退職金とは別に一時金として支払うことで、雇用主は社員を自由に解雇できると決めておく。

社員の側も一定額の補償が必ず貰えるし、雇用主側もリストラ費用について計画が立ちやすい。

?「追い出し部屋」のような社会のムダが生じない仕組みにしたい。



共通テーマ:日記・雑感

ソニーのハイレゾ・ウォークマン「NW-ZX1」

これまで一部の好事家の支持しか取り付けられなかったハイレゾ。しかし、昨年12月に発売され、予想外のヒットを記録したソニーのハイレゾ・ウォークマン「NW-ZX1」によって、その定説は覆った。アップルの参入も噂されるなど、ハイレゾをめぐる状況はここから大きな転換を迎えるかもしれない。突然シーンのキープレイヤーとして前線に躍り出たソニー。その担当者に今後の「ハイレゾシーン」の見通しと同社のヴィジョンを訊いた。

2013年12月に発売されたソニーのハイレゾ・ウォークマン「NW-ZX1」は同社の予想を超える需要を生み、一時在庫切れになった。14年3月に発表されたハイレゾプレーヤー「Pono」は「ハイレゾなんてふつうの人は聴き分けられない」と各メディアが非難するなか、Kickstarterで550万ドル(約6億円)を調達し、Kickstarter史上3番目に資金を集めたキャンペーンとなった。

そもそもハイレゾ音楽配信サーヴィス自体は、数年前から存在している。日本国内では「e-onkyo music」が05年に先陣を切り、08年には「ototoy」が参入し14年3月にはFLACおよびApple
Losslessにも対応している。しかし、コアな音楽ファンを超えてその話題が広まったことはこれまでほとんどなかった。「音楽を楽しむには、音の良さよりも利便性の方が大事。音質なんて一部の人しか求めていない」。それがこれまでの音楽の世界の常識だった。
それがいま、ソニーやアップル、Ponoがハイレゾへの注目を喚起しているのはなぜだろうか。
「ハイレゾプレイヤーこそが、インターネット時代の音楽の常識を覆すイノヴェイションを起こし得るのかもしれない」という仮説のもと、「NW­-ZX1」の開発に携わった、ソニーHES事業本部 V&S事業部事業部長の中川克也と、ソニーV&S事業本部 V&S戦略部統括部長の竹村昌樹に話を訊き、ハイレゾのこれからについて考えてみた。

「値段を無視してやりたいことを全部つめこんだ」というハイレゾ対応のウォークマンNW-ZX1。市価7万円前後という価格にも関わらず、国内で毎週、売上首位を独走した。

宣伝もあまりせず、在庫切れが続いたということはソニーにとっても予想外だった

販売してみて潜在需要を発見した典型的なケースだったと思います。

オーディオファイルだけの楽しみだった「最高に気持ちいい音」が、ミュージックラヴァーに解放される機会が訪れたのではないか

社員たちが自分自身のために、いろいろ勝手につくっていたんですね(笑)。会社の研究費を使って改造品をつくって、机にしまっていたんです。「なんでいままで製品化しなかったんだ?」と聞いたら、「仕事でやってくれと言われたことがなかったので」と(笑)。

なんだかソニーらしいエピソードですね。しかしMP3以降、音楽ファンは音質を求めてないことになっていましたからね。

不安があったのも正直なところです。それで2種類出しました。従来の製品をハイレゾ化したFシリーズと、値段を無視してやりたいことを全部つめこんだZX1です。

結果、高額なZX1の方が連続首位となった。

MP3は、インターネットの通信速度が遅かったから普及した技術です。カオの法則により、通信速度はCPUの進化よりも早く上昇していきます。フランスのQobuz社のように、ロスレスのflacでストリーミングする配信も出てきました。いずれストリーミングでハイレゾが流れる時代も来るでしょう。

8インチのHDDが登場すると、時代はメインフレームからワークステーションへ。5インチが登場するとデスクトップコンピュータの時代へ。2.5インチが登場すると、ノートPCが主流の時代となりました。そして1.1インチのHDDが出るとiPodが誕生し、いまのポストPCの世界へ向かっていくわけです。
数字の変化が、質的変化になる瞬間があり、それが業界に破壊的イノヴェイションを起こす。ハイレゾの音質追求も、MP3の20倍以上というところまで行った。これをヘッドフォンでも体感できるようにして、ミュージックラヴァーも「いい音」を満喫できるようにしたイノヴェイションなのかもしれません。

SXSWにはソニーのエンジニアも参加し、Ponoの試作品を触ってみて、十分戦える自信を得たと言っていました。マーケティング面でも、アーティスト自ら商品企画まで手掛けるニール・ヤングの活躍には感銘を受けております(Pono)。

音楽配信の進歩で、たくさんの音楽を知ることができるようになりました。しかし「知る」というフェーズと、「何度も楽しむ」というフェーズはちょっと違うと思うのです。わたしたちは音楽配信を新しいフェーズへ橋渡ししようとしています。知るのは無限です。しかし本当のお気に入りは有限ですね。無限から有限に移った後の世界を、もっと素晴らしくしようとしているのです。

音楽のコモディティ化は、つくっている人からすると「冗談じゃない」という気持ちがありますよね(笑)。人生かけてつくってるんですからね。

コモディティ化の根本には、「音楽は無料であるべき」という共産主義的な世界観もありました。

現在、オーディオ市場では3つの売れ筋があります。ハイエンドのヘッドフォン、テレビに添えるサウンドバー、それとトランスデューサー(一体型ワイヤレススピーカー)です。今回、すべてのカテゴリでハイレゾの製品を出していますが、トランスデューサーは女性とハイレゾの事も意識して、デザインしています。SRS-9ですね。

みなさん、家庭で音楽を聴かなくりました。夫婦で、それぞれ音楽の趣味が違うというのもありますが、断捨離でまず妻に目をつけられるのが大きなスピーカーなんです(笑)。「あなた月に1度しか聴いてないでしょ」と。それで小型で、デザイン的に存在が消えていて、音がよくて、というコンセプトでSRSシリーズをつくりました。

ZX-1は、お客様自身が製品を持って「すごいぞすごいぞ」とまわりの人に宣伝してくださいました。



共通テーマ:日記・雑感

世界最大級の「植物工場」、宮城に新設 宮城県で、世界最大級のLED照明を使った屋内レタス農場がオープンした。クリーンルームの無農薬栽培で、既存の農法と比べて面積効率は100倍、成長速度は2.5倍、水の使用は1%という。

世界最大級の「植物工場」、宮城に新設
宮城県で、世界最大級のLED照明を使った屋内レタス農場がオープンした。クリーンルームの無農薬栽培で、既存の農法と比べて面積効率は100倍、成長速度は2.5倍、水の使用は1%という。

ーーーー
日本の原発設置基準は世界最高なんて嘘を言ってないで
こういうのをもっと産業として大きく育てたらいいのに

三浦農家の終わりは近いのか


共通テーマ:日記・雑感

まず打席に立たねば、ヒットも打てない。若い人に言いたいことは、君たちはすでに打席に立っている。しかし、そこが打席かどうか気づいていない人の数はとても多い、ということです。

まず打席に立たねば、ヒットも打てない。若い人に言いたいことは、君たちはすでに打席に立っている。しかし、そこが打席かどうか気づいていない人の数はとても多い、ということです。

共通テーマ:日記・雑感

資金調達できる仕組み以前に、起業してリスクを取ることに寛容さがなくては始まりません。失敗を許容しない限り、ウェブ的な“永遠のβ版文化”というのは理解されない。そして、そのような多様性を担保しない社会は、今後ともに豊かとはいえません。 その点、ネットは、既存の社会に異なる次元を持ち込んだわけです。ネットという次元ができた瞬間に、そこでは常に革新が起きてきた。今後はそれをどう現実世界に拡張できるのか。

資金調達できる仕組み以前に、起業してリスクを取ることに寛容さがなくては始まりません。失敗を許容しない限り、ウェブ的な“永遠のβ版文化”というのは理解されない。そして、そのような多様性を担保しない社会は、今後ともに豊かとはいえません。
その点、ネットは、既存の社会に異なる次元を持ち込んだわけです。ネットという次元ができた瞬間に、そこでは常に革新が起きてきた。今後はそれをどう現実世界に拡張できるのか。


共通テーマ:日記・雑感

スマホよりもっとエポックメイキングなものがいつ登場するかわかりませんよね。そのうちオプトインで肉体に埋め込むデヴァイスだって現れるかもしれない。 ただ、脳内への挿入はさすがに倫理的な抵抗があります。その点でスマホではどうしても超えられない壁があって、人の脳に電極を刺して入力するときの「一瞬」に勝てないタイムラグが、アナログの最後の砦だと言えるでしょう。ある情報を見たときにその人がどう考えるのか、そしてどういう行動に遷移させるのかという、信号と感情を司る部分──人とデヴァイスの間の「最後の数十センチ」をどう

スマホよりもっとエポックメイキングなものがいつ登場するかわかりませんよね。そのうちオプトインで肉体に埋め込むデヴァイスだって現れるかもしれない。
ただ、脳内への挿入はさすがに倫理的な抵抗があります。その点でスマホではどうしても超えられない壁があって、人の脳に電極を刺して入力するときの「一瞬」に勝てないタイムラグが、アナログの最後の砦だと言えるでしょう。ある情報を見たときにその人がどう考えるのか、そしてどういう行動に遷移させるのかという、信号と感情を司る部分──人とデヴァイスの間の「最後の数十センチ」をどう埋めるかが勝負になると思います。


共通テーマ:日記・雑感

ただ言えるのは、オキュラス・リフトのヤバさはもう、ここ5〜6年で見たテクノロジーのなかでもダントツ。 ──何がすごいんですか。 80年代に提唱されたサイバーパンクの世界がやっと実現したか、という感じですね。いったん身につけたら人類はもう、オキュラス・リフトの中から出てこられない気もする。目の前に展開される仮想の空間に、好きなだけいられる。究極の引きこもりツールですよ(笑)。 オキュラス・リフトは「肉体」というセンサーを騙すのが巧妙なので、疑似体験が「疑似じゃない」。これまでのツールは錯視などを利用して脳を

ただ言えるのは、オキュラス・リフトのヤバさはもう、ここ5〜6年で見たテクノロジーのなかでもダントツ。
──何がすごいんですか。
80年代に提唱されたサイバーパンクの世界がやっと実現したか、という感じですね。いったん身につけたら人類はもう、オキュラス・リフトの中から出てこられない気もする。目の前に展開される仮想の空間に、好きなだけいられる。究極の引きこもりツールですよ(笑)。
オキュラス・リフトは「肉体」というセンサーを騙すのが巧妙なので、疑似体験が「疑似じゃない」。これまでのツールは錯視などを利用して脳を騙そうとしてきたし、その綻びゆえに、脳が仮想体験を補完してきました。でも、オキュラス・リフトによって、肉体が本当に体験してきたようになるわけです。ちょっと小難しい言い回しになりますが、「仮想世界の実体験」がオキュラス・リフトの真骨頂かと。
エンターテインメントの分野以外でも、例えば火を噴く火山や月面のように、人が歩けない地点の状況をシミュレーションすることができますよね。建築の現場でも、シミュレーションをよりリアルに再現できる。オキュラス・リフト自体はすでにあった技術を組み合わせたものでしかありませんが、生み出せる体験が大きな意味をもつわけです。


共通テーマ:日記・雑感

氷を食べて痩せる、「熱量」ダイエット 体は氷を溶かすときにカロリーを消費する──このことを利用した「氷ダイエット」をアメリカの科学者が提案している。 アイデアは単純で、天才的だ。 氷を大量に食べるとき、わたしたちの体は氷を溶かすためにエネルギーを消費する。氷ダイエットを発明した胃腸病学者、ブライアン・ワイナーの計算によると、1日1Lの氷は、数キロメートルのランニングと同じだけ、つまり約160キロカロリーを消費させる。 凍っている分の熱量を、差し引く 彼のアイデアは科学雑誌「Annals of In


氷を食べて痩せる、「熱量」ダイエット
体は氷を溶かすときにカロリーを消費する──このことを利用した「氷ダイエット」をアメリカの科学者が提案している。

アイデアは単純で、天才的だ。
氷を大量に食べるとき、わたしたちの体は氷を溶かすためにエネルギーを消費する。氷ダイエットを発明した胃腸病学者、ブライアン・ワイナーの計算によると、1日1Lの氷は、数キロメートルのランニングと同じだけ、つまり約160キロカロリーを消費させる。

凍っている分の熱量を、差し引く

彼のアイデアは科学雑誌「Annals of Internal Medicine」で発表されていて、ワイナーはその後、無料でダウンロードできる電子書籍を執筆している。
冷たい食べ物、凍った食べ物であれば、その分カロリー計算を減らすよう考慮すべきだというのが彼の考えだ。さらに、心理的な意味もある。凍った水を食べることにより、口と胃を満たして、空腹感を先延ばしにすることができる。
言ってみれば、痩せるために食べるのだ。例えば、デザートにケーキではなくフルーツのアイスキャンディーを食べるなら、健康にいいだけでなく、フルーツのカロリーからさらに、氷を温めるために体が消費するカロリーを差し引くことができる。
実践しても体に害はない。ただし、いくつかの規則は守らなければならない。まず、1日に氷1Lを超えないこと。でないと、不快な寒気に襲われて、各器官の機能を害する可能性のある、低体温症の危険を冒すことになる。この医師は、「The Atlantic」にそう説明している。
このダイエットは、これからの季節にうってつけだ。しかし、当然のことながら、ランニングの後には氷を口にしないように。消化のリスクだけでなく、身体運動によって発生した熱が氷によって中和されて、消費されるカロリーを減らしてしまうからだ。
さらに、歯に注意すること。なぜなら、氷をかみ砕くことで歯や歯ぐきを傷つけるかもしれないからだ。したがって、ジェラートやアイスキャンディーでそうするように、氷を口の中で溶けさせる方がずっといい。


共通テーマ:日記・雑感

SXSWとは何か

http://www.cbc-net.com/blog/akiko-saito/?p=359

http://sxswnow.jp/

http://wired.jp/2012/05/21/sxsw-event/

行った誰もが「すごかった」と言って帰ってくる、
あの伝説の「SXSWインタラクティブ」
The South by Southwest
ヒッチコックの映画「North by Northwest」(北北西に進路を取れ)
をもじって名付けられました

・2,000プログラム以上の講演・セミナー・勉強会
・参加者のためのミートアップイベント
・スタートアップのコンペティション「SXSW Interactive Accelerator」
・スタートアップ企業と投資家の出会いの場「SXSW Startup Village」
・スタートアップ企業らが出展する見本市
・革新的な作品を表彰するアワード「SXSW Interactive Awards」
・コンシューマーゲームの見本市「SXSW Gaming Expo」
・プロフェッショナルが7分間だけマンツーマンで教えてくれる「Mentor Session」

その他にもSXSWと時期を同じくしたイベント
・Googleやマイクロソフト、Yahoo、サムソン、Spotify
らのIT企業による自社パビリオン
・Twitter主催のナイトパーティ(フライングロータスなんかが出演)
が街中で行われる


共通テーマ:日記・雑感

この数年で発達相談児の数が増えていると宮崎氏は言う。全国の療育センターで傾向は同様と見る。特徴は、精神遅延や脳性まひの小児は横ばいなのに対して、知的な遅延がないが発達に偏りのある発達障害の小児が急増していることだ。

 第23回日本外来小児科学会年次集会の発達障害をテーマとしたシンポジウムで壇上に立った福岡市立西部療育センター長で、小児科の宮崎千明氏は、発達障害の見られる幼児が増えていると指摘。今や喘息を持つ小児の頻度よりも高いのではないかと述べた。その上で、早期の気付きで早期に対応する体制を作るのが大切だと訴えた。

 この数年で発達相談児の数が増えていると宮崎氏は言う。全国の療育センターで傾向は同様と見る。特徴は、精神遅延や脳性まひの小児は横ばいなのに対して、知的な遅延がないが発達に偏りのある発達障害の小児が急増していることだ。乳幼児健診や医療機関の相談で受診するのは2-3歳がピークで、最近では4-5歳の保育園や幼稚園に通う幼児の相談が増えている。宮崎氏によると、生まれた子どもの7-8%は療育センターに相談に来る。喘息の小児は5%前後の頻度であるから、発達障害の頻度の方が上回るのではないかと、宮崎氏は推定する。男児が女児の2.5倍と男児で多い。

 注意欠陥多動性障害、学習障害、自閉症スペクトラム障害などの診断名そのものは同一でも小児によって症状は多岐にわたっている。複数の診断が重なることもあるという。人との関わり、社会性、学習力、感覚、運動機能、注意力、理解力など、医師、教師、保育士、保護者など、立場によっても異なってくる。

 校医やかかりつけ医としてできることについて、宮崎氏は「丁寧な乳幼児健診をして、発達障害を見つけ出してほしい。保護者の相談窓口としての役割がある」と指摘する。保護者や小児が安心できるよう見通しを付けて、納得してもらう工夫は良いという。小児科では、待合室や診療場面での行動観察は気付きのために大切と説明する。専門の療育機関にうまくつないでほしいと要望する。保護者らは不安が大きく、白黒付けるのを迫られるような気持ちになっているという。粘り強く向かい合って、必要があれば早期に介入するのが予後の好転につながってくる。

 保護者の了解を得られれば、幼稚園や保育園と連携するのは有効。療育センターも含めた連携を取りやすくし、より良い支援につながってくる。「療育センターや教育機関だけではなく、医師らも積極的に工夫しながら取り組むのが理想」と宮崎氏は期待する。


共通テーマ:日記・雑感

小保方晴子氏の代理人、三木秀夫弁護士がまとめた事件の全容 7月23日午後5時半ごろから、神戸理研の敷地外で、バイク隊みたいなのが控えているのを理研関係者が気付き、小保方氏に連絡があった。このため、通常の付き人運転の乗用車ではなく、タクシーにて、午後7時半頃に理研を出て、一旦、神戸市内のホテルに入って、タクシーから、本来の乗用車に乗り換えた。 その後に、その車でホテルを出たところ、バイク隊に追い掛けられていることが分かって、その尾行を撒くために、再度、ホテルに戻って、小保方氏は女子トイレに入った。 午

小保方晴子氏の代理人、三木秀夫弁護士がまとめた事件の全容 
7月23日午後5時半ごろから、神戸理研の敷地外で、バイク隊みたいなのが控えているのを理研関係者が気付き、小保方氏に連絡があった。このため、通常の付き人運転の乗用車ではなく、タクシーにて、午後7時半頃に理研を出て、一旦、神戸市内のホテルに入って、タクシーから、本来の乗用車に乗り換えた。 
その後に、その車でホテルを出たところ、バイク隊に追い掛けられていることが分かって、その尾行を撒くために、再度、ホテルに戻って、小保方氏は女子トイレに入った。 
午後9時ごろロビー階のトイレから出てきたところを、突然隠れていた人達が出てきて小保方晴子さんですねといわれ(本当にびっくりして、怖かったという)、またNHKですと言われ、囲まれた。無視して近くのくだりのエスカレーターに乗ったら本人の前後を取り囲み、2台のカメラを顔付近まで寄せられて、質問攻めにあった。付き人がやめてくださいと言ったが、やめなかった。 
逃げてロビーから下の階へ降りる下りのエスカレーターに乗った際に、小保方氏の背後(上方)と前方(下方)の両方に挟まれてカメラを向けられた。小保方氏はエスカレーターの途中でこのまま下に着いたら、本当に取り囲まれてしまい、逃げられないと思い、エスカレーターを逆走してホテルのスタッフとかお客さんがいる、ロビー階に戻ろうとした。この際、カメラマンたちと接触したり、エスカレーターにぶつかったりした。 
そのまま、ロビー階でも追いかけて、カメラを回し、質問を継続投げかけた。質問書を読みましたかとか、大きな声をだしていた(ロビーゆえに他の人たちもいた)。なんとか、チェックインを終えた団体客が載って締まりかけのエレベーターに乗り、一旦は逃れた。しかし、エレベーターで再度ロビー階で、記者が乗ってきたので、降りて、ロビー階のトイレに逃げた。ところが、女性スタッフが追いかけてきて、小保方氏が隠れている状況を外に向かって連絡していた。 
その後、付き人がホテルのスタッフに助けを求めた結果、ホテルスタッフが助けに来て、その誘導のもとで 従業員通路から脱出するに至ったものである。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
NHKが27日夜に、STAP細胞の論文問題を特集した「NHKスペシャル」(後9・00)を放送した。今回放送を巡っては、23日夜にNHK取材班が理化学研究所の小保方晴子氏に対し強引な追跡取材を行い負傷させたとして、小保方氏に謝罪したが、番組内容は“強気姿勢”を崩さず、独自取材・分析による疑問点を提示。番組内で小保方氏に向け回答を求めた。 

 27日の同番組は、大ヒットドラマ「半沢直樹」でもナレーションを務めた山根基世アナの語りで進行した。 

 番組では「私たちは2000ページ近くに及ぶ内部資料を入手した」と宣告。その中には「Haruko」と書かれた小保方氏の実験ノート2冊のコピーも存在するとした。 

 小保方氏が作った細胞の万能性を証明する「キメラマウス」の作成に関しては、実験ノートに「キメラ生まれず」の記載もあり、難航した様子を指摘。そのうえで「キメラマウス」作成に初めて成功したとされる11年11月の2ページには、カレンダーに「キメラ実験」の文字はあるが、詳細な記述がないことも指摘。「実験成功の記述はどこにあるのか。小保方氏に文書で質問したが答えは返ってこなかった」とし、この点が23日の追跡取材での質問ポイントのひとつだったことを示唆した。 

 また、大阪大学など複数の大学教授が実名で出演し、小保方氏の論文を分析した結果、「理研が不正認定したのは2点だが、140点ある画像、グラフの7割以上に、何らかの疑義、不自然な点があるとの指摘があった」とした。 

 さらに小保方氏のSTAP研究に別の万能細胞であるES細胞が混入されたのではと指摘がある件では、問題発覚後に小保方氏の研究室の冷凍庫から見つかった、ES細胞入りの試験管の写真を提示。そのES細胞が「別の研究で解析中のもの」で、昨年に別場所に移動させているべきものだったと指摘。このES細胞を作ったとされる学生の「びっくりした。私が小保方さんに渡したものではない」と証言を紹介し、番組は「私たちはこうした疑問に答えてほしいと考えている」と要望した。 

ーーーーー
STAP細胞の存在と新たな研究施設建築は別問題なはずなのに、今回の放送にわざと入れ込む。これから来年度予算の枠組みが決まる。となると、多分、財務省からの理研、理系の予算削減と特別独立法人の認可(無期)延期が放送目的でしょう。この番組を持って、政府筋はSTAPから手を引くことを天下に公言したものだろう。 

理研側の説明をする理事(多分わざとアップにした映像のおばさん)の放送分は10秒くらい。あの首飾りといい、発言といい、私の周囲では概ね全員が印象最悪と語っている。でも、あれが内部統制の現実なんでしょう。箝口令も引かれたという。旧帝国日本軍の様子を見ているようだ。

小保方研究室のES細胞写真や2000ページの内部資料、実験ノートの映像は内部告発者がいるという疑心暗鬼が生じるでしょうね。

オウム真理教のとき、テレビで散々屁理屈を展開した人たちを思い出す。

国際的な特許申請にからむ不正が発覚した場合には国際的な刑事罰が下される。 
個人だけではなく、理研も女子医大も特許申請に組織として名を連ねている。 
女子医大なら民間組織だから、組織が消滅するのは勝手にどうぞと言えるが、理研の場合は国家機関だからそうはいかない。日本政府にまで飛び火するのは必至である。 
このまま、現状維持にして、うやむやにして、STAP細胞の特許の申請に関わる全ての国から特許不認可という判断が下るまで、じっと耐えるしかないのが今の理研の現状なのである。 
絶対に不正や捏造だったなんて言えないのである。 
実験をしている振りをしてでもいいから、現状維持でやっていくしかない。くびにしたら何を喋るか分からない。あらぬ事を喋られたら、一貫の終わりである。理研で飼い殺しにしておくしかないのである。 
Natureの論文がリトラクトされたことで、特許の認可がおりることはないのだろうが、まだ宙に浮いたままなのである。 
ーーーーー
しかしやはり分からないですね。いつもこんな事をしていたと考えるしかない。いつものことなのにどうして咎められるのか憤りを感じる、というような程度には思っているのだろうと思う。
人間って、そういうものですよねとしか言えない。


共通テーマ:日記・雑感

“私は間違っているが世間はもっと間違っている” ヒトラー名言集

“私は間違っているが世間はもっと間違っている”
ヒトラー名言集



共通テーマ:日記・雑感

はな

tumblr_n9fa5zdo311qeku48o1_1280.jpg

共通テーマ:日記・雑感

ネコ

tumblr_n06p3jMSAT1rldi5oo1_500.gif

共通テーマ:日記・雑感

男はいつまでもコドモである

tumblr_n9dz7pqhEX1qzhd2bo1_500.png

共通テーマ:日記・雑感

ねこ

tumblr_n9dbzkstrH1rl1jado1_1280.jpg

tumblr_n9dbzkstrH1rl1jado2_1280.jpg

共通テーマ:日記・雑感

"君は君の世界で 君だけの言葉を綴る。"

"君は君の世界で 君だけの言葉を綴る。"

共通テーマ:日記・雑感

“他人がしていることなど、忘れること。彼らがどこにいるか、なにを所有しているかなど、いちいち気にするのをやめるて、自分の道を歩いていこう。  不安に苛まれるのは、自分のおかれた環境を、他の人のそれと比較してしまうから。自分の心の声を聞くより、世間の雑音が耳に入ってくるものだが、他人と自分を比べるのはやめたほうがいい。心を乱すものは無視すること。自分の内なる声に耳を傾け、自分のことだけ気にかけよう。  自分の幸せと大きな目標を大切にして、日々それに打ち込むこと。ひとりで歩み、それを楽しむことを恐れないこ

“他人がしていることなど、忘れること。彼らがどこにいるか、なにを所有しているかなど、いちいち気にするのをやめるて、自分の道を歩いていこう。

 不安に苛まれるのは、自分のおかれた環境を、他の人のそれと比較してしまうから。自分の心の声を聞くより、世間の雑音が耳に入ってくるものだが、他人と自分を比べるのはやめたほうがいい。心を乱すものは無視すること。自分の内なる声に耳を傾け、自分のことだけ気にかけよう。

 自分の幸せと大きな目標を大切にして、日々それに打ち込むこと。ひとりで歩み、それを楽しむことを恐れないこと。なにも知らない他人の否定的な言葉や、人のドラマチックな出来事を気にして、力を尽くすのをおろそかにしないで。”
幸せな人が絶対にしない6つのこと 


共通テーマ:日記・雑感

“ あなたが他人と比較したり、競争したりせずに、自分自身でいることに満足していれば、おのずと人はあなたを尊敬してくれる。もっと重要なのは、あなた自身が自分に誇りをもてることだ。  どうして、他人にあなたのレッテルを貼らせるのか? 誰もあなたのことを決めつけることなどできないとわかれば、違ってくるのでは?誰にもあなたを決めつける権利などない。人はあなたの話を聞いて、あなたのことがわかった気でいるかもしれないが、彼らはあなたが味わった感覚を体感することはできない。彼らはあなたの人生を生きているのではないのだ

“ あなたが他人と比較したり、競争したりせずに、自分自身でいることに満足していれば、おのずと人はあなたを尊敬してくれる。もっと重要なのは、あなた自身が自分に誇りをもてることだ。

 どうして、他人にあなたのレッテルを貼らせるのか? 誰もあなたのことを決めつけることなどできないとわかれば、違ってくるのでは?誰にもあなたを決めつける権利などない。人はあなたの話を聞いて、あなたのことがわかった気でいるかもしれないが、彼らはあなたが味わった感覚を体感することはできない。彼らはあなたの人生を生きているのではないのだから。

 だから、他人があなたについて考え、語ることなど忘れること。自分について、あなた自身がどう感じるかだけを考え、一番いいと思う道を歩き続けよう。

 誰かがあなたのことをなにか言う。それが真実であろうがなかろうが、そんなことは問題ではない。いずれにしても、他人があなたについてあれこれ言うことは、あなたの問題ではない。そんなことを言う彼らのほうに問題がある。”
幸せな人が絶対にしない6つのこと


共通テーマ:日記・雑感

“「自分が既に持っている常識が、新しい可能性を知らないうちに排除してしまうことがあるって」”

“「自分が既に持っている常識が、新しい可能性を知らないうちに排除してしまうことがあるって」”

共通テーマ:日記・雑感

“ただ、心配しなくていい。それでも磁極の反転には数百年、あるいは1,000年はかかると見られている。また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ。” 地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている

“ただ、心配しなくていい。それでも磁極の反転には数百年、あるいは1,000年はかかると見られている。また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ。”
地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている 



共通テーマ:日記・雑感

“金箔の貼られた屏風なども、上からの照明で見ると背景が黒く沈んでしまいます。けれども、屏風と云うものが置かれた環境を考えた時、上から照明が当たることは本来考えられません。昔は天井に照明はありませんから、基本的には昼は窓から、夜は燭台からの横に入ってくる光の下で見たはずです。横から光を当ててみると、金箔と云うのは透けて見えるのです。  これを美術館で体験するには、しゃがんで見るのが一番です。少し見上げるようにして見てみると、光の入射角が変わって、途端に金がふわっと明るくなります。奥行きが出て、一種のイリュー

“金箔の貼られた屏風なども、上からの照明で見ると背景が黒く沈んでしまいます。けれども、屏風と云うものが置かれた環境を考えた時、上から照明が当たることは本来考えられません。昔は天井に照明はありませんから、基本的には昼は窓から、夜は燭台からの横に入ってくる光の下で見たはずです。横から光を当ててみると、金箔と云うのは透けて見えるのです。
 これを美術館で体験するには、しゃがんで見るのが一番です。少し見上げるようにして見てみると、光の入射角が変わって、途端に金がふわっと明るくなります。奥行きが出て、一種のイリュージョンのように感じられるはずです。”
『ヘンな日本美術史』 山口晃


共通テーマ:日記・雑感

“水中で酸素ボンベを無駄とは言わないし、月面で宇宙服を贅沢とは言わない。21世紀の日本に於いて空調装置は「快適さを求める機械」ではなく「生命維持装置」なのだ。電気代の支払いで即死はしないが熱中症は下手すりゃ3時間で死ぬし運良く救急搬送されても医療費は8万円強。クーラーは消すな。”

“水中で酸素ボンベを無駄とは言わないし、月面で宇宙服を贅沢とは言わない。21世紀の日本に於いて空調装置は「快適さを求める機械」ではなく「生命維持装置」なのだ。電気代の支払いで即死はしないが熱中症は下手すりゃ3時間で死ぬし運良く救急搬送されても医療費は8万円強。クーラーは消すな。”

共通テーマ:日記・雑感

“もう、あのロビーで会うこともないんだな。と思う。 人が死ぬということはそういうことだ。もう会うことがなくなる。 それだけだ。あとは変わらない。”

“もう、あのロビーで会うこともないんだな。と思う。
人が死ぬということはそういうことだ。もう会うことがなくなる。
それだけだ。あとは変わらない。”


共通テーマ:日記・雑感

“「プレミアム」という言葉がすっかり「貧乏人のお楽しみ」みたいな意味になってしまった。”

“「プレミアム」という言葉がすっかり「貧乏人のお楽しみ」みたいな意味になってしまった。”



共通テーマ:日記・雑感

“ かつて取材でオランダを訪れた際の、地元の人達の慎ましい生活ぶりが記憶に残っている。あるオランダ人の友人は、自分たちをこう評していた。  「私たちは毎日、何事もなく生活できていることが幸せと感じられる。刺激的ではないのかもしれないけど、柔軟で穏やかな国民性だと思う」  毎日昼食でパンにチーズとハムを挟んだだけのサンドイッチを食べ続けても、彼らは飽きることもないという。 ”

かつて取材でオランダを訪れた際の、地元の人達の慎ましい生活ぶりが記憶に残っている。あるオランダ人の友人は、自分たちをこう評していた。

 「私たちは毎日、何事もなく生活できていることが幸せと感じられる。刺激的ではないのかもしれないけど、柔軟で穏やかな国民性だと思う」

 毎日昼食でパンにチーズとハムを挟んだだけのサンドイッチを食べ続けても、彼らは飽きることもないという。



ーーーーー
今回の飛行機事故でオランダは最多数の犠牲者を出したことから
調査の中心となることになった

これは一番怒っている人が調査の中心になるということで
客観性から遠くなる可能性がある
もともとオランダはロシアと喧嘩の最中である(北極油田の件、大使館No2を攻撃し合った件)

利害から離れた客観的な調査が可能な人達が世界にはいるはずで、
その人達に調査の中心部分を任せるべきだと思うのだが、どうだろう

オランダ人が全般に刺激的でないとは思わないし好戦的でないとも思わない
柔軟で穏やかな人達もいるのだろうが
そうでない人達もまた多い印象である

ーーーーー
そういえば、マレーシア航空機でオランダ人多数が犠牲になった事件で
事故の写真について疑問が呈されている

犠牲者の遺体役をするクライシス・アクターというものが紹介されていたり
どうしてタイミングよく撮影出来たのかとか
高度1万メートルから墜落して機体がバラバラになっているのに人間の体はさほどバラバラになっていない
自己の最初の頃に詳細な映像で報道したのは西側諸国の側だったとか
爆発のあとの映像とか写っていそうなものだけれども、それがないとか


共通テーマ:日記・雑感

“個人的な「嫌い」が、いつのまにか「間違っている」に摩り替わる不思議”

“個人的な「嫌い」が、いつのまにか「間違っている」に摩り替わる不思議”

ーーー
これは夫婦とか親子の場合によく起こる
民主主義的な批判を封殺しているときに起こりがちである
客観的で論理的な議論を拒否する場所で起こりやすい

共通テーマ:日記・雑感

“他者を知ることは知恵であり、自分自身を知ることは悟りである。(老子)”

“他者を知ることは知恵であり、自分自身を知ることは悟りである。(老子)”

ーーー
知的には大人であるが
感情や自己コントロールにおいて、また他者への共感性においては
未成熟である人が多くなっている

たとえば理系出身の技術者がわかりやすいが
通信技術の専門家で
無線通信での情報量の拡大を研究しているとする
すばらしい知的な営みである

その同じ人が
プライベートな場面では
スマホを使って実に原始的な会話をしているのである

その人の浮気がバレて、妻に見られた時など
『あなたはもっと賢い人かと思っていたのに』
などと言われる

よく言われることであるが
科学や技術の分野では
世代間で蓄積ができるのでどんどん進歩する
一方、個人的な内的な成熟については
本を読んで理解すればそれで卒業というわけにはいかない

ドラマや映画で擬似体験してそれで自分の行動や思考を変えられるなら
とてもいいのだが
実際に自分が経験して初めて身にしみるというのが普通の人間だろう

ーーー
従来、本来的な精神病とは、
他者と共有不可能な側面があるのだと考えられてきたところがあると思う
同じ病名で一括してくくられているとしても、
その分類の内部の各人が根本部分を共有しているとも思えないのである

それを共感能力の低下や欠如と考えることもできるだろうし
微細に見ると本当に違う経験なのかもしれない

脳のような複雑な器官が壊れるときに
それほど単純な壊れ方をするとも思えない

たとえば電話のことを考えると
電話機が壊れても通信施設が壊れても停電になっても
要するに「通話できない」という困難を感じるだけである
これを共通と考えるか、個別と考えるか、立場によるということになるだろう

共通テーマ:日記・雑感