So-net無料ブログ作成

How to brand a disease -- and sell a cure

How to brand a disease -- and sell a cure

 Editor's note: Dr. Carl Elliott, an M.D. and Ph.D., is the author of "White Coat, Black Hat: Adventures on the Dark Side of Medicine" (Beacon Press, 2010).

(CNN) -- If you want to understand the way prescription drugs are marketed today, have a look at the 1928 book, "Propaganda," by Edward Bernays, the father of public relations in America.

For Bernays, the public relations business was less about selling things than about creating the conditions for things to sell themselves. When Bernays was working as a salesman for Mozart pianos, for example, he did not simply place advertisements for pianos in newspapers. That would have been too obvious.

Instead, Bernays persuaded reporters to write about a new trend: Sophisticated people were putting aside a special room in the home for playing music. Once a person had a music room, Bernays believed, he would naturally think of buying a piano. As Bernays wrote, "It will come to him as his own idea."

Just as Bernays sold pianos by selling the music room, pharmaceutical marketers now sell drugs by selling the diseases that they treat. The buzzword is "disease branding."

To brand a disease is to shape its public perception in order to make it more palatable to potential patients. Panic disorder, reflux disease, erectile dysfunction, restless legs syndrome, bipolar disorder, overactive bladder, ADHD, premenstrual dysphoric disorder, even clinical depression: All these conditions were once regarded as rare until a marketing campaign transformed the brand.

Once a branded disease has achieved a degree of cultural legitimacy, there is no need to convince anyone that a drug to treat it is necessary. It will come to him as his own idea.

Disease branding works especially well for two kinds of conditions. The first is the shameful condition that can be destigmatized. For instance, when Pharmacia launched Detrol in the late 1990s, the condition the drug treated was known to doctors as "urge incontinence." Patients called it "accidentally peeing in my pants" and were embarrassed to bring it up with their physicians.

Pharmacia fixed the problem by rebranding the condition as "overactive bladder." Whereas "incontinence" suggested weakness and was associated mainly with elderly women, the phrase "overactive bladder" evoked a supercharged organ frantically working overtime.

To qualify for a diagnosis of "overactive bladder," patients did not actually have to lose bladder control." They simply needed to go to the bathroom a lot.

The vice president of Pharmacia, Neil Wolf, explained the branding strategy in a 2002 presentation called "Positioning Detrol: Creating a Disease." By creating the disease of "overactive bladder," Wolf claimed, Pharmacia created a market of 21 million potential patients.

Another good candidate for branding is a condition that can be plausibly portrayed as under-diagnosed. Branding such a condition assures potential patients that they are part of a large and credible community of sufferers. For example, in 1999, the FDA approved the antidepressant Paxil for the treatment of "social anxiety disorder," a condition previously known as "shyness."

See more CNN.com opinion articles

In order to convince shy people they had social anxiety disorder, GlaxoSmithKline, the maker of Paxil, hired a PR firm called Cohn and Wolfe. Cohn and Wolfe put together a public awareness campaign called "Imagine being allergic to people," which was allegedly sponsored by a group called the "Social Anxiety Disorders Coalition."

GlaxoSmithKline also recruited celebrities like Ricky Williams, the NFL running back, and paid them to give interviews to the press about their own social anxiety disorder. Finally, they hired academic psychiatrists working on social anxiety disorder and sent them out on the lecture circuit in the top 25 media markets.

The results were remarkable. In the two years before Paxil was approved for social anxiety, there were only about 50 references to social anxiety disorder in the press. But in 1999, during the PR campaign, there were over a billion references.

Within two years Paxil had become the seventh most profitable drug in America, and Cohn and Wolfe had picked up an award for the best PR campaign of 1999. Today, social anxiety disorder, far from being rare, is often described as the third most common mental illness in the world.

It is hard to brand a disease without the help of physicians, of course. So drug companies typically recruit academic "thought leaders" to write and speak about any new conditions they are trying to introduce. It also helps if the physicians believe the branded condition is dangerous.

When AstraZeneca introduced Prilosec (and later Nexium) for heartburn, for example, it famously repositioned heartburn as "gastroesophageal reflux disease," or GERD. But it also commissioned research to demonstrate the devastating consequences of failing to treat it.

If all drugs were harmless, disease branding would be relatively harmless, too. But no drug is completely benign.

For example, Detrol can make elderly people delirious and may cause memory problems. Paxil is associated with sexual dysfunction and dependence. It also carries a black-box warning for suicide in children and adolescents. Side effects like these are a part of every drug. But they are never part of the brand.

The opinions expressed in this commentary are solely those of Carl Elliott.



共通テーマ:日記・雑感

うつ病治療の流れ

201201181.GIF

共通テーマ:日記・雑感

カワセミは川底に激突しない

カワセミは川の上の樹の枝に止まっている
飛び降りて川底にいる魚を口に加えて
再び飛び上がる

水中ビデオを見ると
カワセミは川底に激突する勢いで突撃するが
川族にくちばしが激突する直前で
急ブレーキをかけて
捕獲と同時に飛び上がる

一体どのようにしてあんなにうまく
ブレーキを掛けられるのだろう
うっかりするとくちばしが川底に激突するというのに

共通テーマ:日記・雑感

電子機器が日本語を変える、そして対人関係を変えて、精神構造を変える、

フェイスブックやツィッターで集まった人たちがデモ行進をする
これが新しい形で
アラブの春も、
日本の春も、そして中国の春もと考えている

それは素晴らしいことだろう
若者は不可能を可能にして手前に進む

しかしまた一方で思うのだが
電子機器が日本語を変える、そして対人関係を変えて、精神構造を変える、
その果てに何があるのか、私は怖い

共通テーマ:日記・雑感

流れてゆくだけの言葉が複製されて洪水になっている

ただ流れてゆくだけの言葉が
複製され、引用され、洪水のように流れてゆく

人間の意識はただそれに乗っているだけのようだ

いっそ読み書きもできない人が
言葉の意味ではなく
言葉の話し方とかを手がかりにして生きたほうが
まともに生きられるのかもしれない 



共通テーマ:日記・雑感

365日☓80年=28000日 そのうちは永遠に来ない

永遠の命を願う人に限って雨が降った日曜日の過ごし方もわからない

いつかできることはすべて今日もできる

人生の節目となる瞬間は、自分でそれと分からない

「僕はずっと山に登りたいと思っている。……でも明日にしよう」 
おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。 

今日やらなければ明日はもっと大きな勇気が必要になる

365日☓80年=28000日


共通テーマ:日記・雑感

言葉に気をつけなさいそれはいつか行動になるから

(マザー・テレサの言葉より)

思考に気をつけなさいそれはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさいそれはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさいそれはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさいそれはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさいそれはいつか運命になるから。



共通テーマ:日記・雑感

Interpersonal Therapy - An Overview

Interpersonal Therapy - An Overview

 

Introduction

  • Interpersonal Psychotherapy (IPT) is a brief and highly structured manual based psychotherapy that addresses interpersonal issues in depression, to the exclusion of all other foci of clinical attention. This approach has allowed ready modification of the original treatment manual for depression to a variety of illnesses.


  • IPT has no specific theoretical origin although its theoretical basis can be seen as coming from the work of Sullivan, Meyer and Bowlby. Whilst Sullivan wrote of a type of "interpersonal therapy" in the 1930s, this was more in the form of a long term analytic but relational based therapy and would not be seen to resemble the current form of IPT. Attachment theorists view the experience of loss and to a lesser degree disordered attachment as underlying much of human psychopathology. IPT can be seen as indirectly addressing these issues within the therapeutic frame.


  • The current form of the treatment was developed by the late Gerald Klerman and Myrna Weissman in the 1980s as a means of operationalising the interpersonal approach to psychotherapy for a series of treatment studies in depression conducted in the United States. Since that time it has been modified for a variety of other indications including Dysthymia, Bulimia Nervosa, Substance Misuse ,Somatization and depression in a variety of clinical settings. Preliminary studies in Anorexia Nervosa, Bipolar Disorder, PTSD and some anxiety disorders are underway. In each adaptation the fundamentals of the treatment manual are adhered to, however different components are emphasized.

Theoretical Assumptions of IPT

  • IPT does not presume that psychopathology arises exclusively from problems within an interpersonal realm. It does emphasize however, that these problems occur within an interpersonal context that is often interdependent with the illness process. Depression is conceptualized by IPT as having three components
    1. Symptom Formation
    2. Social Functioning
    3. Personality contributants




  • IPT would aim to intervene specifically in social functioning with consequent benefits in symptom experience. Personality is not a focus in IPT given the brevity of the treatment course. Patient's social functioning problems are conceptualized as one or more of four areas:-
    1. Interpersonal Disputes
    2. Role Transitions
    3. Grief
    4. Interpersonal Deficits




  • The therapist remains warm and positions themselves in a collaborative framework with strict adherence to the manual. There is constant focus upon termination from the outset, so regression and other more analytic processes are avoided as far as possible. Whilst problematic transference or countertransference are not interpreted, they are utilized as a tool for identifying problematic processes within the IPT process.

Structure and Duration of Sessions

  • IPT usually runs from 12 to 16 one hour sessions that usually occur weekly. The initial sessions are devoted to information gathering and clarifying the nature of the patient's illness and interpersonal experience. The patient's illness is then formulated and explained in interpersonal terms and the nature and structure of the IPT sessions are explained. This phase of treatment concludes with the composition of the "interpersonal inventory" which is essentially a register of all the key relationships in the individual's life. Within the interpersonal inventory relationships are categorized according to the four areas mentioned above.


  • Sessions 3 - 14 are devoted to addressing the problematic relationship areas and there is little focus upon the specific illness process apart from enquiries as to symptom severity and response to treatment modalities.


  • The final sessions 15 - 16 focus upon termination, which is usually formulated as a loss experience from which the patient can learn a great deal about their own responses to loss and how well the modifications attempted in the therapeutic process have evolved.


Specific Interpersonal Problems as conceptualized in IPT

Interpersonal Disputes

These tend to occur in marital, family, social or work settings. They can be conceptualized as a situation in which the patient and other parties have diverging expectations of a situation and that this conflict is excessive enough to lead to significant distress. One example may be a marital dispute in which a wife's attempts to use initiative leads to conflict with her spouse. In these circumstances IPT would aim to define how intractable the dispute was, identify sources of misunderstanding via faulty communication and invalid or unreasonable expectations and the aim to intervene by communication training, problem solving or other techniques that aim to facilitate change in the situation.

Role Transitions

Role transitions are situations in which the patient has to adapt to a change in life circumstances. These may be developmental crises, adjustments in work or social settings or adaptations following life events or relationship dissolutions. In those who develop depression, these transitions are experienced as losses and hence contribute to the development of psychopathology. IPT aims to help the patient with role transitions to reappraise the old and new roles, to identify sources of difficulty in the new role and fashion solutions for these. In many cases clarification of inconsistencies or clear errors in the patient's cognitions as well as problem solving and encouragement of affect within the therapeutic frame are suitable interventions.

Grief

Grief is simply defined in IPT as "loss through death". Whilst many clinicians would formulate sequelae of severe medical eg loss of function illness as grief, in IPT the term is reserved specifically for bereavement. In IPT, if grief is formulated as an issue of relevance in the interpersonal inventory, the assumption of the patient and therapist is that the grieving process has been complicated by delay or in many cases excess. The IPT therapist will help to reconstruct the patient's relationship with the deceased and by encouraging affect as well as clarification and empathic listening help facilitate the mourning process with the aim of helping the patient to establish new relationships.

Interpersonal Deficits

These would be diagnosed when a patient reports impoverished interpersonal relationships in terms of both number and quality of the relationships described. In many cases the interpersonal inventory will be sparse and the patient and therapist will need to focus upon both old relationships as well as the relationship with the therapist. In the former common themes should be identified and linked to current circumstances. In using the therapeutic relationship the therapist aims to identify problematic processes occurring such as excess dependency or hostility and aim to modify these within the therapeutic frame. In this way the therapeutic relationship can serve as a template for further relationships which the therapist will aim to help the patient create. This group of problems is common in the more chronic affective disorders such a dysthymia in which significant degrees of social impoverishment have occurred either before or after the illness.

Techniques used in IPT

  • IPT utilizes several techniques within the therapeutic process. Many of these are modified interventions borrowed from other therapies such as cognitive-behaviour therapy and brief crisis intervention.


  • The use of various questioning styles such as "Clarification" which seeks to obviate the patient's biases in describing interpersonal issues as well as "Supportive Listening" are often therapeutic within themselves. "Role playing" and "Communication Analysis" are highly behavioural interventions and are invaluable tools in intervening in interpersonal disputes. The "Encouragement of Affect" allows the patient to experience unpleasant or unwanted affects (that have perhaps resulted in the deployment of pathogenic defence mechaninsms) safely within the therapeutic frame. This process allows the patient to acknowledge the affective component of an interpersonal issue eg grief and helps the patient to accept it as a part of their experience. The "Use of the Therapeutic Relationship" has been described earlier.


  • There is some degree of debate as to whether therapists should be more or less active in the conduct of the sessions other than keep the focus on interpersonal issues. There are clearly no distinct guidelines in this area although the goal of IPT is to facilitate the process of the patient generating their own interventions and thus progressively phasing the therapist out of the process. It is likely that the process of patient initiated changes is the likely mechanism to account for the observation that symptomatic improvement arising from IPT often peaks 3 - 6 months subsequent to the termination of treatment.

Efficacy of IPT

  • Several large scale randomised control trials support IPT's efficacy in treating depression. The New Haven - Boston Collaborative study in 1973 found IPT of comparable efficacy to amitriptyline in treating major depression and both in combination had an additive effect1. The larger National Institute of Mental Health(NIMH) study 13 years later studied 250 outpatients randomized to Cognitive Behaviour Therapy (CBT), IPT, Imipramine or Clinical management. CBT, IPT and Imipramine were equal in antidepressant efficacy at 12 weeks2. Curiously, the patients studied who scored greater than 20 (defined as "severe depression" )on the Hamilton Rating Scale for Depression responded as well to IPT as Imipramine. Those patients receiving CBT with severe depression did not do as well. The University of Pittsburgh Group led by David Kupfer and Ellen Frank studied maintenance treatments of depression and found that low dose IPT (monthly) and high dose Imipramine (greater than 200mg daily) seemed to be effective in preventing relapse compared with placebo3,4.


  • The data indicating IPTs efficacy in treating Bulimia Nervosa is modest but promising5. Christopher Fairburn's group in Oxford found IPT and CBT equal in efficacy, with IPT continuing to show benefits subsequent to termination. What was striking was the benefit of IPT in improving dysfunctional cognitions in terms of weight and body image, given that these were not addressed in IPT.


  • Preliminary findings support IPT in the acute treatment of Adolescent Depression, Dysthymic Disorder, Bipolar Disorder and Post Natal Depression


  • Preliminary studies are underway in a variety of disorders and new data is expected in the next 3 - 5 years


References

  1. Weissman MM, Prusoff BA, DiMascio A. The efficacy of drugs and psychotherapy in the treatment of acute depressive episodes. Am J Psychiatry .1979; 136: 555-558.
  2. Elkin I, Shea MT, Watkins JT, et al: National Institute of Mental Health Treatment of Depression Collaborative Research Program: general effectiveness of treatments. Archives of General Psychiatry. 1989; 46:971-982.
  3. Frank E, Kupfer DJ, Perel JM, et al: Three-year outcomes for maintenance therapies in recurrent depression. Archives of General Psychiatry, 1990;47:1093-1099.
  4. Kupfer DJ, Frank E, Perel JM, et al: Five-year outcomes for maintenance therapies in recurrent depression. Archives of General Psychiatry, 1992; 49:769-773.
  5. Fairburn CG, Jones R, Peveler RC, Hope RA, O'Connor M. Psychotherapy and bulimia nervosa: the longer term effects of interpersonal psychotherapy, behaviour therapy and cognitive behaviour therapy. Archives of General Psychiatry 50: 419-428, 1993.



共通テーマ:健康

電気か命か 「東京の電気」と「福島の命」 「東京の命」と「東京の電気」 カントの話

電気よりも命が大事との言葉が出ているのだが
議論を正確にするには
「いつの誰の電気」と「いつの誰の命」と「誰にとって」どちらが大切かということだ

「誰の電気」と「誰の命」を比較しているのか

「東京の電気」と「福島の命」を比較すると、東京の人にとって、どちらが大事かという問題

「大飯原発周辺の命」と「大阪の電気と経済」は東京の人にとって、どちらが大事か

ーー
「東京の命」と「東京の電気」を比較していないでしょう、本当は

ーー
しかし、こうなってみると、
「絶対安全というなら、東京のど真ん中に原発を作ればいい」という意見も卓見である
それなら東京の命と東京の電気だ

原発を首相官邸の隣に作って
警備と管理を厳重にして、テロリストに備え、
万が一の時には対策本部を首相官邸に置けばいいのだから

千代田区や港区が地震で壊滅するときには
複合災害が起きるだろうから
放射能が飛び散っても相対的に小さな事件である
第一、放送局が全滅するので放送もない
NHKは渋谷だけれど、放送を発信する施設はまた別なので多分ダメ

霞が関の地下部分を繰り抜いて原発を作り、
更にその大深度地下に永久不滅の核廃棄物処理施設を作るのもいいだろう

ーー
いつか、誰か、うまいこと考えて、核廃棄物の核燃料化が実現すると予定して
核廃棄物は「資産」として計上されているらしい

核廃棄物がリサイクル利用できないとなればただのゴミで、
処理不可能なゴミ、つまり、廃棄にほぼ無限の経費と時間がかかるゴミになってしまい
これは電力会社と園周辺会社の株価に影響を与え
つまり国の経済に大きな損害を与える

この違いが重要で、「現在は無理」は共通なのだが
「将来はなんとかなる」と予定しているのが現在で
「将来も解決されないかもしれない」と冷静に予想すると、かなり大きな損失になるらしい

これって、「シュレディンガーの猫」みたいな感じで興味深い
本質的には全く違う心理的問題

ーー
ここまで分かり合えない問題だということが分かったので
いっそのこと、「原発あり日本」と「原発なし日本」に2分割して、
政府も国民も2つのセットにして
国民はそのどちらに住むかを自由に選択できるようにしたらいいだろう

高い電気代を払っても自然エネルギーで暮らしたいという人は「原発なし日本」に住めばいいし
原子力村の住民でいつづけたい人は「原発あり日本」に住めばいい

お互いに自分の意見に相手を従わせようとするのが間違いだろう
どんな音楽を聞くかくらいは自由なはずで
同様に
原発のない国に住んで、自然エネルギーで発電した電気を使い、海上風力発電の技術なんかを輸出したりすることもできるだろう、節電技術は進歩するだろう
自動車の排気ガス規制の時もそうだった
一時は気の遠くなるようなきつすぎる規制値だと思ったのが
むしろ日本の技術力を優位にしてくれた

原子力村の人たちが権力を行使してそれを阻止するというなら
ほんとうに独立国を作ってしまえばいいと思う

原発村の人たちに原発をやめなさいなんて言わないから
好きなだけやってくださったらいい
ただし自分たちの国で自分たちのお金で
人から税金を容赦なく集めて、自分たちの好きなものだけ作るというのは、いかにも、その人たちのやりそうなことだ

ーー
たとえば、学校でお金を一人2000円ずつ強制的に徴収して
(主観的には気持ち悪くて見たくもない)アメリカのホラー映画とかを見させられるのと似ている
余計なことするな
見たい人は自分で金を払って見ればいいでしょう?

ーーー
さて、追加で考えてみると、
私の電気よりも私の命が大事と考えたとして、
「私」の部分に「あなた」とか「国王」とか「賤民」とか自由に代入しても
なお妥当するように考えなさいとカントは言う

東京の電気が福島の命よりも大事
という場合
東京と福島を自由に入れ替えて代入しても妥当するように考えなさいというのが
カントの教えであった



共通テーマ:日記・雑感

Eating disorders

Eating disorders comprise phenotypically diverse manifestations of problems with the regulation of food intake and body weight.
AN and BN are associated with a strong desire to gain control over pressures to fulfil socio-biological role models.
From an evolutionary point of view, the prevalence of eating disorders poses a paradox in two respects.
First, there is an inverse relationship of food availability and prevalence of eating disorders across societies.
Thus, ironically, food abundance in Western societies is associated with high prevalence rates of eating disorders, especially when subsyndromal manifestations are being considered, whereas eating disorders are almost absent in less developed countries.
Second, irregularities of the menstrual cycle or amenorrhoea, which frequently occur in eating disorders, counteract any reproductive effort.
How can this be consistent with an evolutionary explanation of behaviour?
A couple of hypotheses exist that take into account female preponderance in eating disorders.
For example, eating disorders manifest around the time at which female fertility peaks.
Moreover, some findings point to the fact that peculiarities of the family environment may increase the risk for young females to engage in food restriction and control of body weight.
These hypotheses based on evolutionary theory share the assumption that the suppression of reproduction (i.e.amenorrhoea) is the main 'function' of eating disorders, rather than being a by-product of the symptomatology.
It needs to be emphasized, however, that eating disorders do not convey any adaptive value in the strict sense.
Like other psychopathological signs, symptoms and syndromes they represent extremes of variation that reduce an individual's fitness.
At the proximate level, the avoidance of food, and efforts to reduce body weight are strong signals sent by the affected individual, indicating, at the very least, conflict over resource allocation, where the addressee of these behaviours is most likely the nuclear family.
Studies suggest that mothers of adolescent girls with AN tend to be 
overprotective, dominating and monopolizing.
Patients with AN, on the other hand, are often overcompliant, and worry excessively about the wellbeing of the family.
Consistent with this is the observation that anorexic females often dismissively negate family problems.
AN is also associated with low self-esteem, introversion,  pronounced harm avoidance and reduced novelty  seeking, and the co-occurrence with anxiety disorders and depression suggests that patients with  eating disorders unconsciously assume the behavioural strategy of a subordinate individual to which genes may contribute heritable susceptibility.
Reproductive inhibition in subordinates is common in non-human primates, and this is often the result of active manipulation by higher-ranking females.
Elevated stress levels in subordinates, for example, are known to contribute to the suppression of ovulation, and such a scenario is similarly conceivable in humans.
In addition, women may also suppress the reproductive potential of other women by cultural means, for instance, by unconsciously promoting that the 'ideal ' female figure is one of below average weight.
This is confounded by the tendency to perceive thinness as indicator of youth.
As youth signals attractiveness, there is intrasexual competition in women for looking thin, which may, to some extent,  enhance the preference for thinness not only by men but also women.
In light of the close genetic relatedness of daughters with mothers and siblings, it might in some cases even be possible that suppressed reproduction is not due to the interference of an  unrelated higher-ranking female, but that the mother of the affected adolescent girl is the source of manipulation.
From a genetic point of view, the logic behind this hypothesis could be that the mother suppresses reproduction in her own daughter such that the daughter may serve as a 'helper at the nest'.
In other words, altruistic behaviour of adolescent girls may be imposed upon the daughter by her mother, particularly in the presence of (male) siblings.
Theoretically, the reproductive success of a male descendant exceeds that of a female, at least under favourable environmental conditions (compare Chapter1), which could explain why AN is especially prevalent in upper middle and upper class girls in socially stratified societies.
Since the affected individual would indirectly benefit from supporting her mother at the expense of own reproduction, this sort of altruism in female individuals with AN would be typical of kin-selected behaviour.
There may however, be, another reason for mothers (and fathers)to suppress fertility in adolescent daughters.
In western societies, the abundance of nutrient-rich food has accelerated sexual maturation over the last decades.
Suppression of premature sexual activity in adolescent girls may well be in the interest of parents to increase their daughters' reproductive success in the long run.
This possibility may be accentuated in families in which the father is absent.
Unlike other primates, father absence in humans is associated with earlier maturation and sexual activity.
In other words, the presence of fathers (and high paternal investment) postpones sexual maturation in girls, perhaps as a reflection of a K-selected reproductive strategy (compare Chapter 3).Accordingly, in families with fathers being absent, manipulation of girls to restrict food intake may indirectly serve the function to turn an early maturer into a late maturer.
Similar interest in delaying reproduction could also be on the side of the adolescent girl.
The onset of eating disorders is often preceded by (unwanted)first sexual experiences.
Thus AN may be seen as a counter-strategy to avoid premature pregnancy.
Moreover, the increase of eating disorders in western societies and threshold countries may reflect changes in social structure associated with increased sexual competition between females.
Therefore, under adverse environmental conditions, which, above all, may include the absence of emotional availability of significant others and lack of social support, long-lived iteroparous species like humans may be better off by postponing reproduction until the conditions are more favourable.
At the proximate level, this is maintained by reducing the amount of body fat.
In contrast to male fertility, ovulation ceases if the amount of body fat undercuts 15 per cent of body weight.
This makes sense from an evolutionary perspective, because in times of food scarcity the likelihood of successfully raising offspring declines sharply, such that the hypothalamus stops producing  gonadotropin-releasing hormone.
Moreover, the fall of oestrogen and extreme loss of body weight leads to a reduction of secondary sexual characteristics in women, such that in extreme cases women become sexually less attractive for males.Consistent with this, sexual interest often declines in young women with AN, which further reduces the risk of unwanted pregnancy.
However, such a strategy pays off reproductively only if the probability of improved conditions in the future is predictably high.
This is the case in western societies in which, on average, adult mortality is low (accordingly, within western societies the prevalence of eating disorders is predicted to be low in neighbourhoods with high criminality and homicide rates).
This notion is again supported by the evidence that eating disorders occur more frequently in socially well-situated families.
By contrast, if the likelihood of future environmental conditions to improve is low, it does not make sense to postpone reproduction, which may explain low prevalence of AN and BN in developing countries and in socially disadvantaged people.
Furthermore, the hypothesis of reproductive delay is also plausible to explain why eating disorders manifest in adolescence or early adulthood; for older women, postponing reproduction would be too risky a strategy, because it could preclude reproduction at all.
This hypothesis also explains why for males such a Strategy would not pay off.
According to parental investment theory, male reproduction is theoretically constrained by the number of sex partners, whereas females invest more in individual offspring; hence their reproductive success is limited by a much lower theoretical maximum number of offspring that corresponds with the number of fertile cycles, social support and inter-birth intervals.
Accordingly, for young women, optimal environmental conditions, including the presence of a male partner who is willing to invest in offspring, are much more important than for young men.
Conversely, in light of the lower paternal investment and the more intense male-male competition, it does not make sense for males to postpone reproduction.
As already pointed out, these hypothetical models of the evolutionary background of eating disorders hinge upon the proposition that amenorrhoea is the (unconscious) goal or function of eating disorders, which is achieved by restricted food intake, weight control and excessive exercising or other compulsive behaviours.
However, a substantial number of patients with eating disorders, particularly BN, do not stop ovulating and show promiscuous behaviour.
Moreover, women with a history of eating disorder have a greatly elevated risk of hyperemesis during pregnancy, more often deliver children with lower birth weight and smaller head circumference, and have significantly more miscarriages and caesarean deliveries compared to women without a history of eating disorder.
The elevated number of birth complications is not compensated for by a greater number of children or number of pregnancies.
There is, therefore, little evidence that postponing reproduction pays off for women with a history of eating disorder.
Moreover, research into perinatal risk factors for the development of AN or BN has revealed that maternal anaemia, diabetes mellitus, preeclampsia, placental infarction, neonatal cardiac problems, and hyporeactivity independently predict the development of AN later in life, with similar, though less pronounced risks for BN.
Also, inter generational studies of attachment in patients with AN and their mothers have shown that insecure attachment, dismissive attachment styles, and poor reflexive functioning ('mentalizing') may be 'transferred' from mother to daughter.
In addition, the risk of childhood trauma is increased in eating disorder.
Drawing on attachment theory and life history theory these findings suggest, above all, poor parental investment that is conserved over successive generations.
The consequences of AN (and less so of BN), namely a visible waste of resources and profoundly health-threatening behaviour, can therefore be interpreted as a correlate of parent-offspring conflict.
In parent-offspring conflict, the child has only a limited set of behavioural strategies at hand to increase parental investment.
One such strategy is the expression of temper tantrums, which typically occur during the weaning period.
The 'logic' behind such behaviour is that it not only threatens the health of the offspring, e.g.by attracting predators, but also that of the parents, because the latter would lose all resources they have already invested.
Confronting a parent or both parents with the risk of losing a child through deliberate starvation is therefore one of the strongest conceivable signals of the child to mobilize parental investment.
The timing or onset of the behaviour peaks around or precedes the time of maximum fecundity of adolescent girls and young women, and thus constitutes the maximum threat to the inclusive fitness of both parents.
If the parent is unable or unwilling to provide additional investment, however, the situation is self-perpetuating, and a vicious circle may result that can only be resolved through therapeutic interventions fostering greater independence of parental investment in the child.
Eating disorders are so heterogeneous in aetiology that none of the hypothetical models can embrace all clinical and neurobiological facets.
In some patients with eating disorders, it is plausible to assume that the affected individual carries the burden of maladaptive consequence of suppressed fertility, which benefits others, perhaps including the patient's own mother.
Other patients with AN may be forced to postpone reproduction if environmental conditions are unfavourable, with the expectation that condition will predictably improve in the future.
Finally, in some patients with eating disorders, the symptomatology may be an exaggeration of behavioural consequences related to parent-offspring conflict to increase parental investment.
None of these behavioural 'strategies' involve conscious awareness of the underlying conflict.
Nor do they convey a reproductive advantage; on the contrary, eating disorders can be seen as emergency strategies that emerge in young women who struggle with the achievement of biosocial goals, among which the search for social security is imperative.



共通テーマ:日記・雑感

途中の失敗は失敗ではない。

途中の失敗は失敗ではない。
諦めた時が失敗なのである。


共通テーマ:日記・雑感

コレクションと活用

コレクションと活用

人間の一部は何かをコレクションすることに執念を燃やす

その場合、好奇心で次々に新規なものを見つけることと
それを大切にしまい込むことのふたつの異なる傾向があるだろうと思う

たとえば蝶を採集してコレクションするとして
それをどのくらいの頻度で取り出して眺めるだろうか

共通テーマ:日記・雑感

富良野塾起草文

先輩に教えてもらう

 

03.jpg

 

 富良野塾 起草文


 あなたは文明に麻痺していませんか?

 石油と水は
   どっちが大事ですか?

 車と足は
   どっちが大事ですか?

 知識と智恵は
   どっちが大事ですか?

 批評と創造は
   どっちが大事ですか?

 理屈と行動は
   どっちが大事ですか?

 あなたは感動を忘れていませんか?

 あなたは結局 何のかのと云いながら
 わが世の春を謳歌していませんか?

                聰

ーーー
お金と人生とどっちが大事ですか?

あ、こういえば
人生の方が大事だからどんどんローンを組んで使ってしまおうと思う人もいるかもしれない
そうじゃなくって
住宅ローン返済のために働くという意味ばかりではなくて
お金を使ってマーケットにあるサービスを享受することが人生なんですかという意味もある
 



共通テーマ:日記・雑感

敵も愛しなさい。

大半の戦乱は、意図的に創出された対立の図式のなかで展開される。

その最大の理由は、軍事産業が常に戦争を必要としていることにある。

巨大資本は軍事と金融で戦争から巨大な利益を確保する。

この利権のために、戦争は人為的に創作されるのである。

「戦争を美しく語る者を信用するな。彼らは決まって戦場にいなかった者なのだから」(朝日新聞2006年11日6日夕刊「銀の森へ」)


ーーー
村上春樹

「原子力発電を推進する人々の主張した「現実を見なさい」という現実とは、実は現実でもなんでもなく、ただの表面的な「便宜」に過ぎなかった。それを彼らは「現実」という言葉に置き換え、論理をすり替えていたのです。」

「我々日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだった。それが僕の意見です。」

「我々は技術力を結集し、持てる叡智を結集し、社会資本を注ぎ込み、原子力発電に代わる有効なエネルギー開発を、国家レベルで追求すべきだったのです。たとえ世界中が「原子力ほど効率の良いエネルギーはない。それを使わない日本人は馬鹿だ」とあざ笑ったとしても、我々は原爆体験によって植え付けられた、核に対するアレルギーを、妥協することなく持ち続けるべきだった。」
ーーー
長崎大学医学部教授であった永井隆氏が死を前にして幼い二人のわが子に遺した言葉。

永井氏は原爆で妻を失い、自らも原爆に被爆していながら余生を被爆者の治療に捧げた人物である。

ナショナリズムを煽る風潮が強い現下の状況のなかで、私たちがもう一度かみしめるべき言葉が刻まれている。


「いとし子よ。
あの日、イクリの実を皿に盛って、母の姿を待ちわびていた誠一よ、カヤノよ。お母さんはロザリオの鎖ひとつをこの世に留めて、ついにこの世から姿を消してしまった。そなたたちの寄りすがりたい母を奪い去ったものは何であるか?
――原子爆弾。
・・・いいえ。
それは原子の塊である。
そなたの母を殺すために原子が浦上へやって来たわけではない。
そなたたちの母を、あの優しかった母を殺したのは、戦争である。」

「戦争が長びくうちには、はじめ戦争をやり出したときの名分なんかどこかに消えてしまい、戦争がすんだころには、勝ったほうも負けたほうも、なんの目的でこんな大騒ぎをしたのかわからぬことさえある。そうして、生き残った人びとはむごたらしい戦場の跡を眺め、口をそろえて、――戦争はもうこりごりだ。これっきり戦争を永久にやめることにしよう!

そう叫んでおきながら、何年かたつうちに、いつしか心が変わり、なんとなくもやもやと戦争がしたくなってくるのである。どうして人間は、こうも愚かなものであろうか?」

「私たち日本国民は憲法において戦争をしないことに決めた。…

わが子よ!

憲法で決めるだけなら、どんなことでも決められる。憲法はその条文どおり実行しなければならぬから、日本人としてなかなか難しいところがあるのだ。どんなに難しくても、これは善い憲法だから、実行せねばならぬ。自分が実行するだけでなく、これを破ろうとする力を防がねばならぬ。これこそ、戦争の惨禍に目覚めたほんとうの日本人の声なのだよ。」

「しかし理屈はなんとでもつき、世論はどちらへでもなびくものである。

日本をめぐる国際情勢次第では、日本人の中から憲法を改めて、戦争放棄の条項を削れ、と叫ぶ声が出ないとも限らない。そしてその叫びがいかにも、もっともらしい理屈をつけて、世論を日本再武装に引きつけるかもしれない。」

「もしも日本が再武装するような事態になったら、そのときこそ…誠一(まこと)よ、カヤノよ、たとい最後の二人となっても、どんな罵りや暴力を受けても、きっぱりと〝戦争絶対反対〟を叫び続け、叫び通しておくれ!

たとい卑怯者とさげすまされ、裏切り者とたたかれても〝戦争絶対反対〟の叫びを守っておくれ!」

「敵が攻め寄せたとき、武器がなかったら、みすみす皆殺しにされてしまうではないか?――という人が多いだろう。しかし、武器を持っている方が果たして生き残るであろうか?武器を持たぬ無抵抗の者の方が生き残るであろうか?」・・・

「狼は鋭い牙を持っている。それだから人間に滅ぼされてしまった。ところがハトは、何ひとつ武器を持っていない。そして今に至るまで人間に愛されて、たくさん残って空を飛んでいる。・・・

愛で身を固め、愛で国を固め、愛で人類が手を握ってこそ、平和で美しい世界が生まれてくるのだよ。」

「いとし子よ。

敵も愛しなさい。愛し愛し愛しぬいて、こちらを憎むすきがないほど愛しなさい。愛すれば愛される。愛されたら、滅ぼされない。愛の世界に敵はない。敵がなければ戦争も起らないのだよ。」

ーーー
アメリカには戦争屋と金融屋がいて
世界を混乱させて商売をしている

戦争屋は冷戦後はしばらく
パレスチナと石油のからみで中東で儲けていたが
次は進歩著しい中国をネタにして極東で一儲けしようとしている

やはり石油は利用する
海底に莫大な量の石油が眠っていると宣伝する

そして領土問題をまぶしておく
日本ならば対中国、対韓国、対ロシア
中国は国土が広大で内部にも独立の圧力を抱え、境界線にも大きな緊張を抱えている
そして貧富の格差は容易に反共産党運動の燃料になる
貧富の差を拡大させる共産党なんて矛盾もいいところだが
白いカラスもいるのだろう


共通テーマ:日記・雑感

サイコメトリックセンター or サイコメトリックラボ

心理療法とかアドバイスとかコーチとか御指南とかいらなくて
ただ単に心理テストをして欲しい人っているんだと思う
心理測定をして欲しいだけの人

人間ドックで治療まではいらないから
検診の結果だけ欲しい人

そういうのも意味があると思う


共通テーマ:日記・雑感

Mirror Therapy for Phantom Limb Pain

「幻肢痛」治療の有効な方法に『ミラーセラピー』がある。動くほうの手を鏡に映して、動かないほうの手があたかも動いているような錯覚を与え、動作機能を呼び戻す訓練法。 
 
Phantom limb pain occurs in at least 90% of limb amputees.1 Such pain may be induced by a conflict between visual feedback and proprioceptive representations of the amputated limb.2 Thus, illusions or imagery of movement of the amputated limb might alleviate phantom limb pain. Mirror therapy has been used with some success in patients who have had a hand or an arm amputated.3 Since the critical component of mirror therapy may be the induction of limb imagery, we conducted a randomized, sham-controlled trial of mirror therapy versus imagery therapy involving patients with phantom limb pain after the amputation of a leg or foot.
We randomly assigned 22 patients to one of three groups: one that viewed a reflected image of their intact foot in a mirror (mirror group), one that viewed a covered mirror, and one that was trained in mental visualization. The patients were told that each therapy was being examined for efficacy, and each patient provided written informed consent. Eighteen subjects (six in each group) completed the study. Patients in the mirror group attempted to perform movements with the amputated limb while viewing the reflected image of the movement of their intact limb. Patients in the covered-mirror group attempted to perform movements with both their intact and amputated limbs when the mirror was covered by an opaque sheet. Patients in the mental-visualization group closed their eyes and imagined performing movements with their amputated limb.
Under direct observation, patients performed their assigned therapy for 15 minutes daily. They also recorded the number and duration of pain episodes and the intensity of pain with the use of a 100-mm visual-analogue scale; they also recorded the number and duration of pain episodes. The primary end point was the severity of pain after 4 weeks of therapy. Baseline scores on the visual-analogue scale were similar among the groups (P=0.62). Pain intensity decreased with mirror treatment (Figure 1FIGURE 1
Changes in Phantom Limb Pain, as Measured on a 100-mm Visual-Analogue Scale.
), as did the number and duration of pain episodes. After 4 weeks of treatment, 100% of patients in the mirror group reported a decrease in pain (median change on the visual-analogue scale, –24 mm; range, –54 to –13), but two patients had brief reactions (<2 minutes) of grief on viewing the reflected intact lower limb. In contrast, in the covered-mirror group, only one patient (17%) reported a decrease in pain, whereas three patients (50%) reported worsening pain. In the mental-visualization group, two patients (33%) reported a decrease in pain, whereas four patients (67%) reported worsening pain. In a comparison of changes in the score on the visual-analogue scale at 4 weeks, the mirror group differed significantly from both the covered-mirror group (P=0.04) and the mental-visualization group (P=0.002). Phantom limb pain decreased in eight of nine patients (89%) who switched to mirror therapy from either a covered mirror or mental visualization (P=0.008 for both comparisons of scores on the visual-analogue scale at 4 weeks with those at 8 weeks).
Our findings showed that mirror therapy reduced phantom limb pain in patients who had undergone amputation of lower limbs. Such pain was not reduced by either covered-mirror or mental-visualization treatment. Pain relief associated with mirror therapy may be due to the activation of mirror neurons in the hemisphere of the brain that is contralateral to the amputated limb. These neurons fire when a person either performs an action or observes another person performing an action.4 Alternatively, visual input of what appears to be movement of the amputated limb might reduce the activity of systems that perceive protopathic pain.5 Although the underlying mechanism accounting for the success of this therapy remains to be elucidated, these results suggest that mirror therapy may be helpful in alleviating phantom pain in an amputated lower limb.
 
事故などで手足を失った人々の中に、驚くべき症状で苦しむ人々がいる。それは 『幻肢痛』と呼ばれる現象。もうないはずの手や足が、激しく痛む現象。しかもその痛みは、時に我慢できないほどの激痛となる謎の痛みだった。この謎の現象に真っ向から挑んだ医師がラマチャンドラン博士だった。
1977年アメリカ・サンディエゴ。ラマチャンドラン博士が医師になりたての頃、足を失った患者が幻肢の痛みを訴えてきた。また、無いはずの手が突然意思と逆に爪がくい込むほど握り締めて苦しむ患者もいた。以前から重症の患者には、痛みどめが処方されていた。すると確かに効果があった。つまり、痛む腕や足は存在しなくても痛みが実際に起きていると考えられた。本来「痛み」とは、痛覚受容器を通してそこから刺激が神経を通って脊髄を経て大脳に伝わる。大脳には痛さを認識する中心後回があり、痛さを判断する。この中心後回は、右脳、左脳それぞれにあり、右脳にあるものは身体の左側、左脳にあるものは身体の右側の痛みを担当している。幻肢痛は、その脳の誤作動によって起こるとするなら、その誤作動を正せば、痛みは治まるのでは?と。しかし解決方法が見当たらず、ラマチャンドラン博士は悩まされた。
14年後の1991年、ラマチャンドラン博士はカリフォルニア大学サンディエゴ校の教授となり、一流の脳紳外科医として活躍しながら、研究と実験を重ね、ひとつの仮説にたどり着いていた。それは「情報のキャッチボールの失敗説。」というもの。例えば人が椅子に座るという動きをする場合、足や腰を曲げれば座れそうだが、実際には転倒せずに無事座るため、手をはじめ、身体全体に脳はバランスを取るよう脳は指令を出している。そして身体の各所から確かに動いたと脳にリターンしている。脳の中ではリターンされた情報をもとに「こんな風に身体が動いている」というイメージが作られる。しかし腕や足を失うと、動いたという情報のリターンがないため、脳で身体のイメージが作れない。よって脳が混乱する。やがて中心後回が誤作動を起こし、幻肢痛が起こると考えた。そして失った腕や足からの情報を正常にリターンしてやれば幻肢痛は治るはずと考えたのだ。
そしてさらに4年後の1995年。ラマチャンドラン博士は幻肢を自由自在に動かせ、痛みも無い患者と出会う。さらに彼は、目で見ている距離感から、近くにある物をつかんでいる感覚が起こるという。さらに彼がつかんでると感じているものを、引っ張る動作を目の前で行うと「痛い」という感覚が生じるという。この事でラマチャンドラン博士は、視覚が脳の中のイメージをコントロールできると判断。脳が手足に動けと指令を送る度に、感覚情報のキャッチボールに失敗しておきる混乱は、視覚を操作する事で、解決できると考えた。では、どうやったら視覚を操作できるのか?それは身近なところで解決した。
ラマチャンドラン博士は鏡を木箱の真ん中に鏡を入れミラーボックスを作成。箱に手を入れると「2本の腕が揃ったように見え、存在しない腕が自由に動かせる」と言う錯覚を、目から脳に送る方法を思いついた。脳が動けと指令を出すと、視覚から両手が動いているという情報が入ってきて、脳の中で起きていた混乱が一時的に回復。自由に動かせなかった幻肢も動くようになり、幻肢痛は見事に消滅。この方法はミラーセラピーと名付けられ、学会で大きな反響を呼び、世界中に紹介された。日本でも脳梗塞などによる腕の麻痺のリハビリにも応用されている。 


共通テーマ:日記・雑感

不安症分類

 situation non dependent situation dependent 
 強い不安panic without agoraphobiapanic with agoraphobia 
 弱い不安GAD/dysthymia SAD 


共通テーマ:日記・雑感

ブランドと階級社会

ブランド洋服と非ブランド洋服は実際はあまり違いがない
非ブランド洋服屋がブランド洋服を真似して作ろうと思えば作れないこともない
ユニクロは多分どんな洋服も庶民には充分な程度に模倣できるだろう

上流階級の人間の中身は
下流階級の人間の中身と大して変わらない
どの人も自分が一番大事だと思っている

どちらも自分はブランドである・上流であることを
自分でお金を使って維持しようとしている
だから周囲には「あなたはブランド・上流」と拍手してみせてお金をもらう人達がいる

その流れがいったん出来上がると
お金はブランド・上流に還流する

官僚の作文を「読むだけ」が仕事なのに
漢字が読めなかったり略号が読めなかったりして困る上流がいる
官僚も意地悪なんだろうか
どんな人間が朗読するのかを考えてふりがなを振ったらいいのに
ITは(アイ・ティー)と
未曾有は(みぞー)と(みぞうだと「う」と発音してしまうかもしれないので注意が必要だ)

そんなにも意味のないブランドであり上流階級であるのに
意味もなくブランドものを欲しがって売春したり
意味もなく上流階級の愚行を真似したりする

しかしそれはお金をかけて周到に宣伝された「価値」であるから
簡単には倒れないし
その周囲で生計を立てている人がたくさんいるのであるから
用意にはバレないようにできている

意味が無いが差異があるのだ

その差異にいくらでもお金を使う
それが成熟した資本主義になっている

みんながユニクロでいいと思えば
資本主義は根本的な矛盾に行き着いてしまう

それだとブランドと上流階級がこまり、ひいては全員が困る(らしい)

共通テーマ:日記・雑感

ラリベラの岩窟教会群

エチオピアの宗教はキリスト教で、
そのなかでもギリシャ正教と似たような衣装を使うエチオピア正教会というものらしい

岩を積み上げるのではなくて、
もともと巨大な一つの岩をくりぬいて作った岩窟教会というものが有名で
世界遺産になっている
岩を繰り抜いて教会堂を作ってしまうとはなんという執念だろう

コプト正教会 というものがあってエジプトで発達したものと書かれている。
そのながれがエチオピアにあるのだと説明された。
エジプト人口8,000万人のうち約1割をコプト教会信徒が占める。

エチオピア正教会はサハラより南で唯一、植民地時代以前から存在するキリスト教会である。
すごいものだ。


共通テーマ:日記・雑感

この世界にはまだ よりよいことを選択しながら 生きていく可能性が残されている

この世界にはまだ
よりよいことを選択しながら
生きていく可能性が残されている


共通テーマ:日記・雑感

改訂第2版 パーソナリティ障害の認知療法

認知療法は治療技法の集合体ではなく,a system of psychotherapyである。数ある心理学的治療にあって,精神療法の名に値するためには,いくつかの基準を満たす必要がある。列挙すると,(1) パーソナリティと精神病理に関する理論が存在すること,(2) 理論を裏付ける研究成果が存在すること,(3) 理論との整合性をもった治療技法の選択がなされること,(4) 治療効果が科学的に実証されること,である。
基準の第1である理論について本書では,パーソナリティとその病理がスキーマという観点から論じられる。スキーマは,認知と情動と動因という諸過程が依拠する基本構造であり,パーソナリティの基本単位とされる。スキーマには,認知的スキーマだけでなく,情動的スキーマ,動因的スキーマ,道具的スキーマや制御スキーマまでが区別される。しかも構造として横断的に定義されるスキーマが,縦断的な発達過程の中に位置づけられる。基準の第4にある効果研究の成果も,十分とは言えないまでも,着々と蓄積されていることが,本書の第1章に詳しい。
個々の患者に関する認知的概念化に基づいて,治療技法の選択がなされ,一定の効果が得られていく,決して短くはない過程は,それぞれのパーソナリティ障害への認知療法を論じた第Ⅱ部に詳しい。読者諸氏は受け持ち患者の臨床像と照合しながら,その治療に多少なりとも資する「何か」を求めて,繰り返し本書を参照されることだろう。本訳書の主題はパーソナリティ障害である。しかし,限られた患者の治療だけでなく,さらに多くの患者に対する認知療法にも応用できるヒントが発見できるかもしれない。たとえば,スキーマである。パーソナリティの基本構造である以上,スキーマはどのような患者にも認められるはずである。地表につねに露呈した鉱脈のようなスキーマではなく,病期に限って顕在化するスキーマを推測することは,うつ病性障害や不安障害の治療でも重要である。パーソナリティ障害における純度の高いスキーマを希釈するとき,パーソナリティ障害のスキーマと定性的には区別できないスキーマを,いわゆる第Ⅰ軸の障害にも見出すことになるだろう。Aaron T. Beckの著作は枚挙にいとまがないが,監訳者の知る限り,""Cognitive Therapy of Personality Disorders""だけが改訂第2版を公にしている。初版以来およそ15年,パーソナリティ障害に対する認知療法が,固定された完了形ではなく,なおも途上にあり続け,今後さらに進展しうる可能態であることを実感できるだろう。監訳に関わったひとりとして,そうであることを期待したい。


共通テーマ:日記・雑感

The road to Hell is paved with good intentions.

The road to Hell is paved with good intentions.

共通テーマ:日記・雑感

緩やかな大家族制度

私は思うのだが
何が宝物といって
赤ん坊ほどの宝物はない
こんなに可愛いものは他にない

核家族制だと
赤ん坊が可愛い時期は数年で
あと楽しみがなくなってしまう

私は赤ん坊がとっても大好きなので
緩やかな大家族制にして
近所に親戚が住んで
いつでも抱っこしてすりすりできる赤ん坊が一人か二人はいるような状況が維持できたら
とても楽しいし
生きる元気がでると思う

共通テーマ:日記・雑感

SMART ショートターム・メンタライゼーション・アンド・リレーショナル・セラピー

「SMART」
ショートターム・メンタライゼーション・アンド・リレーショナル・セラピー

Peter.Fonagyのメンタライゼーションの理論をベースにした
新しい心理療法

メンタライゼーションは、簡単に言うと、アタッチメント関係の中で、
人は自分の心や他人の心を理解できるようになっていくというもの。
こころの理論にも似ている

例えば、赤ちゃんはシンボルもリプレゼンテーションも持っていないので、
何かを確かに感じているのでしょうが、それが淋しいという感情なのか、
恐怖なのか、幸福なのか、空腹による不快なのか、自分ではまだわからない状
態です。
それをお母さんが赤ちゃんから受け取って、理解して、そして返してあげると
いうことを
繰り返して、それがどういう感情なのかがわかるわけです。

お母さんが「あ~よしよし、びっくりしたのね~、怖かったね~、もう大丈夫
よ~」
とあやしてくれる、そんな経験から、「ああ、僕は怖かったんだ。
でもお母さんが来てくれたら、なんか大丈夫になったな~」なんていう風に。
で、間主観性の発達とともに、自分と同じように、相手にも心があって、
相手もこういうときに、こういう感情を持つんだ、ということがわかるように
なります。

でもアタッチメント関係に問題があると、そこに問題が出てきます。
お母さんが赤ちゃんに感情を程よく返せなかったり、
または、分離がうまくできなくて、間主観性に問題が出たり。
そうすると、その赤ちゃんは、自分の気持ちを正しく理解できなかったり、
コントロールできなかったり、ちょっと場にそぐわない感情をもったり、
また、相手の気持ちをうまく推し量れなかったりします。

精神分析的な理論と認知発達論をアッタッチメント理論を接着剤にして
くっつけました、~的な理論ですかね。

その歪みに焦点を当てたのが、このメンタライゼーションベースセラピー。

境界例なんかにも適応してFonagyが本も出しています。



共通テーマ:日記・雑感

年老いた私にできることは最早少ない しかし年老いた私であれば嘘をつく動機もない

鎮魂の8月
年老いた私にできることは最早少ない
しかし年老いた私であれば嘘をつく動機もない

われわれは何に見守られているのか

共通テーマ:日記・雑感

「体験したこと」は「解釈を待つ絵」に相当する

人間が何かを体験するとはどういうことなのだろうと考える

常識的に言えば
体験する主体としての私が確実に存在して
体験される客観物が確実に存在する
つまり私が絵としてのモナリザを観るという体験である
私がルーブルに行けば成立する

だが果たしてそうなのだろうかと昔から言われている
たとえばマルチン・ブーバーなど

私が時間を通じて確実に存在していることなど
妄想かもしれない
またモナリザがルーブルにあることや
そのモナリザがどのような絵であるかについては
本当のところはよくわからない
客観的実在とは何であるかがどこまで議論しても困難である
議論してもお金にもならないので適当なところで切り上げるしかない

そのようにしてみると
主観としての私が実在することと
客観としてのモナリザの絵が実在することと
「私がモナリザを観た」ということの
三者を比較してみて
比較的承認が得やすいのは
「私がモナリザを観た」という「こと」ではないだろうか

「私がモナリザを観た」という「こと」が存在したとして、
その両端に、私という主観と、モナリザという客観が分離して発生するのではないか

ひとつの「こと」のあるごとに
私は自分という主観を確認し続ける
そしてそれを繋げ合わせてぱらぱら写真のように「自分」を「構成」しているのだろう

私がモナリザを「構成」するときも多分そのようにしているのだろう

私とモナリザならば複雑さは半分であるが
私と他者であれば二倍の複雑さになる

私は私と相手を構成し
相手は私と相手自身を構成する

ーーー
モナリザの話が出たので
絵を見るということを考える

たとえば絵には「隅田川の花火」が描かれているとする
しかし実際には絵の具の塊であって解釈の幅は広い

そこにある絵は絵の具の塊であるが
解釈を待つ何者かである

私という主観が解釈をして
風景だ、花火だということになるのだが
そんなものは心のなかに浮かぶことでしかない
存在するのは絵の具の塊である

ーー
「体験したこと」は「解釈を待つ絵」に相当する
と思うのだがどうだろう

ーー
もちろん、『「解釈を待つ絵」を観る体験』という入れ子構造になるので
それが何重構造であるかを自覚しつつ進まなければならないのだが

しかしそのように多重構造にできるということが
人間の意識の発生でもあり
特質でもあり
さらには本質であるという議論はある

共通テーマ:日記・雑感

2012年 鎮魂の8月 海はもう優しくない

2012年 鎮魂の8月
海はもう優しくない
ーー
新聞読んだ
ーー
橋下新党の旗上げ
5人以上の国会議員が目標であるが
現状では20人程度が見込まれる
主なターゲットは安倍元総理
しかし安倍氏は9月の自民総裁選と両睨みである
ーー
フランクル「夜と霧」
新訳と旧訳が同時に広告されている
ーー
赤坂真理「東京プリズン」
アメリカの高校で学ぶ日本人女子高校生がディベートの授業で
「東京裁判」の法廷に立つことになる
16歳の闘い
ーー
太平洋戦争で戻らない遺骨が113万人分海外、沖縄、硫黄島など
ーー
名古屋市長と愛知県知事の不仲
ーー
ピースデポ事務局長から核兵器廃絶研究センターの准教授に転じた人、39歳女性
ーー
原発事故賠償の整備協力
輸出拡大狙いベトナムと覚書
ほかに輸出を考えているのはトルコ、リトアニア、ヨルダン、
会社は日本原子力発電、日立、三菱
2030年までに100万キロワット級の原発が130~170基建設されるらしい
事故が起きた時の対策について協力するという
そんなことが出来るのかと批判あり
ーー
「いじめない、いじめられない育て方」という本の宣伝
昨日は渡辺和子「置かれた場所で咲きなさい」が大きく広告されていた
ーー
北朝鮮と拉致問題について交渉再開するという
また韓国大統領が「天皇が心から謝るなら来なさい」と発言
竹島訪問も意図不明であったが、今回の発言の意図も把握できていない

増税を焦点にして選挙に臨むのは自殺行為なので
外交問題を盛り上げて選挙の季節になだれ込めば好都合だろうという思惑が取りざたされている
ーー
社有林をバイオ燃料として活用しようという
輸入木材は安いので国産木材が売れない
農家のハウスの燃料にするという
それがバイオ燃料なのかと思って読むと
バイオエタノールを作る話らしい
そういえばとうもろこしでバイオエタノールと一時騒いでいたと記憶する
どうなったのだろう
ーー
本の広告「オスプレイ配備の危険性」
NHKではアメリカの軍人にインタビューして「大丈夫」「遠くまで一回で行けるので便利」と言わせていた
ーー
ネパールの人が貧しく職がないのでアフガニスタンで兵隊をしているという話
ーー
大統領選挙でオバマの環境政策
カナダからメキシコ湾岸にパイプラインで原油を運ぶ
オバマは煮え切らず
ロムニーは当選したら初日に承認すると述べている

一時は世界的に温暖化対策、二酸化炭素対策で盛り上がったけれども、最近はそうでもない
ーー
ドイツメルケル首相がパーティ年前と同じドレスで登場
質素倹約のメッセージかと憶測
ーー
中国と北朝鮮の経済協力強化
具体的な地域が2つ
ーー
フランス、オランド大統領、バカンスも質素
富裕層や大企業に負担を求める態度
ーー
東京国立博物館が所蔵している朝鮮王朝のかぶとを韓国に返還するよう、王の子孫である49歳が要求
李さん
ーー
赤い貴族の連載
薄煕来の息子瓜瓜コワコワのイギリスでの話
すごいね。桁違い。
イギリスでも中華料理を食べていたらしい。
ーー
がれき処理をめぐり、尼崎市長と神里氏。
「責任論の不在」
電車で足を踏まれた時、「すみません」の謝罪があるかどうかは大きい。
謝罪の前に、「あなたの足にかかった圧力は弱いので、けがの恐れはありません、ご安心下さい」と
と言われたら、かなり温厚な人でも怒るだろう。
今回の原発事故に関しての放射能汚染問題では、
足を踏まれた人はかなりの数いるのに、謝罪する人は事実上現れていない。

尼崎は阪神大震災に際して近隣自治体に災害廃棄物を受けてれてもらった。今回は震災瓦礫の広域処理について受け入れようと議論を始めた。議論を全面公開してすすめたところ、反対論が態勢を占めた。論点整理をして学ぶ準備をしていたところ、既に受け入れ済みの自治体に限ることで結論となった。政治や行政に関する不信が強く、専門家に対しても信頼性が揺らいでいる。
ーー
ユーロは統合は理想だが現実的に危機に対処したほうがいいという意見。
イギリスは将来的には統合賛成、しかし現段階では不参加と結論した。それが現実的思考でありポンドを守った。
ユーロ圏は金融理論における最適通貨圏になっていない。ユーロは不要だ。という意見に対しての賛同者が増えている。
ユーロ圏には経済的合理性がない。
ユーロの流通から10年、最初の熱気は消えて、現在は世界経済の不安定要素の一つである。
ーー
オリンピックは国と国との戦いではなく
チームとチーム、個人と個人の戦いであると
五輪憲章に記されている。
イギリス国民は自国の応援に関してファナティックではなかった。
国がメダルの目標数を掲げること自体ナンセンスである。
スポーツ基本法でナショナルトレーニングセンターなどといって、実際にメダルは増えたが、
それで幸せなのだろうか。

一方で、日本はアナウンサーが日本だけ応援でいささか後進国じみている。
閉会式の音楽を遮ってアナウンサーがなにか言い続けていたというので不評である。

オリンピックで立身出世したからにはその後もオリンピックをしゃぶりつくそうということで
うごめいている人達がいるわけだ。
先日の東京オリンピック落選の場面でがっかりしていた面々である。

まあ、それしか出来ないのだから、仕方ないなあとは思うが、
成熟しないことだとも思う。

軍人が予算をぶんどってゆく様子に似ている

すべての人が生涯スポーツを楽しむ、そちらに予算を振り向けたらいいのではないかという提案である。

たしかに五輪招致活動は上品とはいえないと思う
ーー
足にシートを貼って眠ると一晩でシートの色が変化する
写真では黒いように見える
足は第二の心臓だと鍼灸・マッサージ師が説明している
朝日新聞はこの広告自体をどう考えているのだろう
たり記事の信頼性も損なうものと思う
ーー
国宝をマルチメディアで楽しんでもらうという話
ーー
広島の被爆者のワンピースを撮った写真をカナダで展示して
それを鑑賞する人々にビデオを向けて、何が印象に残ったか、それはなぜかと問う。
聞くうちに意外なことが起こった。
17日NHK-BS1、夜11時。
「展覧会が自分のもっともつらい体験を語る場になったんです。告白してもいいんだと思わせる特殊な空間ができあがった」
ーー
主要私立大学入試カレンダー
ーー
スポーツ面には濃縮ウコンの宣伝
ーー
室伏の選挙違反問題
ーー
ソフトバンク小久保が引退表明
またヤンキース・イチローは9番で出場、活躍
ーー
高校野球は雨のため中止
ーー
家系図を作ります。30万円の広告。
ーー
オリンピックの平均視聴率、過去最低。
ーー
白菜浅漬でO157、2人死亡。
ーー
ヒトと野生のチンパンジーが、共通の祖先から別れたのは
DNA分析から400-600万年前と言われていたが、
600-700万年前の人類の化石がアフリカで見つかっており、時期にズレがあった。
チンパンジーの世代交代の平均年数をより正確に反映させるなどして精度の高い方法で計算しなおした。
その結果、600-700万年前の可能性が高いという。
ーー
群馬の建設会社が不登校の子どもに居場所を提供したいとのことで
中学生20人を雇って働かせた所、事故で一人が死んでしまった。14歳。
書類には18歳と書いていた。中学校も容認していた。
ーー
福島原発事故の東電社員、心に変調4割。
K6を使用。要注意の13点以上は43%。
K6は6つの質問で心の健康状態を調べる。
差別や過剰な攻撃があったと解説。
ーー
教研集会に学校を貸さない。大阪市教育委員会「条例に反する」。
40年以上前からの伝統。市側は労働組合への便宜供与に当たるとしている。
ーー
4号機建屋内で汚染水4トン漏れ。
こんなに騒がれているのに、それでも。
ーー




共通テーマ:日記・雑感

蓄積参照型と自己体験学習型

個人が人生を生きるにあたり
他の人が蓄積してくれた知識や知恵を参照すれば良い場合も多くある
典型的なのが理系型で、つまり科学である

また一方で、他者への伝達は困難で、自分で学んでもらうしかいと考えられているものもある
若者の成長とか老化の実態とかはたぶんそのようなものだろう

理科系は(一応、エビデンスという意味で)確かな知識がどんどん蓄積して
目に見えて発達してゆくのに
文化系はそうでもなくて
延々と循環しているような気がする

昔はおじいちゃんに悩みを打ちあけて、そこで人生の知恵をもらった感じもありそうだけれど
最近ではおじいちゃんに聞くよりもネットで検索するだろう

ネットの世界というものも典型的で
理科系の知識に関してはネットで色々と解決できるのだけれども
文化系の知識に関しては
自分の潜在的に欲しいと思っている結論しか目に入らないのだと思う

もっとも、理科系の知識に関しても、医学の知識などは、とんでもない物が多いし、
古いものも結構あるので、判別は難しいと思うのだが

「ヘンリー・ライクロフトの手記」などで典型的に書かれているが
人生の知恵袋が身近にいれば、無駄な時間を過ごさなくてすむのであるが、
簡単なことではない

ーーー
子供たちのために環境を整えてあげたいと親は当然強く思っているのであるが
テレビやネットとの付き合い方を教えることは教えるのだが
根本的には自分で学んで成長してもらうしかない部分があって、困ってしまう
教育は世界の動きの一歩後をついていく傾向なので
いつも一歩遅い
子供はいつも犠牲者である

ーーー
人類の歴史でかつてなかったような科学的知識を研究している人が
まったく原始人と同じような対人関係について悩んでいる

この現実はやはりおかしい
この不均等を何とかできないものだろうか

ーーー
なぜ人間はこの点でもっと発達しないのか不思議である
多分、対人関係の問題であるから、相手も同じ程度の発達なのであって、
優位を求める限り、いつの世の中でも同じ問題に突き当たるということなのだろう

しかしながら、その部分を知恵によって乗り越えられたら素晴らしいのにとも思う






共通テーマ:日記・雑感

中国共産党幹部家族の不正蓄財

2012-8-14の朝日トップニュース

党高級幹部の子弟の集まりである「太子党」の莫大な不正蓄財

過去の報道では
中国・重慶市の英国人男性殺害事件などを巡って、失脚した同市共産党委員会前書記の薄熙来(ポー・シーライ)氏(62)と妻の谷開来(クー・カイライ)容疑者(殺人容疑で拘束)が、不正に得たとみられる60億ドル(約4800億円)を海外送金していたことが、党当局の調べでわかった。
とされていて、4800億円とは一体どういう数字なのかと思っていたが、
これは一部例外ではなく
太子党は全く特権的貴族的に振舞っているのだという

そうした汚職を一掃しようと活躍したのが 薄熙来(ポー・シーライ)氏 だというのだから
まあ、驚くような話だ

ーー
一方、韓国でも歴代大統領周辺の人間が次々に逮捕され
歴代大統領自身も罪を問われている

ーー
アメリカのプロバスケット選手の年俸は20億円とか出ていて
驚くのだが
中国の党幹部はそれどころではないようだ

しかし人間のお金の使い方などたかが知れているものなので
不動産を買ったり子供や孫の教育に使ったりしてすぐにばれてしまう

ーーー
民主党野田氏の言う「シロアリ」である
 



共通テーマ:日記・雑感

レグナイト :: ガバペンチン エナカルビル :: レストレスレッグス症候群

レグナイト錠‐アステラス製薬
 「レグナイト錠300mg」(一般名:ガバペンチン・エナカルビル)は、アステラスが米ゼノポートから導入した抗てんかん薬「ガバペンチン」の新規プロドラッグ製剤。1日1回の投与により、中等度~高度の特発性レストレスレッグス症候群の症状を改善する。

 なお、今回の承認取得により、アステラスはゼノポートに対し、一時金1000万ドルを支払う。

ーーーー
アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、米
国の医薬品会社ゼノポート社(本社:カリフォルニア州サンタクララ)より導入したレストレスレッグス症候群治療剤「レグナイト[レジスタードトレードマーク]錠」(以下、「レグナイト」、開発コード:ASP8825(XP13512))に関し、「中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)」の効能・効果で、本日、日本において製造販売承認を取得しました
のでお知らせします。
「レグナイト」は、ゼノポート社独自の技術によって新規に創製された 1 日 1 回経口投与の
レストレスレッグス症候群治療剤です。アステラス製薬は、2005 年 11 月にゼノポート社から本
剤の日本およびアジアにおける独占的開発、販売権を取得し、当社が開発を行い、日本におい
て 2009 年 11 月に承認申請を行いました。
なお、アステラス製薬は、今回の承認取得に伴う一時金として 10 百万ドルをゼノポート社へ
支払います。
「レグナイト」は、抗てんかん薬「ガバペンチン(一般名)」の新規プロドラッグで、消化管
全体に存在する高容量輸送体から吸収され、生体内で直ちにガバペンチンに変換されるように
設計されています。その結果、薬物吸収の飽和を受けず、投与量に比例してガバペンチン血中
濃度が上昇する特徴を有しています。日本と米国で実施された臨床試験では、ベースラインと
最終観察時点での国際レストレスレッグス症候群評価尺度(International RLS Rating Scale)によ
るスコア変化で、本剤の有効性が確認されました。
日本国内における、レストレスレッグス症候群患者(中等度以上)は約 210 万人と推定され
ています。アステラス製薬は、既存のレストレスレッグス症候群治療剤とは異なる作用機序を
有している「レグナイト」を国内で発売することで、レストレスレッグス症候群治療の新たな
選択肢を提供できるものと考えています。
承認内容の概要は以下の通りです。
製品名 レグナイト[レジスタードトレードマーク]錠 300mg(英名:Regnite[レジスタードトレードマーク]Tablets 300mg )
一般名 ガバペンチン エナカルビル(英名:Gabapentin Enacarbil)
効能・効果 中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)
用法・用量 通常、成人にはガバペンチン エナカルビルとして 1 日 1 回 600 ㎎を夕食後に
経口投与する。
レストレスレッグス症候群(RLS: Restless Legs Syndrome)とは、一般的に「むずむず脚症候群」
とも呼ばれており、下肢にむずむずとした不快感や痛みなどの耐え難い不快な感覚が起こるこ
とで、下肢を動かさずにはいられなくなり、その結果、不眠をはじめ日常生活に大きな影響を
及ぼす神経疾患です。これらの症状は、通常、横になっている時や座っている時などの安静時
に悪化し、動いている時には一時的に緩和されます。



共通テーマ:日記・雑感