So-net無料ブログ作成
検索選択

待ち行列


共通テーマ:日記・雑感

変わる必要はないと保証して欲しいのだろう

変わるつもりなどないのに
なぜ話をしているのだろう
 
変わる必要はないと保証して欲しいのだろう 
 
人間は治療を受けるために来るのではない、病理構造を温存しつつ、苦痛だけ取って貰おうとして受診する

患者の健康のため「ではなく」、患者の内的な病理構造を温存するために使役させられている

ーーーーー
もちろんだ、変わる必要などない
そして苦痛は取り除く権利がある

もちろんだ努力の必要はない
英語が上達する権利がある

もちろんだ努力の必要はない
希望が現実になる権利がある


共通テーマ:日記・雑感

Alain de Botton: A kinder, gentler philosophy of success

http://www.ted.com/talks/alain_de_botton_a_kinder_gentler_philosophy_of_success.html

kinder, gentler という表現はかなり熟していて
検索すると幾つも出てくるのだが
適切な翻訳はどういうものか
私としては未だに結論が出ていない

ここでも出てきたので
なんだか友達に出くわした感じ

翻訳しないといけないのは
kindler,gentler なのでさらに困惑しているのだけれど
これも検索でいくつも出てくる



共通テーマ:日記・雑感

体験の価値

すごく極端に言えば
一番美しい桜はビデオの中にあり
一番素晴らしい世界遺産の体験はビデオの中にある

富士山の素晴らしい情景を撮影するために専門家が
長い時間をかけて素晴らしい技術をつぎ込んでいるのだから
偶然旅行した場合よりも素晴らしい映像がそこにある

今のところは匂いとか風とかは再現できないけれども
まあ、そんなものはいいだろうとも思える

ーーーーー
そんなはずはないので
みんな旅行に行って
ビデオよりもずっと悪い条件で体験をして帰ってくる
それでも価値がある

どこに何の価値があるのだろう?

ーーーーー
これも極端なことを言えば
素晴らしい感性を持ち完璧な表現能力を持った人間に体験してもらい
それをあとでゆっくり追体験すれば
凡人にはありがたいことなのではないかと思える

私が大リーグに行って試合なんかできないから
野茂があの試合のときはどんなふうだったかを語っている様子をビデオで見るほうがいいような気がする

しかしそれでも人間は草野球をするし
バッティングセンターで打っている

ーーーーー
旅行して実際に体験するということは
文章体験で言えば
書くことなのか読むことなのか
微妙なところがある

世界遺産を読むとも言えるし
旅行自体を書くとも言える



共通テーマ:日記・雑感

パーソナリティ類型

パーソナリティ障害の話ともなればやはり微妙ですね
なにしろ類型そのものが怪しいし
そう言われればそのようにも見えるという程度の話が多いわけで
なんとも

しかしとりあえず
何か紹介状とかを書くことになったとして
現在通用している言葉で簡単に伝えられるなら便利ということはある

理論的にというか理念的に考えて作られた
性格類型もあるし
統計処理をして因子分析の結果として提案された類型もある

最近で分かりやすいのは
ドパミン型とかノルアドレナリン型、セロトニン型、GABA型とかの話なのだが
それだけでもうどんなに粗雑な話なのか推定できる

人間の構成成分としては
カーボン、ハイドロゲン、オキシゲン、ナイトロゲンなどなので
とりあえず類型としてC型、H型、O型、N型を考えたらいいんでしょうね
4つくらいはちょうど人気が出そうな感じ

ーーーーー
このあたりの話は人間をどのくらい細かく観察しているかと関係があると思う
粗雑に言えばいい奴と悪い奴の2つくらいで充分だろう

増やしても10個くらいで類型としては限界だろうと思う

それは人間の脳の側の問題である

雨というものに関心がないと
豪雨とか霧雨とか何種類かしかないだろうが
関心があって分類する必要がある場合には
古い日本語のように幾つもの言葉ができるのだろう

ーーーーー
そう考えると
パーソナリティ類型の話は
パーソナリティ類型の話はなくて
パーソナリティ類型について人間の脳はどのように認識しているかという話に転換できる

そして考えてみれば
すべての認識はそのようなもので
モノそのものの性質ではなくて
脳の側の性質かもしれない
と昔から言われている

共通テーマ:日記・雑感

老朽化

鎌倉の町で建物の壁が剥がれて
通行人が怪我をしたと報道

全般に建物も諸施設も老朽化していて
更新のためのお金がない

昔はイタリアのだらしない国民性のせいだとか言う人もいたけれども
設備施設の老朽化というのはこういうことなのだろう

共通テーマ:日記・雑感

世界にたった一つの自意識

他人に自意識があるかどうか確認するのは難しいし
そんなものを確認しても意味が無いのかもしれない

たとえば
部屋に閉じこもったままで通信するとして
そのひと以外の全員が
自意識のない反応機械だとしても気が付かないはずだろう

世界にたった一つの自意識だとしても
それでいいのだろうか

自意識のない人間は自動反応機械で
それを仮にゾンビと呼ぶ人もある

共通テーマ:日記・雑感

通学途中の子供たちの列に自動車が突っ込んで死亡事故

立て続けに
通学途中の子供たちの列に自動車が突っ込んで死亡事故
の報道

なんて暗い世界 



共通テーマ:日記・雑感

深海魚の自律神経失調症

私たちは空気の層の底に住んでいるので
海で言えば深海魚

海の魚たちは地上の鳥

当然だが空気の変動に大きく体調が影響される
春先の気温と気圧の変動で自律神経失調症

共通テーマ:日記・雑感

東電一般家庭電力10%値上げ論議

さすが転んでもただでは起きない

悪口言った人に報復

デフレストップに効くかも

共通テーマ:日記・雑感

アヤ・ブデール 「光って、鳴って、楽しく学べるブロック」

http://www.ted.com/talks/lang/ja/ayah_bdeir_building_blocks_that_blink_beep_and_teach.html

 電子装置をレゴブロックみたいに簡単に組立てて遊べる電子部品セットというのを想像してみてください。TEDフェローのアヤ・ブデールが紹介するlittleBitsは、ブロックになっていて自由に組み合わせられるシンプルな部品のコレクションで、回路作成をやさしいブロック遊びに変えることによって、創作活動に取り入れられるようにしています。

 



共通テーマ:日記・雑感

小沢一郎政治資金法違反容疑一審判決無罪

2012年(平成24年)4月26日
元民主党代表小沢一郎
東京地裁、26日午前、政治資金法違反容疑で起訴された小沢元民主党代表に対して
一審判決無罪を言い渡した。

しばらく時間をかけてマスコミ各社の論調と証拠を検分してみようと思う。



共通テーマ:日記・雑感

自分のことは見えなくなるものです

自分のことはなかなか見えませんね
とも言い
自分以外のことは見えなくなるんですねとも言う
結局何が見えているんだろう

共通テーマ:日記・雑感

ポール・ギルディン「地球はもう限界です」

http://www.ted.com/talks/lang/ja/paul_gilding_the_earth_is_full.html

交通事故の報道があって
それは無免許運転でしかも一晩中車を乗り回していて
その挙句人命を損なったらしい

報道によれば免許のあるなしにかかわらず運転できない人が運転していたら
それは危険運転致死傷罪で
基本的に運転では出来る人が運転していたら
過失致死傷や業務上過失致死傷罪なのだそうだ
基本犯については刑法ではなく道路交通法上の犯罪なのだそうだ

自動車を運転するんだから幾らかの人は犠牲になるでしょう、その場合に
運転手があまりに思い罪だったら自動車文化が萎縮するでしょう
という事情があり
自動車文化が萎縮したら自動車会社、タイヤ会社、鉄鋼会社、板金、塗装、電子部品、ネジ屋、ガラス屋、アスファルト工事、信号屋、警察、免許関係者、自動車保険会社、ガソリン屋、ラジオ屋、カーナビ、駐車場経営、その他その他経済が萎縮して次男坊は自殺、長女は援交、
それよりはいいんじゃないか?というようなことかもしれなくて

それって最近原発の話で聞いたことのような気がする

もっと話を広げると
資本主義は経済成長を前提としている制度なので
制度設計の中に成長が組み込まれているらしい
成長のない安定した資本主義というのはおかしいらしい

現在、未来から借金をして、地球の1.5倍の規模で経済を運営、
これがさらに成長するというのは
あ、そうか、いかんなあ、と気がつくはず 



共通テーマ:日記・雑感

ミシュキン・インガウェル:採血なしの血液検査

十分な予防措置はあるのに、世界の多くの地域では貧血症が出産時の主な死亡原因となっています。しかし、一般的な検査は侵襲的で時間がかかります。 このウィットに富み刺激になるトークでは、TEDフェローのミシュキン・インガウェルが、自分のチームがどのように(32回の試行錯誤の末)貧血症の検査を採血なしで行うシンプルで持ち運び可能な低コスト装置を作り上げたか説明します。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/myshkin_ingawale_a_blood_test_without_bleeding.html 



共通テーマ:日記・雑感

古い家と新しい設備

どんな家に住むかという話になって
一つは新しい家で新しい設備がやはり便利だろうということだが
一方では自分と一緒に年をとることを味わう、古びる様子を愛でることもあるだろうと思う

共通テーマ:日記・雑感

Divalproex sodium

Divalproex sodium とは
バルプロ酸ナトリウムとバルプロ酸を1:1で含む複合塩である

Depakote,Depakene,Depacon などがある



共通テーマ:日記・雑感

認知症

p1_img1.jpg

 

p1_img2.jpg

 

p2_img1.jpg

 

認知症を起こす病気はいくつもあります.最も多いのはアルツハイマー病です.そこで現在,アルツハイマー病の早期診断のための大規模研究:J-ADNIが進められています.

 

アルツハイマー病 

 物忘れ,日時や場所がわからなくなる,といった症状が徐々に進行する病気で,認知症の原因疾患の半分以上を占めています.20世紀初頭にアルツハイマー博士が発見したのでこのように呼ばれます.進行はゆっくりですが,中には数年で高度の認知症になってしまう方もいます.多くの方が老年期に発病しますが,初老期に発病する場合もあります.側頭葉,頭頂葉から,前頭葉,後頭葉へと脳萎縮が広がってゆきます.脳にアミロイドβたんぱく質とタウたんぱく質という2つのたんぱく質が異常に蓄積することが原因と考えられています.脳を顕微鏡で観察すると,アミロイドβたんぱく質は「老人斑」,タウたんぱく質は「神経原線維変化」という構造をとって蓄積しています.加齢に伴う自然な物忘れと,アルツハイマー病の初期症状との区別は大変難しいので,現在,早期診断の方法を見出すための研究(ADNI)が,本邦を含め,世界規模で進められています.脳でアセチルコリンという物質が減少しますので,脳のアセチルコリンを増加させる薬剤を治療薬として使用します.またアミロイドβたんぱく質の異常蓄積を防ぐ(あるいは減少させる)薬剤の開発が進んでいます.

 

レビー小体型認知症 

 認知症としてはアルツハイマー病に似た症状を示すことが多いですが,幻覚(特に幻視)や妄想が強いという特徴があります.また,パーキンソン病と同じように四肢や頸部が固くなって運動障害を起こしたり,自律神経の障害を起こしたりもします.パーキンソン病を長期間(数年~十数年)患っていた方がレビー小体型認知症になることもしばしばあります.「レビー小体」とは,もともとパーキンソン病の特徴と考えられていた,神経細胞の中にできる小さな塊のことで,α-シヌクレインというたんぱく質が異常になって蓄積したものです.レビー小体が,脳幹と呼ばれる部位に限局してできるとパーキンソン病に,大脳にもできるとレビー小体型認知症になります.また大部分の方が,多少ともアルツハイマー病と同じ病変を合併しています.アルツハイマー病と同じように脳のアセチルコリンを増加させる薬剤で治療するとともに,運動障害に対してパーキンソン病と同じ治療を行います.

 

前頭側頭葉変性症 

 2つの異なる病気が含まれています.ひとつはタウたんぱく質が神経細胞の中で「ピック球」という構造をとって蓄積する病気(ピック病),もうひとつはTDP-43というたんぱく質が蓄積する病気(ユビキチン陽性封入体を伴う前頭側頭葉変性症:FTLD-Uと略します)です.どちらも脳の萎縮は前頭葉と側頭葉に強く,アルツハイマー病との比較では,物忘れよりも,自発性や関心の低下,言語障害,行動の変化などが目立ちます.頻度は認知症全体の数%ですが,初老期発症の認知症の中では10%以上の割合を占めると考えられています.

 

神経原線維変化型老年認知症

 アルツハイマー病はアミロイドβたんぱく質(老人斑)とタウたんぱく質(神経原線維変化)の両方が蓄積しますが,神経原線維変化だけ蓄積するのがこの病気です.頻度は認知症全体の数%ですが,高齢者になるほど割合が高まり,90歳以上で発病する認知症は20%がこの病気であると考えられています.もの忘れが症状の中心で,非常にゆっくり進行することが多いとされています.

 

嗜銀顆粒性認知症

 嗜銀顆粒とはタウたんぱく質の異常蓄積の一種で,アルツハイマー病や神経原線維変化型認知症にもしばしば出現します.しかし,それらの疾患がないのにもかかわらず,嗜銀顆粒だけがたくさんできて認知症を引き起こす場合が知られています.

 

脳血管性認知症 

 脳血管障害が原因で認知症を発症した場合,脳血管性認知症と呼びます.原因となる脳血管障害のタイプは複数あり,大小の脳梗塞が多発する場合,脳梗塞に至るほどではない軽い脳の血液循環不全が長く続いた場合,脳出血に伴う場合など様々です.また,軽いアルツハイマー病に脳血管障害が合併して認知症の症状が強く出ることもあります.従来,日本では脳血管性認知症が多いとされていましたが,厳密な意味で,脳血管障害だけが原因で認知症を起こしている方は,以前の統計調査で言われていたよりも少ないと考えられています.

 

その他の病気による認知症

 上記のほかに,ひとつひとつの病気の頻度は低いですが,進行性核上性麻痺,皮質基底核変性症,クロイツフェルト・ヤコブ病など様々な病気によって認知症が起こります.

  また,認知症と同じような症状を起こすことがあるけれど,適切な治療によって回復する可能性がある病気がいくつもあります.たとえば,慢性硬膜下血腫,正常圧水頭症,脳腫瘍,高齢期のうつ病,甲状腺機能低下症やビタミンB欠乏症などの代謝・栄養疾患,などです.認知症の診断をする時にいろいろな検査をするのは,これらの,治療法が全く異なる病気ではないかどうかを調べる,という意味もあります.

 

 



共通テーマ:日記・雑感

シゾフレニーとbackground radiation

シゾフレニーの解明の手がかりとして
いつどんな時に発生するのかが知りたいのだが
全世界的に分布しており手がかりに乏しいことが
特長と言われる
統計的にいろいろと言われることもあるのだが
全般的には、手がかりに乏しいことが特長である

家系研究とか地域の累積性とか言われるのだが
それ以上に人類全般に見られるということが不思議でもある

そのあたりから観察すると
人類のかなり初期から存在したものではないかと考えられる
そして宗教の発生と関わっているのだろうと思われる

たとえばビッグバンの名残りの背景放射能は宇宙全体に遍在する
それは宇宙の始まりから存在したと考えれば
よく辻褄が合う

それと同じで人類の始まりから遺伝子に組み込まれていたと考えると
この病気の広がりの様子が納得できる

共通テーマ:日記・雑感

モノポーラーとバイポーラー

患者がモノポーラーの像を呈している時に
診断の可能性としてはモノポーラーとバイポーラーがある
実際の可能性としてもモノポーラーとバイポーラーがある
過小診断と過大診断の可能性が出てくる

 実際にモノポーラー 実際にバイポーラー 
診断としてモノポーラー 抗うつ薬抗うつ薬 
診断としてバイポーラー 気分安定薬 気分安定薬 

躁状態と軽躁状態を目印にして考える限り、
昨日までは躁病がなく、今日から躁病が明らかになったという場合
昨日まではモノポーラーの診断で今日からはバイポーラーということになる

つまり、確定的なモノポーラーという診断は難しく
潜在的バイポーラーという可能性はいつもある

その場合にモノポーラーに気分安定薬でもあまり問題はない
バイポーラーに抗うつ薬を投与した場合躁転の問題がある

もう一つ、病気ではない人をモノポーラーまたはバイポーラーと
過剰診断する可能性があるがそれも大した問題ではないだろう

ポイントは、バイポーラーに抗うつ薬を投与する危険なのだが
それも長期漫然投与することなく、細かくチェックしていけば、大過はないだろう

ーーーーー
実は、バイポーラーの診断には躁病エピソードと軽躁病エピソードだけが
問題なのではなくて
経過、性格、家族歴、薬剤に対する反応などを総合して考えるという
DSM以前の昔からの考えが復活してきていて
総合判断になりつつある

ーーーーー
もう一つの話題としては
バイポーラーにしてもモノポーラーにしても
エピソードとして生じて消えるのであって
それ自体は時間が経てば消える
時間が経っても消えずに慢性に持続するものは実は他の要素が混入している可能性が高い
それはシゾフレニーの場合もあるしパーソナリティの問題の場合もある

ーーーーー
何れにしても詳細に治療経過を見ていくことで
薬が違うというような話は回避できる



共通テーマ:日記・雑感