So-net無料ブログ作成
検索選択

WHO勧告の自殺報道に対するあり方

以下、ツイッターにて@daichangmさんのつぶやきより
日本は突出して自殺者が多い国。せめてWHO勧告の自殺報道に対するあり方を守ってほしい。http://www.lifelink.or.jp/hp/jisatsuhoudou.html 避けるべきことを全部やってるマスコミ。
で、そのWHO勧告とはどういうものかというと、
1)やるべきこと
・自殺に代わる手段(alternative)を強調する。
・ヘルプラインや地域の支援機関を紹介する。
・自殺が未遂に終わった場合の身体的ダメージ(脳障害、麻痺等)について記述する。
2)避けるべきこと
・写真や遺書を公表しない。
・使用された自殺手段の詳細を報道しない。
・自殺の理由を単純化して報道しない。
・自殺の美化やセンセーショナルな報道を避ける。
・宗教的、文化的固定観念を用いて報道しない。
なるほど。
さっと思い当たるだけでも日本の報道はかなりこのガイドラインから外れていますね。とてもセンセーショナルになってしまっているし写真も遺書も手段も詳細に出る。


共通テーマ:日記・雑感