So-net無料ブログ作成

森友64 吉本馨・迫田英典

森友事件に関して問題なのは

1.なぜ学校として認可されたのか
大阪府私学審議会にて、保留だった。しかし認可適当に変更された(2015-1月、臨時総会)。
最終的には吉本馨大阪府私学課課長が認可の判子を押さないといけなかった。
吉本氏はなぜ認可したのか。

2.なぜ格安売却が認可されたのか。
国有財産地方審議会にて、2015-2月、国有地を10年貸付決定。
最終的には財務省、迫田英典理財局長が認可の判子を押さないといけなかった。
迫田氏はなぜ認可したのか。

ーーー
お役人さんの立場として、
疑惑が出たときに、身の潔白を証明できるように準備をしてから、判子を押すはずである。

いずれも、審議会があり、そこでの結論を受けて、役職者が判子を押す。
しかし実際には役人が根回しをして、望ましい結論に審議会を誘導する。

この二人のお役人が「愛国教育実現」に燃えて、
あとで合理的に説明できないような認可をしたとも思えない。

賢明で慎重なはずの、偉い役人がなぜ。
まあ、答えは一つしかないだろうとみんな思っているわけであるが。

ーーー
吉本馨大阪府私学課課長については、実際に決めたのは上司である松井一郎大阪府知事であろうとのことだ。

国民会議と、今回の森友登場者各人がどのようにつながっているのか、
その点について、いま説明と証拠が作られまた隠滅され、話に齟齬が出ないように調整されているところなのだろう。

何かで手間取っているところで、先に籠池側がリークを始めてしまい、
慌てているところ。
誰がどのようにごねているのかなあと空想している。