So-net無料ブログ作成

症状か人間か

治療の流儀として
ターゲットとする症状を明確にしてそれを治療する方法と
そうではなくて人間の苦悩とか生き方とかこれからの人生とか人間関係とかにも
配慮していく方法がある

そのあたりの配合はむつかしい

後者については明確に治療契約みたいに決められるものでもないし
それには触れないと決めたとしても
影響しないでいられるものでもない 

意図しないうちにいい影響が生じるならばいいのだが
意図しないうちに悪い影響が生じて
極度の依存関係を形成し
そのことを治療者への信頼とか誤解している場合がよくある

このような依存関係が形成されたほうが
一種の治療同盟としては、ターゲットとされた症状の治癒には有利なのだけれども、
大きく全体としてみた場合には
問題がまた一つ増えたという結果になることもある

そうしたことも含めて人間観であり治療観であるとの言い方もできるので
断定するものではないが
いろいろな問題をはらんでいる部分である。



共通テーマ:日記・雑感